アイズの独り言

開催まであと1週間を切りました!
どんなふうに展示する?ハイエース一台に収まるの!?とバタバタしながらも全員でサイクルモードに向けて準備に取り組んでいます。
この週末、アイズバイシクルは通常営業です。来週の土日はサイクルモードで親方不在。また、11月3日の祝日はアイズラリーでお店はお休みとなります。ですので、親方へのご相談ごとなどある方はぜひ”今日”お越しくださいね。

*****
今日はこちらの自転車の紹介です。

【Goeland Randonneur 650B 1962】
かつてパリ2区に工房を構えていたGoeland(ゴエラン)、今はもう、その工房もありません。
**
アイズの工房へやってきたときはこんな状態でした。
161028_g2
一見すると完成された自転車のように見えます。ですが、通常車体に入る工房のロゴが見当たりません。。普通でしたら一体どこの工房の自転車か判りません。

クランクとヘッドパーツには珍しいTAクリテリウムがついています。
1962年ごろ発売され、かつ発売期間の短かった当時最先端最高級の部品です。

161028_g3

161028_g4
オリジナルと思われる個々のパーツ構成、工房の特徴を色濃く残すフレームの造り、完成車としてのまとめ方。

そういった細かな、だけど雄弁なその自転車本体から得られる情報から、親方はこの名前をなくした自転車がゴエランのものだと鑑定し、おおよその年式も特定します。今までにレストアして蓄積してきた知識や経験、資料がそれを可能にしているのです。

 

161028_g1
これは、親方が見せてくれたゴエランのカタログです。

おそらくこの自転車の部品構成からこの自転車の製作年は1960年代初頭あたりで、その後再塗装され、リアキャリアも後から取付けたのでしょう、と話をしてもらいました。

 

こうして自分の手元に来るまでに、この自転車の持ち主がどんなふうに乗っていたのかを想像すると、ぐんと自転車の背景に奥行きが広がります。これがヴィンテージ自転車の楽しみのひとつなんですね。
さて、この自転車がどのようにレストアされたかというと、、、





当時の資料や、年式の合うオリジナル塗装を残した別のゴエランのフレームから手書きのダウンチューブのロゴマークを再現しました。
02_150222

 

後付けされていたリアキャリアもまた当時の資料を基にアイズの工房で一から製作。
13_150222

12_150222

また、フロントバック用のバックサポーターはステム側金具のみがオリジナルのまま残っていました。ですので、欠品していたバック側金具ももちろんそれに合わせて再現しています。

 
あと、 この自転車は当時のままに戻すだけではなく、新しいオーナーの使い方に合わせて仕様変更したところもございます。

09_150222

新しいオーナーのコンセプトは「ヴィンテージパーツで作る長距離快走ランドナー」。

ゴエランでは標準仕様としてスティラップ付でマハックのブレーキが使われていましたが、直付け仕様にフレームを加工することで、実走指向の強い個性的な一台となっています。

 

そうそう。このゴエランというのはフランス語で「カモメ」という意味だそうです。自転車にも愛嬌のあるカモメが付いていますよ。ぜひ見にきてくださいね!

なっぱ


当店の最も得意、かつお奨めできるブランドがフランスの「ルネ・エルス」です。すべてのランドナーのお手本といってよい名車中の名車。

 

【Rene HERSE Mixte CAMPING 1950’】

1950年代製造の婦人用キャンピング車をご用意しました。

DSC_2162

 

 

 

当店にやってきたときはかなり錆が出ている状態でしたが、塗装状態は良かったのでリペイントではなくタッチアップで補修することとしました。可能な限り当時の雰囲気をそのままに、貴重なオリジナルの手書きロゴや線引きを生かすレストアとしています。

 

 

 

変速機は1950年代にツーリング用に最も多く使用されたヘリコイド式ディレイラー「シクロランドナー」です。単純な構造ですが、実はセッティングはとても大変です。日本では重厚感のある650×42B仕様のランドナーの変速機というイメージですが、こうして700Cで使ってもスッキリします。

 

 

 

オリジナルのチェーンホィールの仕様はフロントシングルでしたが、本格的ご婦人用キャンピング車ということで当店にてフロントダブルに変更いたしました。そしてこの自転車に合うよう選んだ変速機はこれまた希少なシクロのリジド(ロッド式)です。

RH286_2

 

 

 

ブレーキはエルスのオリジナルカンチ。リア用カンチアーチは出っ張りの少ないミキスト用のスモールタイプが使われています。

RH286_5

 

 

 

リムは50年代のマビック・クリテリウムが使われておりましたが、再生不可能なほど変形しており交換しています。グランボアのビンテージ特別仕様リム「パピヨンビンテージ」で本格的ツーリングにもお使いいただけます。RH286_4

 

 

 

出来あがりの詳細はサイクルモードの会場でお確かめください。

RH286_1

 

 

 

*****

本日キムラのバッテリーライト再入荷いたしました。それと、IRIBEさんのボトルゲージも今なら両方ともありますよ。お待たせいたしました!(専務より)

親方


来週末に幕張メッセで開催される「CYCLE MODE International2016」の準備で大忙しのサイクルグランボア。これまで出展してきたツーリング車メインの内容とは違い、今回は新しい企画の「ヴィンテージコーナー」での出展になります。展示する内容、レイアウト、段取りなど決めなくてはならない事がまだまだたくさんあるのですが、ドキドキ、ワクワク、バタバタしながら進めていますよ。

グランボアが得意とするフランス、イタリアの名車を中心に、今のところ7台、すべて工房内でそれぞれに応じたレストアを施したものを持参する予定です。お客様にはそれらを通してヴィンテージ自転車だけでなく、グランボアのレストアもご覧いただければと思っています。そして、特に今回面白いのは、この「ヴィンテージコーナー」ではお客様はその場で展示品をお買上いただく事ができるんです。すごいですね。。。どれも一点物ばかりですので争奪戦にならなければいいのですが。。。

 

折角なので、アイズのブログを愛読してくださっている皆様には「予告」として今日からこのブログでできるだけ紹介していきますね。皆様にもワクワクドキドキが拡がりますように!あ、出展するまでに興味のある方はどうぞ直接ご連絡くださいませ。「欲しい!」と思ってくださる事が何より最高の評価ですから。

 

*****

【MARASTONI Promenade 1960’】

レストア前。

塗装の痛みはもちろん、各所に錆が見られ、使い込まれているパーツだけでなく、欠品しているパーツもありました。

P1190448

P1190449

 

P1190477

チェーンケースの蓋は紛失しており、ケースがあるのにチェーンが丸見えの状態。

それが、

P1300415

フレームとチェーンカバーは再鍍金後オリジナルカラーで再塗装して新車時の輝きをとり戻しました。更に各パーツ類はすべて分解し、再鍍金後組み直しています。ホィールは実用に耐えられるよう、新品のリム(NISI)とスポークを使用して組み替え、タイヤサイズは650Aでしたので、グランボアルナール32A に交換しました。入手時に欠品していたチェーンカバーの蓋は、親方が何度もイタリアとやり取りして入手した物で一番近いサイズのものをゴム製のスペーサを使用して固定することで再生しました。

 

P1300397

泥除けのステーが印象的な大変雰囲気の良い自転車に仕上がりました。このような自転車で街を散歩してみたいものです。

(大介店長より)

 

**

こちらのマラストーニは毎年秋に開催されるポリージャポンのレストア部門で、今年の第一位を受賞いたしました!国内でもトップクラスのエンスーたちが集うポリーで最高の評価を頂いたマラストーニ、ぜひ見に来てくださいね。

IMG_4855

 

つちやはるみ


10月に入り、グッと秋らしくなってまいりました。サイクリングには良い季節ですね。

2週間前のお休みに、お天気良いのを確認して、大分県は久住高原まで1泊ツーリングしてまいりました。流石に九州は車で弾丸するのはツライ。。だけど九州にもいってみたい。。そこで、新幹線と九州の鉄道網を駆使して、カーサイと変わらない「良いとこ取りツーリング」してきましたよ!

 

【往路】
JR京都駅(発7:20)→新幹線ひかり491号→小倉駅(着9:56/発10:09)→特急ソニック11号→大分駅(着11:38/発11:58)→九州横断特急64号→豊後竹田(着13:01)→自転車→宿(標高853m地点)

 

 

自宅からの電車移動、概ね6時間を経て、昼過ぎに豊後竹田の駅に降り立ちました。

駅の到着メロディとして流されている「荒城の月」を背に、すぐ右に折れ、飛田川沿いを緩やかに上って行きます。4-5%勾配の2車線道路は走りやすいのですが、その分、 スピードを出した車も結構走っていて、油断できない道でもありました。 天気は良く、日差しはまだ夏を感じさせるほど。季節は京都と比べるとちょうど1ヶ月遅れといった感じで、田畑を見れば黄金色の稲穂は収穫直前で美しい盛りでした。緩やかに上る、見晴らしの良い高原道路はハイシーズンの週末などはさぞかし賑わっているのでしょう。ですが、この日は阿蘇山の噴火が報道されてちょうど3日目。直前まで行くかどうか悩んでいましたが、勢いで決めました。

噴火だけではなく、今年の4月におきた熊本地震の影響をそこかしこに残すやまなみハイウェイを1泊2日で大人旅してまいりました。

 

 

1

自宅を出発したのは朝の5時半。電車4本乗り継いでの輪行三昧スタートです。親方、未だ眠そうです。

 

 

2

大分駅。九州に入ると車両の色が本州とは違っていて新鮮です。

 

次の列車は真っ赤な車両の九州横断特急64号。

4

3

「かあちゃんの幕弁」。ワンコインのこのお弁当、とっても美味しかったです。

 

 

豊後竹田の駅にも予定通り到着。

6

「はーるーこーろーのー。。」に見送られていよいよツーリング開始です。

 

 

**

残念ながらこの日は久住山は雲の中。

7

8

9

スピードを出した車が時折走る2車線道路をできるだけ避けて旧道を走ります。そのほうが遠回りでも良い景色と出会える確立は格段に上がります。

ですが、緩やかですが、走り始めてからずっと上り坂。30キロ弱の距離でしたが、終盤かなり堪えました。。。

 

 

 

 

それでも、ようやく、この日のお宿があそこに!

10

11

なんとか夕暮れまでに辿り着けました。

 

【STRAVAデータ】

走行距離 26.9km

獲得標高 880m

走行時間 2時間34分 (寄り道含まず)

 

 

*****

【複路】

宿(標高853m地点)→自転車→湯布院駅(発16:06)→JR久大本線→大分駅(着17:01/発17:10)→特急ソニック50号→小倉駅(着18:37/発18:49)→新幹線のぞみ62号→京都(着21:16)

 


2日目の朝。高原に面したバルコニーから賑やかな鳥の声が聞こえてきます。そっと外に出てみると鳥の姿はいくつも見つけられませんでしたが、朝霧に包まれた広大な景色に息をのみました。これまで訪れたことのある南仏にも、イタリアはトスカーナにも決して劣らない、堂々としたすばらしい景色!

「あー、思い切って来て良かった」

いつもより高めの交通費や宿泊代も大目に見れるほどのものでした。

 

 

大きなリゾートホテルの宿泊客はこの日はたったの5組との事で、お部屋がバルコニー付にアップグレードされていました。

そのバルコニーからの景色がこれです。

11_

祖母連山でしょうか。

 

 

12

レゾネイト久住

今回のコースで駅からの距離がちょうど良かった。健脚の方なら5キロ先にももう一軒、更に10キロほど行くと国民宿舎もありましたよ。

 

**

この日はお天気も良く、久住山もバッチリ姿が見れました。

13

 

そして、しばらく行くとこちらも朝もやに浮かぶ阿蘇山が!

14

うっとり。

 

引くとこんな感じ。

17

阿蘇五岳。左手の根子岳をお顔にお釈迦様に見立てて、涅槃像とも言われるそうです。

 

 

18

19

標高を上げてもずっと見えていますよ。

 

そして本日の最高点。

20

牧ノ戸峠。

 

 

それにしても自衛隊の車両の多かったこと。

21

追い越しは紳士的でしたが、やはり大きな車両が横を通るときはちょっとドキドキ。。

 

 

やまなみハイウェイは親方が18歳のときに訪れた事があるんですって。

22

その頃はもう少し見晴らしよかったと思ったけどな。。(親方)

そりゃそうですよ。もう、40年近く経つんですから、その頃植えた小さな木の苗も大木になっている年月ですよ!

 

 

 

途中、南由布院に抜ける脇道を下り、帰途に着きました。

23

由布岳もきれいでした。

 

【STRAVAデータ】

走行距離 57.6km

獲得標高 1354m

走行時間 4時間 (寄り道含まず)

つちやはるみ


2016.10.20

うしろ姿

ルイゾンボベは、後ろ姿がいいのです。

LB_penombre_3
 
 
LB_penombre_7
前から見てもかっこいいのはもちろんですけどね!
ゾーリンゲン54/ドレスブルー × ペノンブル/白×橙 × サンブリュ―48
 
 
 
ルイゾンボベのウェアはすべてフランスからの取り寄せ品になります。

10月分のオーダーは、本日20日に締め切ります。
本日中にご注文の場合は、10月末~11月上旬にお届けの予定です。

次回のオーダーは11/20まで。お届けは11月末~12月上旬です。ひと月に一度の入荷ですので、ボベのウェアで走りに行きたいところがある!という方はぜひお早目にオーダーしてくださいね。
(一部在庫のあるものもあります。その場合はすぐオーダー後すぐのお届けとなります。)

 
 

先日、実際に使ってみて、湿気た蒸し暑い日のツーリングでもとても快適に過ごせました。タンクトップの上にボベの長袖を着用しました。やさしい肌触りでじかに肌に触れても着心地がいいのはメリノウールという素材を使っているからです。ベースレイヤーとしてよく使われていますので、アウトドアをする人にとってはもうお馴染みですね。汗をかいてもウェアが冷たくならず、冷えを感じやすい方にはとてもおすすめです。私もアウトドアのシーンでは(冬になったら日常でも!)メリノのアンダーウェアを使っています。

ウールと聞くとメンテナンスが大変な印象もありますが、お洗濯もそこまで特別扱いしなくても大丈夫でした。私はヴァール50MLを洗濯ネットにいれて洗濯機で他の洗濯物と一緒に洗っています。親方、はるみさんは何度もツーリングで着ていますし、チョコ君は長距離を走るブルべでハードな使い方をしていますが、痛みもなく気に入って使っているようです。

 
 

日本初上陸のウェアで、取り扱い店舗も日本ではアイズバイシクルだけということもあって、まだあまり知られていないのですが、自分たちで使ってみて良い!と思ったものは是非皆さんにも紹介して使ってもらいたいと思っています。そういうわけで、ルイゾンボベの発売記念10%OFFキャンペーンは今も継続中。

たくさんイベントに出かける11月。もちろんボベのウェアも持っていきますので、ぜひお手にとってご覧ください。

なっぱ


1 2 3

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop