アイズの独り言

グランボアは6月29日から7月2日までフランス南部のリゾートAmbertで開催されたConcours de machinesへ参加してきました。すでにスタッフによるレポートがこのブログやSNSを通じて出されていますので、多くの皆さんにその実際がお伝え出来たと思っています。グランボアの主宰者である私はそもそもの参加の経緯や準備について、また今後の展開についてお話したいと思います。

 

昨年のConcours de machinesは2016年の3月にフェイスブック上にその開催がアナウンスされました。それはかつてのフランスランドナー文化の黄金時代に開催されたいた「コンクール・デュラルミン」の復活を告げるものでした。17チームがフランス国内から参加して行われていました。当然その時も叶うならば参加はしたかったのですが、僅か3ヶ月でそのための自転車を作り上げて、さらには参加のための諸準備を完了させることは不可能でした。大会後、リヨン在住のフランス人の友人が参加車両の写真を多数送ってくれました。また実際の大会での走行シーンなどSNSを通じて流れてきて大いに興味をそそられると同時に、その出走車の多くがMTBのようなスタイルの自転車だったことに失望を覚えたのです。私はフランスの伝統的なランドナースタイルこそ彼の地で再び復活するべきであると常々思っていました。わずかにアレックス・サンジェとジルベルトゥーなどがそのスタイルを守りランドナーを作っていましたが、サンジェは早々に不参加を表明していて、ジルベルトゥの他わずかな参加者が現代的ランドナーを出走させていたにすぎなかったのです。

2016年ジルベルトゥーのコンクールマシン

 

そうしてその年の暮に2017年のConcours de machine開催のアナウンスが流れました。当然私は即座に申し込みました。それは主催するフランスの人たちにとっては全くの意外な申し込みだった様で、どうしてこのイベントを知ったのかを尋ねられる始末でした。年若いフランスの人たちは極東の果てからエントリーされるとは夢にも思ってなかったようです。かれらがこのイベントを起こした主たる目的はフランスの自転車製造技術の再興なのです。かつてのようにアルティザンと呼ばれる自転車を作る職人たちが己が技術とアイデアで作り上げた自転車を持ち寄って競い、交流することによってもう一度フランスの自転車文化を促進発展させようとするものなのです。

 

このイベントにはテーマがあります。それはかつてのイベントと同様に「軽量ランドナー」であり、その軽さと耐久性・オリジナリティを競うのです。そのためにみな知恵を絞って、オリジナリティあふれる、それでいて実際のハードな走行に耐える自転車を製作して集うものと私は考えました。私の手元には1946年のコンクール・デュラルミンで優勝した一台のサンジェがあります。それはフレーム状態で長らく残されていたもので、先代のエルネストが亡くなる直前に私の願いによって実際に使われていたパーツを捜しだして組み上げてくれたものです。パーツひとつ一つの隅々まで手を入れて、軽量化の極致を求めたこのコンクールモデルは、使われているパーツの形式や素材は多少異なりますが70年以上たっても自転車の基本的な構造は変わっていないのです。まさしく自転車製作者にとってはこれ以上ない目標でありお手本です。その造形の思想をふたたび蘇らせることを一つの柱として私はグランボアのあるべき軽量ランドナーの形を考えていきました。

エルネストと1946年のコンクールマシン

 

まずはフレーム作りから始めました。それまではグランボアの自転車は私の考えたフレームコンセプトを何社かのフレームメーカーにお願いして製作していました。しかしこのコンクールの主眼はオリジナルの自転車を作る者たちがフレームから製作して組み上げた自転車を持ち寄ることでした。

 

キャリアづくりはすでに10年以上行っていて、この間にフレームづくりのための冶具や旋盤は用意していました。私はこのイベント参加を目標にフレーム作りを一気に進め、まずは1月の半ばに科学館で行われる日本のビルダーの集まり「ハンドメイドバイシクル展」に出品すべくフレーム作りに取り掛かったのです。その一本目のフレームは12月の仕事納めの後、自宅の工房で始まりました。年末年始の大晦日・元旦の休日のほとんどは工房に籠っていました。そうしてできあがったのがグランボアのTypeIの一号車です。

グランボアTypeIの一号車

 

この時点ですでにコンクールのためのコンセプトはできていました。日本のツーリング文化のひとつの特徴である「輪行」を自転車のテーマとし、その輪行を簡易にする目的で開発したTypeERを基本形としました。この一号車ではカイセイ019のパイプでラグレス仕様、エンドやクラウンはこれまでTypeERのために用意したものを使い、ジオメトリーもTypeERの通りです。あとはコンクールのテーマに沿っていかに軽量化を図るかです。

 

最大の軽量化はフレームの素材をひたすら薄く軽いものにすることです。ただそれは当然強度の低下をもたらし、剛性不足のフレームになってしまいます。サンジェのコンクールマシンは0.3mmの極薄チューブで作られています。私はこれを受け取ったときに乗ってはならないとエルネストにきつく言い渡されました。当然またがったことは一度もありませんがフレームが損傷することは容易に想像できます。まだフレームづくりでは初心者のわたしがいきなり極薄パイプでフレーム作ることは無謀です。まずは定番的なパイプからです。6月開催のコンクールから逆算して、通常業務の間に製作できるのは月に1本程度で本番までに5本のフレームが製作可能とみて、冶具の調整を行いながら一本ずつ製作していったのです。今回使用したフレームは4本目で本来は予備用、使用パイプはカイセイ4130Rです。これは特段軽量はありませんでしたが以前よりイリベ製グランボアでは標準パイプとして使用していて、十分な剛性があり乗り味が素晴らしいと評価を得ていたパイプです。クラウンは新たに3mm厚で製作したグランボアの二枚肩クラウンです。それが出来上がったのが5月の中旬でした。そして本番用と製作した5本目のフレームではクラウンの他、前後のフレームエンドも特別に4mm厚の物を用意し、さらにはヘッドチューブとBBの内部を0.5mm程削り込んで軽量化を図ったのです。でも出来上がったフレームを比較してみると4本目と5本目の重量の差は15g程しかなくフレームとしての出来を比較するとすっきり作れた4本目を本番フレームとすることにしたのです。そして5本目は予備車として現地で私自身が乗る自転車としました。グランボアの新たなフレームは今回のコンクールのハードなコースで充分な耐久テストがなされたと思います。そして何よりもその乗り味について試乗いただいた方からは好評価をいただいています。

 

個別パーツの軽量化については6月の半ばよりのコンクール参加の予告ブログで紹介させていただいておりますので割愛させていただきまますが、通常では為しえないハンドルやステム、キャリアの軽量化では(株)日東様の協力を得ることができました。また今回本番用に採用には至りませんでしたがパナレーサー(株)様に超軽量の36Bタイヤも試作で用意していただいておりました。これを採用していれば自転車本体重量は8kg台に乗せることもできたのです。ただブラックサイドのモデルしか用意できなかったこと、ダート走行には全く不向きであることを考え30周年記念モデルで作った赤の36Bエキストラレジェを使用することにしました。結果としては今回のハードなコースでは試作の超軽量タイヤを使っていたら早々にリタイアすることになったと思われます。この超軽量タイヤは現在テスト中です。また次回のエキストラレジェの生産時には新しいグランボアのタイヤとしてデビューの予定です。

超軽量36Bタイヤを装着したコンクールマシン。8.98kg

 

 

1946年のコンクールマシンの変速機の軽量化

今回のコンクールマシンで最も注目を浴びていたのは何といってもリアディレイラーの極限まで突き詰めた肉抜き加工でした。結果としてはそれがDNFの原因になってしまいましたが、コンクールはトライする行為にこそ値打ちがあると思います。メカの軽量化は私からの指示ではなくそれを担当した店長の自発的な行為でした。毎日70年前のコンクール優勝車を眺めて仕事をしているグランボアではそれは自然なことです。可能な限りの軽量化の努力をせずしてはるばるフランスまででかける価値があるでしょうか。結果にかかわらず、そこで得られたことは今後のグランボアの自転車づくりに大いに貢献してくれるでしょう。

破損対策でCNC加工プーリーに変更しました

グランボアのスタッフは日々お客様の注文からの課題に取り組み、その答えを求めて努力し、解決策を得ています。それが今回のコンクールマシンには充分に発揮されているものと思います。来年もまたコンクールが開催されるのであれば状況が許す限り再び参加したいと思います。それは一つの定められた状況の中でなしうることを各自の中で伸ばすことのできる大きなチャンスであると考えるからです。しかしそれ以上に私が思うのはこんなイベントをこの日本でも開催したいということなのです。日本にも多くの自転車ビルダーがいます。そしてメカニズムとしての自転車を愛好する人たちがたくさんいます。私はビルダーによるワークスチームに限らず、プライベートチームを含めて開催すれば、自転車づくりというハードを楽しむ人が参加できる新しいイベントになりうると思います。今回のコンクールへの参加により、こうしたイベントでの運営面での難しさを知ることができました。できればこの経験を生かして日本で自転車ツーリングを楽しむ新たなステージを用意できれば、もっと自転車の楽しみが広がるのではないかと夢想しています。

 

親方


Ⅰ.概要

コンクール本戦第一日目、約200km地点にてリア変速機が破損し、修復不可能な状態となりました。パイロットチョコ君はチェーンを切断し、シングルギアにさせることによって残りの18kmの行程を走破しました。

 

本項では変速機が破損した要因について究明すると共に、私の見解を申し上げたいと思います。

 

Ⅱ.変速機のモデファイについて

変速機はマイクロシフトR47をベースに当店で加工を施したスペシャルモデルを使用しました。

加工点について説明します。まず可能な限り分解して、肉抜き箇所はケガキを入れてから穴を空けました。更にボデーを削り込んで全体的に丸みを帯びたフォルムへ成形しました。成形することによっては軽量化だけでなく他のパーツとの(雰囲気を合わせるという意味での)釣り合いを取りました。

 

ケーブルのアジャスターボルトはボデーのネジを切り直すことによってダイアコンペのアルミ製に変更し、ストッパーボルトはチタン製のキャップボルトに交換しました。

最も大きな改造箇所はピポットです。肉抜きによって露出したスプリングはエンドに空けた穴に直接掛けています。これによりスプリングのテンション調整金具を省略しました。往年の変速機であるカンパニョ―ロスポルトも同様の機構を設けており、ここからヒントを得ました。

プーリーは、オリジナルをベースに加工しました。まずコンクールのみの使用を前提としてブッシュを軽合金製に交換しました。更に両サイドのプレートを省略し、代わりに防水対策としてプラスティックのシールを装着しました。

以上がモデファイした内容です。これを踏まえて破損した変速機を分析したいと思います。

 

Ⅲ.所見

先ず、破損した時の変速機の状態を確認しましょう。肉抜きしたピポット部分は破断し、本体は後輪ガードステーに巻き込まれていました。この状態から肉抜きに伴うピポットの強度不足による破断が原因のように見受けられますが、プーリーケージ(以下ケージ)を観察しますとケージは左右に広がっていることが確認できます。

パイロットの証言によりますと、第五チェックポイント(190km地点)で下車した際にケージが広がりチェーンがテンションプーリーから脱線していたようです。その為この地点でチェーンを掛けなおし、ケージを補修しています。

つまりプーリーとケージに何らかの異変が起こっていることが考えられます。

 

Ⅳ.考察

そこで持ち帰った変速機を確認しますと、プーリーにガタツキが確認できました。(元来多少のガタはあるものですが、破損後は大きくなっていました。)

ではプーリーガタツキの原因について究明したいと思います。

 

持ち帰ったプーリーを分解してみるとブッシュには異常が認められませんでしたが、プーリーの内径が僅かに広がっていました。

チェーンは変速によってローギヤに入れた時、内側によじれると同時にプーリーはチェーンによって外側に引き寄せられます。特に可動範囲の大きい10S 以上の場合、チェーンのよじれは大きくなるでしょう。今回のコンクール1日目のようなロー側のギヤの使用頻度が高いコースの場合、傾いた状態で回転するプーリーへ甚大なストレスがかかったと想像できます。またプーリーを安定させる為のサイドプレートを省略したことは、ガタツキを助長させる一因となったと考えられます。

 

Ⅴ.結論

以上より考えられる変速機の破損の要因は、プーリーのガタツキによって脱線したチェーンが、プーリーとケージの間に詰まり変速機を後方に巻き上げ、その結果ピポットに大きな負荷が生じ破断したことであるでしょう。

多段化した今日の変速機事情において、当問題の主たる解決策はプーリーとケージにあると思われます。例えばベアリングプーリー等、性能を重視した部品の採用や或いはプーリー自体の構造の研究が必要でしょう。またケージについても適性の寸法や、強度についての吟味、脱線等のトラブルが起きた際の二次的なトラブルを引き起こさないような構造等、変速機計量化において模索すべき課題を残しました。

 

コンクールマシンへの参戦で実戦的な軽量車を製作することにあたり、ほぼすべての部品にトライアル的な試みを採り入れました。その中でランドナーに必要とされる強度とそのバランスについてより深く考えさせられると同時に、ランドナーの新たな可能性が見えてきたように思います。このコンクールでの挑戦で得ることができた様々な課題を今後の自転車製作に繋げられるよう一層努力したいと思います。

大介店長


Ⅰ.概要

コンクールに参加するにあたって、グランボアでは極限への軽量化に挑戦しました。帰国後出走車を分解し、各部品の状態について調査しましたので、ここでコンクールによって生じた各部品への影響について報告したいと思います。

 

Ⅱ.異常が生じた部品

 

表はコンクール出走後の各部品の状態についてまとめたものです。破損した変速機に関しましては、別項にて改めて考察を深めるものとして、その他の部品について報告いたします。

変速機以外では、カセットのセカンドギアに一ヶ所の欠けが発見されました。これはダート走行時での小石等の巻き込みが起因していると考えられます。

 

マッドガードにつきまして、今回試みました潰し加工によるステーのエンド固定方法には問題はありませんでしたが、ブリッチへの取付金具の固定ボルトが僅かに緩んでいました。

使用ボルトはチタン製M5の皿ネジで、緩み対策として菊座ワッシャーを挟みました。特に振動を受けやすいマッドガード周辺はボルトの選択を含めて緩み止め剤の塗布等、更なる対応が必要であります。

 

ホイールについては変速機破損時の巻き込みで後輪に多少の振れが生じましたが、その他でのダメージは無く問題はなかったと考えています。

また軽量タイヤ(リエール650×36B EL)と軽量チューブ(レール650×32-42AB)を採用しましたが、パンクは夜間走行での一回のみでした。つまりこのタイヤの組み合わせでは、ライン取り次第でパンクのリスクを減らせることが実証されました。

 

Ⅲ.グランボアパーツについて

 

既存のグランボアパーツを加工したものの一つにブレーキがあります。

ギロチン金具とシューを軽量化したシュエットモダンは、マハックブレーキレバーと共に過酷な状況下での使用に耐え抜群の制動力を発揮しました。

 

また唯一軽量化を無視して製作したスペシャルラージハブも自転車全体のバランスを確保しつつスムースな回転を得ました。カセットハブ仕様のスペシャルラージハブは、今回の研究によって製作技術が確立されましたので、グランボア製品の新たなラインナップに追加されました!注文製作にて受注を承っております。

コンクールの為に特別に製作されたキャリアやハンドル、ステムについても全く問題はありませんでした。

 

Ⅳ.新たに採用した部品について

 

フロントシングル構想によってTA CARMINAとチタンシャフトBBが採用されました。組み立て時はチタンBB が従来のスクエアシャフトであることから、チョコ君は剛性に不安があったようですが彼の脚力をもって使用しても問題はありませんでした。 葉っぱのチェーンリングも大好評でしたよ。

べロジカルダイナモと砲弾ライトは出国前に何度か試験走行はしたものの、途中で切れてしまわないか心配していました。幸いトラブルはありませんでしたが暗闇のダート道ではやや光量不足だったようです。最近は大変性能の良いランプが多く登場してますが、軽量でランドナーに似合うものが少なく悩まされた部品の一つでした。

 

使い慣れたはずの既存の部品であっても改めて吟味することで新しい発見があり、それぞれの部品の特性について考えさせられました。今回異常が生じた部品だけでなく、異常が無かった部品についても更なる研究が必要だと痛感しました。

大介店長


最終日はレースではありません。

親睦を兼ねたサイクリングを参加者とそのメンバーで楽しみました。

金曜日の晩からグランボアのチームに合流していろいろ手伝ってくれたジャンフィリップ。

Thank you, Jean Phillipe!

フランス在住のSさん。一度お店に来てくださったことがあるとのことでグランボアがコンクールに出るのであればと、地元で懇意にされているショップさんの応援も兼ねてアンベールまでいらしてました。色々教えてくださってありがとうございました。

 

こちらはスウェーデンから参加のアンダース。グランボアとは実は長いお付き合いです。

 

若い方たちが多かったです。

 

 

途中のカフェで一休み。

 

カフェの中では今回の反省点と今後について話し合いがもたれていました。これだけのイベントの準備は大変だったでしょうね。また、きちんと運営し、続けていくことも大変です。それはもちろん運営側だけでなく、参加者側も。ですので2年に1度という案が出ていた事はとても理解できます。

*

*

*

*

さて、本部近くのイベント会場は。。

土曜日曜と来場者のためにコンクール出場車の展示ブースが設けられました(青いテント)。また、様々な物産品などのスタンドのほか自転車関係のスタンドも立ち並び賑やかです。

 

グランボアのスタンド。

フランスでの取引先にお手伝いいただきました。

奥には元気に接客してくださってるUさんも写ってます。スタンドではコンクールの予備車とUさんのグランボア、それに大介のER700、私のeTapデモンターブルを展示。eTapデモンタは特に注目を集めていました。

 

 eTapデモンターブルの実演に人だかり。eTapは5m離れていても電波が届く!

 

こちらはオリビエの奥様のカトリーヌですね。後ろにはオリビエも見えます。

Thank you for your help, Catherine and Olivier!

 

 

急遽、出発前にお願いした縁さんのキャップも好評でした。

Merci! INCREVABLE!

 

珍しくはしゃいでる親方に巻き込まれたチョコ。

 

 

チョコはAlex SiNGERの店主、オリビエから労いのプレゼントをいただき大感激。Arigato!

 

こちらはコンクールマシンコーナー。

投票箱。イベントへの一般参加の方と今回参加したチームに投票権があります。

 

 

 

 

 

 

 

夕方からは表彰式にと会場に呼ばれました。

生演奏つきで賑やかです。

総合の表彰式。

1位 PECHTREGON

2位 JP Weigle

3位 Cyfac

 

こちらはグランボアが頂いたBelle Finitionの表彰式。

おまけに地元の新聞にも紹介していただきました。

 

 

後から送られてきた成績表はこちら。

 

 

審査員 6位

プレゼン 12位

重量 1位

一般参加者の投票 8位 (228人中28票入っていました。1位に選んでくれた方が11人。)

ビルダーの投票 10位 (3位の1票は親方が間違えて書いてしまったものです。ですので1票のみ。誰か1位に選んでくれていますね。嬉しい。)

技術 3位

レース1日目 7位

レース2日目 棄権

総合順位 なし

 

参加者の中で一番軽く仕上げたのは我がチームだったのですが、レースが完走できず総合順位から外れてしまいました。そんな中、Belle Finitionは嬉しい賞でした。一番軽くて美しい自転車。光栄です。

 

4日間のイベントの流れとしてはこんな感じでした。

コンクールについては後は店長と親方からの報告もある予定。それらはまた後日。

まだまだ続く~。

 

 

 

****ここからは翌日のお話****

アンベール最後の日、やっと私たちもサイクリングを楽しむことができました。お天気も文句なしの晴れ。ご褒美を頂いたかのような一日でした。

大介店長が履いているのがCCPの ハーフパンツ。よく似合ってますよね。これからの暑い夏のツーリングにお勧めですよ。

 

この日のベール峠からの稜線はすっきりとクリアです。中央に見えるのがあの日チョコの行く手を阻んだ軍用無線基地。

峠に着いたのはちょうどお昼。前の日にチョコが暖をとった峠の茶屋を当てにしていたのですがこの日は閉まっていました。というわけで、皆お腹も空いてましたので早々に峠を後にし、麓の町のレストランへ。

チョコ君、リベンジはまた今度ね。

 

 

 

 

****入荷のお知らせ****

イタリアンフェンダーのモダンバージョンのご用意が整いました。大変お待たせしました。こちらのステーもアイズの工房内で曲げてるんですよ。

あと、そのヴィンテージバージョンを装着した親方秘蔵のフレームが蘇りましたよ。カンビオコルサ仕様のマラストーニ、サイズが合う方は是非ご検討ください。

 

つちやはるみ


こんにちは、スタッフのチョコです。6月30日~7月2日にフランス、アンベールで開催されたコンクールマシン2017にグランボアのテストライダーとして参加しました。ライダーとして感じたことを本記事でお伝えしたいと思います。
コンクールは自転車の耐久テストとして3日間のテクニカルトライアルが課され、グラベルを含む計450㎞の走行が予定されていました。実際は初日コースの変更、2日目に途中リタイアしたので3日間の走行距離は約270㎞となりました。「3日間トラブル無く完走しました!」とご報告出来たらよかったのですが、マシンのトラブルと自分自身の経験不足から思うようにいきませんでした。
雨にも負けず風にも負けず…(運命を分けた2日目、ベール峠南方尾根)

 
 

さて、コースには多くの未舗装区間が含まれていますが、ランドナーのような太めのスリックタイヤで難なく走れるような砂利、石畳、あぜ道から、MTBでも苦労しそうな石が散乱したダブルトラックまで多種多様です。昨年のコンクールは650×32Bタイヤを履いたランドナーや700Cのタンデム車が出走しており、未舗装区間も写真では太めのタイヤを履いたランドナーで走るのが気持ちよさそうな砂利道でした。そんな昨年の様子や、主催者側が設定した基準平均速度22.5㎞という数字から、ハイスピードな舗装路中心のロングライドを想定して準備を進めていました。後から聞いた話ですが昨年のコースではほとんどの自転車がトラブルなく完走しており、今年はマシンをふるいにかける意味もあって難易度を上げたようです。

昨年の写真からイメージしていた固く締まったグラベル。

コース東側、尾根沿いに走る緩やかな下り基調のダートはスピードを出しやすい。

ダート走行の振動でフロントバッグ内の補給食(サンドウィッチ)が滅茶苦茶に。(試走時)

丈のある草地は抵抗が大きく車輪をとられやすい。

 

コンクールの3日前から現地で未舗装区間の試走を始めたのですが、実際のコースはMTBで走るのも大変そうなガレたトラック、泥でぬかるんだあぜ道。整った砂利道を想像していた自分は、あまりにもイメージとかけ離れた未舗装路の連続に完走できるのか不安になりました。
本番前の試走を終えて難関区間などを地図で確認。
 
 

本番に着用したウェアについて。前日の天気予報では曇り後雨。しかし、アンベールに来てから天気予報はことごとく外れています。じつは試走の二日間も雨予報だったのですが、雨雲は何処へやら。試走二日目に遭った通り雨以外は雨具を出さずに済みました。アンベールの街は標高が500m、現地入りすると気温20度前後で高くありません。事前に日本でアンベールの天気予報を確認していた時は最高気温が30度近くあり、ツールドフランスのような暑い7月のフランスを想像していました。しかし実際はゴールデンウィークくらいの気候、山の天気と思って対処するしかありません。メリノウールの長袖アンダーを急きょUさんよりお借りしてルイゾンボべジャージの下に重ね着し、下はルイゾンボべのビブショーツ。雨に降られてもよほど気温が低くない限り脚は寒くならないので、フロントバッグにはレインジャケットのみを入れました。

本番前日に届いたグランボア×ルイゾンボベジャージ。メリノウールと化繊の混合生地で、レース終了後に洗って室内干しでも翌朝には乾く。

 

 

 

6月30日、初日は224㎞を走ります。午前4時にライダーは2人ずつ、2分間隔で順次出走し、コース上に設けられた全6カ所のチェックポイントを周ってゴールを目指します。設定された基準速度は22.5㎞。2日間の試走で判明した過酷な未舗装区間、獲得標高約4000mと舗装路のみでも過酷なコース設定から自分には基準速度を上回ることは困難だと判断し、マシントラブルが起きないように走ることを最優先としました。スタート、ゴール地点となる貸倉庫の前には各チームのライダーがズラリ。ビルダー本人が走るところもあれば、パリブレストパリ48時間台の猛者まで、いかにも速そうなライダーがそろっています。同時スタートのライダーが乗る自転車には、パイナップルのマークが至る所にマークされていたのでそれを話題に談笑。緊張も少しほぐれてスタートを切りました。
午前4時、アンベールの街をスタート。
 
 
さて、スタートして15㎞程登り続けるのですがここで分かったことが一つ。みんな登りは想像していたほど速くありません。しばらく舗装路の登りなのであっという間に取り残されてしまうのでは無いかと思っていましたが、むしろ僕の方が先行しています。当時は少しでも早く前へ進もうと単独で先行していました。しかし今になって振り返ると、フランス人ライダー達は後からスタートした人と合流して協力体制を作っていたのだと思います。日本でブルベを走る時は大半が単独走。ましてフランス語でまともにコミュニケーションが出来ないので、他のライダーの考えていることを理解するのに苦労しました。
コースは224㎞、序盤の60㎞をクリアするのに4時間近くかかりました。このスタートから4時間の間にいくつかトラブルが。まず、パンクです。夜明け前の暗いダートを下っている時に路面がよく見えず、サイドカット。幸い1㎝程切れただけなので裏からタイヤブートを当て、チューブ交換して10分程度で復帰。コンクール前から2年近くエキストラレジェタイヤを未舗装路で使っていますがパンクしたのは今回が初めて。路面が見えなかった事と緊張して焦っていたのだと思います。
午前5時頃、最初のトラブル。パンク修理をしている間に6人ほどの集団に追い越される。

 

次にボトルの紛失。パンクした場所から5㎞程、牧場の脇を通るダート区間通過後にダウンチューブに目をやると、まだ飲んでいないボトルが消えていました。この区間も凹凸が激しくバイクコントロールに夢中でボトルが飛んでいくのに気が付きませんでした。まだ200㎞以上距離を残している状況でボトルが1本無くなるのはまずいです。日本ならば山中の集落でも自動販売機でペットボトル飲料を入手することが出来ますが、フランスの山村に自動販売機なんてありません。結局、飛んで行ったボトルは見つかりませんでしたがペットボトルの水を入手して解決しました。フランスのサイクリストの多くが満タンのボトルを2本携行している理由がわかりました。家を出ると日本のように簡単に飲料水が手に入らない場合があるからです。コンクールのマシンには3本携行している例もありました。
3つ目のトラブルは落車です。はい、恥ずかしながら落車してしまいました。約40㎞地点のウェットな未舗装区間走行中、フロントを泥にとられて転びました。幸いスピードが出ていなかったので、自転車と体は無事でした。わずか40㎞の間にトラブルが3回。この区間は他のライダーもパンクが頻発していました。

もともと設定されていたコースは藪漕ぎ。試走で通過困難なことが発覚。迂回路に設定された下りも過酷だった。
予想通りコースは変更になり、迂回路に設定されたのはMTBコース?!
迂回路通過後に泥区間で落車。左肩から落ちたが幸いケガは無かった。
コース上のわかりにくい場所にはガイドが設置されていた。

 

起伏に富み、未舗装路を多く含む初日のコースではフロントシングルのドライブトレインが活躍しました。フロント41T、リア10S 11‐36Tの組み合わせは、必要十分なギア比を提供し、フロント変速の煩わしさから解放してくれます。舗装路のみで効率よく走るのであればフロントは2枚、リアはクロスレシオな構成のものが扱いやすいです。しかし、未舗装路を走る場合はチェーン落ちのトラブルが少なく、操作がシンプルなフロントシングルは非常に有効だと感じました。

本戦用は41T、予備車は37T。

 

電装関係も軽さ重視で、ドイツ製のべロジカルとグランボアの完成車に多く使っているサンヨーの砲弾型LEDランプを使用しました。べロジカルのダイナモは駆動時の抵抗がわずかで、リムが濡れていても安定して作動します。サンヨーの砲弾型ランプは明るさの点ではシュミット等の高価なライトに劣りますが、ボディが樹脂製ので非常に軽量です。ただ、想定外だったのは未舗装路の割合が高く、暗い時間帯に荒れた林道を下ったこと。この状況下ではより明るいライトが必要だと強く感じました。もちろん、舗装路のみで普通のツーリングをするには十分な性能ですよ。

べロジカルとサンヨー製砲弾型ランプの組み合わせは非常に安定していた。

コース中盤、道を見失い他チームのライダーと共に森の中をさまよった。
コース南側のチェックポイント3は町のパン屋さん。
クッキーとジュースを補給。ジュースは炭酸入りを選んだつもりがそうでは無かった。
初日終盤のダート区間。走りにくそうに見えるが650×36Bのリエールなら大丈夫。

 
 

さて、コンクール前から注目を集めた徹底的に肉貫きされたRメカ。ご存知の方も多いと思いますが、初日の終盤に壊れてしまいました。

ダート区間が終わるまではトラブル無く作動していたが…
 

197㎞地点のチェックポイント5に到着したとき自分は先頭から6番目くらいに位置していました。到着して他のチェックポイント同様にスタンプを貰おうとしたところ、主催者から「全参加者が想定外に時間がかかっているからこの先のコースは無し。最短ルートでゴールのアンベールへ帰るように。」と通達されました。ここまで序盤に3つ起きたトラブル以降、問題なく走ってきたのでゴールまでの舗装路はウイニングランのようなものです。気持ちも軽くなって出発しようとしたところ、ペダルに体重を乗せるとクランクが回りません。Rメカ周りを見るとガイドプーリーからチェーンが脱落してプーリーゲージとの間に挟まり、チェーンに引っ張られてRメカが上を向いています。周りにいたコンクール関係者はRメカが壊れて走行不能になったと思ったのか、「チェーンカッターあるか?シングルスピードにしたら完走できるぞ。」と工具を差し出してくれました。「コンクールのルールはどうなったの?」と思いながら「まだ丈夫!」と言ってRメカを観察。幸いこの時点でRメカは破断していなかったのでチェーンを掛けなおし、少し広がったプーリーゲージを手で治しました。どうやらクランクを逆転させるとチェーン落ちが再発するので、ここから先はそれに気を付けてRメカの機嫌を窺いながらアンベールに向けて下っていきます。
チェックポイント5到着。ここまで一緒に走ってきたライダーと共にゴールへ向かおうとしたが問題発生。
 
下りで回している最中も歯飛びが起き、嫌な予感がしてきました。一度路肩に停まってRメカを確認。この時は目に見えた異常はありませんでした。「ここまで来たんだから言うこと聞いてくれ…」とぼやきながら緩やかな勾配を下っていきます。ちょうど下り勾配が登り基調に変わり、T字路になっているところでクランクがいきなりロック、前転しそうになるのをこらえて停まりました。サドルに跨ったまま後ろに目をやると、Rメカがチェーンに巻き上げられるようにして千切れています。ガードのステーも巻き込まれて曲がってしまいました。
プーリーゲージにチェーンが詰まり、引っ張られる形でピボット部分が破断した。
 
 
チェーンカッターは携行していないのでミッシングリンクを解除することは出来ても短く切ることは出来ません。「終わった。」思わず独りで呟きました。追い打ちをかけるように雨が降り始め勢いを増していきます。途方に暮れ、リタイアするつもりで親方に電話。アンベールの町まで18㎞、大きな登りはなく下りと平坦ですが何時にゴールできるかわかりません。雨の中30分程立ち尽くしていると親方たちが乗ったバンが到着。親方は車を降りるなり「チェーンを石で切ってSSで完走しろ!」と一言。「石で?!」と訳が分かりませんでしたがどうやら2.5㎜の六角レンチをチェーンのピンに垂直に当て、石で叩いてピンを押し出すとのこと。大介店長は実際にやったことがあるそうです。ミッシングリンクを解除してチェーンを地面に寝かせ、万力を込めて工具を叩きました。何度もトライしたのですが、雨で濡れて手元が滑り上手くいきません。結局、たまたま(?)近くに落ちていたチェーンカッターを見つけ、チェーンを短くしてミッシングリンクで繋ぐことが出来ました。
そこから先は雨を切るようにダウンヒルをこなし、アンバールの町まで続く直線道路を時速20㎞ほどで踏み続けます。スムーズに回るチェーンとスプロケットの組み合わせがなかったのでペダルから伝わる感触は非常にぎこちないです。ゴールまで残り2㎞程でしょうか、追いついてきたライダー2人が「ついて来いよ」とハンドサインを出してくれたので後ろに付きました。そこからゴールまでは競輪のようにペダルを回してくらいつきました。何せ先頭を引いているライダーのギアはアウタートップ。ゴールまであっという間でした。
雨に背中を押されるようにダウンヒルをこなす
 
 
どうにかゴールできましたが「Rメカが無いから明日以降のステージは走れないな。今日でリタイアか…」と思っていました。しかし、検車時に主催者から驚きの一言が。「Rメカ交換して明日も走っていいよ。交換作業はライダーじゃなくても良し。」明日も走れるので嬉しいのですが複雑な気持ちでした…
ゴール後の検車風景。この後、Rメカ交換OKの通達を受ける。
 
 
 
 
初日でRメカが破損してしまいましたが、収穫はあったと思います。まず、グランボアのコンクール用バイクは3日間のテクニカルトライアルに耐えられるギリギリを狙ってカーボンパーツを使わずに軽量化を行いました。(携帯ポンプのみカーボン製です。)結果的にRメカが破損、SSにしてどうにか完走出来ましたがコンクールのルールを厳密に適用すれば初日リタイアです。次回も同様のコースで開催するのであれば、より耐久性の高い部品を使って走るのが完走につながると思います。フロントシングルは軽量化にメリットがあると書きましたが改善点はあります。軽量なサンプレ製シフトレバーは引きが重く、レバー本体が華奢なので慎重な変速操作が求められました。予備車にはヨシガイ製11S用シフトレバーが付いていたのですが、こちらはフリクション式でありながら引きが軽く、シマノ製チェーンとカセットの組み合わせで快適な変速ができました。起伏の多い未舗装路を走り続けるのであれば楽に変速できることは数十グラムの軽量化よりもメリットが多いと感じました。
サンプレのシフトレバーは軽量化に貢献しているが、慎重な扱いを要する。
 

 

 

2日目は並行開催されているサイクリングイベントのヒルクライムレース参加と、地図を元にチェックポイントをまわるオリエンテーリングのような課題でした。初日と同じスタート地点をモトの先導で出発、一般参加者と共にヒルクライムのスタート地点まで集団走行です。密度の高い集団走行はさながらツールドフランスのようでした。

ベール峠ヒルクライムスタート地点。コンクールのライダーは一般参加者の後にスタート
ヒルクライム開始後は自分のペースで淡々と上りました。心拍計を使ったことがないのですが、7割くらいの心拍数をイメージしてペースをコントロール。それにしてもコンクール用軽量車はよく登ります。普段乗っているtypeERと比べ物にならないくらい登坂が楽でした。typeERでブルべを走っているとロードバイクに比べて登坂が苦手だったのですが、この軽量車はそうではありません。
標高を上げるつれ濃い霧に包まれましたが、気分よくペダルを回しているうちに峠につきました。峠で課題の荷物を選択。一度は丸太を選びかけたのですが、かなり大きかったので煉瓦とチェーンのセットに変更。フロントバッグに入れるとずっしりと重く感じました。ベール峠へのヒルクライム。シビアに淡々と走るライダーもいれば、会話を楽しみながら登る人もいる。
 
 
煉瓦をフロントバッグに入れて意気揚々と再スタートを切りました。僕が選んだCP2へのルートは最短かつ起伏の少ない尾根を行く未舗装路。積み荷を選んでいる間に同じ方向へ行くライダーがいたのでどうやら僕だけでは無さそうです。煉瓦を入れて重くなった自転車で尾根を登っていきます。雨脚は強まり、心なしか足取りも重く感じます。先程までの軽快感はどこへやら、ペースが落ちているのは荷物のせいだけではなさそうです。。ここに来てレインパンツも持ってくるべきだったと軽く後悔しました。それでも登り基調なので脚を回していれば耐えられなくはありません。吹き付ける雨の中、ジリジリと進んでいくと20~30m先に行く手を阻むように門が見えました。そうです、前日の下調べで確認していたレーダーサイトです。予定では今来た道をそのまま直進するはずでしたが、どうやら道は門の奥へと続いています。軍関係の施設のようで近寄りがたい雰囲気です。ここで直進をあきらめ、来た道を下って引き返します。引き返せばレーダーサイトの西方を迂回する小道があるはずでした。下り始めると急激に体が冷えてきました。打ち付ける雨に指先の感覚がなくなり始めます。寒さに震えてレーダーサイトの迂回路を探すことは眼中になく、下り続けてベール峠まで戻りました。
霧と風雨の中突如現れたレーダーサイト。ここで一旦来た道を引き返す。
リタイア直前、稜線上の道路で撮影。風雨の中走り続けるには装備が足りなかった。
 
 
峠に戻るとこれから荷物を積んで走り出すライダーのグループが残っていました。話しを聞くと、僕と同じコースでCP2を目指すようです。雨の吹き付ける稜線へ戻るのは嫌でしたが、一人で別ルートを走る余裕がなかったのでグループに入れてもらうことにしました。下ってきた道を再び登ります。ベール峠のヒルクライムは飛ぶように登れたのに、今は他のライダーについて行くことが出来ません。結局、10分程行動を共にしましたが体がもたないと判断し、近くのライダーに「寒くて動けないから引き返す。ここまでありがとう。」と伝えて再びベール峠へ戻りました。
ベール峠に引き返しレストハウスで新聞紙を貰って暖をとる。
 
 
峠に戻るとヒルクライムイベントも終了し、大会関係者がゴールアーチの片づけをしています。撮影で先回りしていたはるみさんと大介店長がいないか探しましたが、寒い峠に長居しているはずがありません。コンクールのライダーも最後尾は行ってしまったようです。震えながら峠のレストハウスに入り、新聞紙とコーヒーを貰って椅子に座ってこの先どうするか考えました。体の震えを止めようと、新聞紙で濡れた足を拭きますが改善せず、この状態で再びサドルに跨ることは不可能に思えました。しかし、これが個人的に参加しているブルべなら判断は容易いのですがグランボアのライダーとして参加している以上簡単に諦めるわけにはいきません。新聞紙を腹に入れ、再びドアを開けて自転車に向かいました。雨はまだ止んでおらず、少し前まではヒルクライムイベントの関係者が峠付近にいたのですがその人影もまばらです。サドルに再び跨ったものの、体は震え続けて脚は動きませんでした。このままだとコンクールのコース完走はおろか、自力でベール峠を降りることも難しいと考え、ヒルクライムイベントの関係者に訳を話して回収車に乗ってアンベールの街へ帰りました。

リタイアを決めた時のベール峠。約1時間前に通過したゴールアーチは畳まれ、雨が降っている。
 
 
二日目のリタイアは自転車の問題ではなく、ライダーである僕自身が環境に耐えられなかったことが原因です。標高1400m、気温6度、稜線場を風雨の中進み、体が凍えて動けなくなってしまいました。フロントバッグの中に長袖のジャージと膝下までおおうレインパンツ、長指グローブがあれば2日目の完走は容易だったと思います。周囲のフランス人ライダーは暖かい服装で雨の中を進んでいたので2日目の感じ方は大きく違ったことでしょう。日本でも山岳地帯を走るときは装備にマージンを持たせて挑むもの。この時は荷物の軽量化を優先し、その姿勢が欠けていました。フロントバッグの中は煉瓦を入れてもまだ余裕がありました。悔やんでも仕方ありませんが、サポート無しの自己完結が求められるサイクリングでは”万が一”を想定することが重要だと痛感した次第です。もし、次回参加することがあれば今回の経験を活かして余裕を持った走りをしたいです。

まえの


1 2 3

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop