アイズの独り言

2017.05.07

イタリアンフェンダー製作秘話・ステー

グランボアのイタリアンフェンダー“ヴィンテージ”GB700IT-V。最後の製作秘話はステーについてです。

グランボアのイタリアンフェンダーGB700IT-Vには付属パーツとしてステーが4本、袋ナットが8個、マイナスネジが4個付いてきます。これをパッキングするのはとてもややこしいのです。なぜなら、ステーは4本とも長さを微妙に変えて作ってあるからです・・・!フロント左用、フロント右用、リア左用、リア右用が決まっているんですね。

一般的に、泥除けの装着というのは現物合わせをしながら装着します。その自転車の一番恰好いいクリアランス(横から見たときのタイヤと泥除けの隙間)は自転車によって異なります。自転車毎にステーの長さが変わってくるので、アイズの工房でも自転車に合わせて現物合わせをしながらステーの長さを削って変えています。

・・・・?

なぜイタリアンフェンダーはステーの長さが一手に決まっているのでしょう?という疑問が湧いてきたので親方に教えてもらいました。

イタリアンフェンダーGB700IT-Vはヴィンテージのイタリアンレーサーのための泥除けです。今回ステーの長さを一手に決めてあるのは、ヴィンテージのイタリアンレーサーのほとんどがカンパのエンドを使っていることに由来します。カンパのエンドを使っていない自転車のほうが珍しいくらいの割合なのだとか。アイズではこのカンパエンドにぴったりと合うステーの長さを研究し、ステーの長さを一手に定めました。

 

 


親方に見せてもらったパンフレットの一部です。コッピの自転車として紹介されている自転車にもGB700IT-Vと同じく典型的なイタリアン泥除けが付いています。車の代わりに馬を使って物や人を運んでいた時代、道には“馬の落としもの”だらけだったそうです。選手たちはその落としものから身を守るため、泥除けをつけて練習を重ね、本番では泥除けを外してレースに臨んだそうです。

 

このステーと小物、アイズの工房内で1本ずつ製作しています。

ただ泥除けを留めるためだけではなく、美しさにも妥協せず作りました。美しいステーにするために細部までこだわり、エンドにステーを取り付ける部分は枕頭式のマイナスネジ仕様にすることにこだわりました。また、ガード側もグランボア特製の袋ナットを使って留めています。


 

最も時間をかけたステーの製作。作業中の写真もたくさん残っていました。
先端が鍵穴のような形をしたこのステーは、もともと細い鉄の丸棒を曲げただけのステーでした。マイナスネジで留められるように、ロウを盛って先端部分を一体化させます。金色になっているところがロウ付けした部分です。そのあとで、マイナスネジで留められるようにザグリます。ザグリをしておかないと、沈頭式になりません。

 
ステーのロウ付けをしているたくみ君。たくみ君が左手に持っている金色の棒状のものがロウです。

ロウ付けしたあと、そのままでは形がいびつなので削って整えます。

 

 
そしてマイナスネジも、ステーのザグリとマイナスネジの頭がぴったり面が合うように、既製品のネジから頭が平らになるように頭を削っています。削ったぶん、マイナスネジの溝が浅くなってしまうのでまた溝を掘り足してメッキしました。左が既製品、右がグランボアで作り直してメッキしたマイナスネジです。

 

 
ステーの先端は袋ナットで留められるようにネジ山を作ります。この袋ナットもネジ屋さんにオーダーメイドで作ってもらった特注品です。出来上がった袋ナットのうち、半分はさらにアイズの工房で加工をします。頭を貫通させて、エンド側のねじ山を半分だけ削り落とします(写真)。こうすることで、組みつけたときにステーのねじ山をきれいに隠すことができるのです。

 

 
すべてのパーツが出来上がりました。最後にきれいにメッキをします。

 

*

*

てまひまかけて作ったナットとこだわりのマイナスネジで、とても雰囲気の良いステーになりました。

 

そんな渾身のイタリアンフェンダーGB700IT-Vを装着した自転車がちょうど売りに出ています。

1970年代製のTOEIロード。オリジナルの塗装に合わせて泥除けもペイントして組み付けました。それだけでも華やかで目を引くこと間違いないのですが、70年代製、126mm幅エンドでありながらエルゴレバーで手元変速。アイズならではのアイデアでドンドン乗っていただくための自転車に仕上がっています。570mmと比較的大きめなサイズですが、サイズが合えば間違いなくお買い得品ですよ。

そして、他にもただ今ショッピングサイト掲載中のヴィンテージ完成車はお買い得品がいくつかあります。たとえば先日の京王閣で一旦ご予約いただいたのですが、残念ながらサイズ違いで戻ってきてしまったTOEIフル内蔵スポルティーフとか、レストア前ではありますが状態の良いグランボアのデモンターブルとか、そうそう、エルスのミキストは少し値段が下がりました!

 

どれも良いものばかりです。次の良いオーナー様が見つかるといいのですが。。

 

 

 

さて、イタリアンといえば、グランボアは来週末に開催されるエロイカに初出店します!こちらにもグランボアのイタリアンフェンダーがついた自転車を持っていきますので、ブースに遊びに来てくださいね!

*****

そして、、
カンパエンドを使っていない現行の自転車でも使えるように、イタリアンフェンダー“モダン”GB700IT-Mの製作も進めているところです。アイズバイシクルで展示車に装着してありますので、ご来店の際にはぜひご覧ください!

なっぱ

« 前の記事:

次の記事: »

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop