アイズの独り言

2018.03.12

Spring has come!

日曜日、快晴のラリーグランボア!ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました!


 
 
昨年納車をさせていただいたお客様や、自転車のイベントに初めて参加しますと言って来てくださっていた方、遠くは関東や四国からも遊びにきてくださいました。そして、常連Nさまはつい最近納車させていただいたばかりのキャンピングで、常連Tさまはハンドメイドバイシクル展でもご覧いただいたスポルティーフでご参加してくださいました!

 
お父様と一緒に走っていたTくんが最年少。持越峠の上にも早くに到着して、まだまだ余裕の表情だったんですよ。

 
今年もご参加いただいた名古屋のカトーサイクルさんと常連Iさま。峠でみなさんのお話を聞いていると、「カトーさんめちゃくちゃ早かった」という声が・・・さすがです!

 
 
持越峠のcafe de Grandboisでは今年もコーヒーとケーキをご用意して皆様をお迎えしていました。K’s sweetsのケーキはとてもおいしくて、今年も大好評でした!

photo by Mr.Ueno

峠の上はあっという間にたくさんの人と素敵な自転車でいっぱいに!

朝は寒かったですがお昼頃には木々の間から日が差して、ぽかぽかと暖かくなってきました。峠でのチェックを済ませて休憩したあとは、山の家はせがわさんへランチに行かれた方、峠の上で持参した自家製パンを召し上がっておられた方もいらっしゃいました。毎年ご参加いただいている方のなかにはご自身でスケジュールを組んで、お弁当を持ってきて沢の池まで行かれたグループも!
ラリーグランボアは短いコースのわりに帰りの受付時間を13-17時とゆったりとってありますので、峠でチェックを済ませて峠印をもらったら、こんなふうにのんびり過ごされるのも良いですね。それぞれにサイクリングを楽しんでいただいて、本当にうれしく感じました。
 
 
 
 
さて、お店に帰ると大抽選会!誰に何が当たるのか、周りの人に見守られながらくじを引きます。みなさまいいもの当たったでしょうか!?

 
 
 
ラリーグランボアは自転車のシーズンインを告げるイベントとして、毎年3月の第二日曜日に開催しています。今年で5回目のイベントですが、もとはというとフランスはパリの老舗自転車店アレックスサンジェの「ラリーサンジェ」のような春のイベントを京都でもやりたいというところからスタートしています。先日のフランス出張でラリーサンジェに参加してきた親方とはるみさん。チェックポイントのための用紙を受付でもらい、チェックポイントとなるエイドステーションでこのようにハンコを押してもらうんだそう。チェックポイントの時間、とても短いですね・・・!
嬉しいことにラリーグランボアにご参加いただく人数も徐々に増えてきました。たくさんの人に来ていただき、自転車を通して人の輪が広がっていくようなイベントにしていくために、来年は峠のチェックポイントの「峠印」のリミットをもう少しシビアにしたほうがいいかな・・・なんて考えています。
 
 
 
夕暮れ時、アイズバイシクルにはたくさんの自転車人が集まって、にぎやかな時間を過ごしました。


毎年、3月の第二日曜日はラリーグランボア!来年もみなさまと一緒に自転車のシーズンインを楽しく迎えられますように!そしてアイズバイシクルではすでに来月の自転車遊びの計画が始まっています。こちらは近日ご案内いたしますので、皆様お楽しみに!

なっぱ

« 前の記事:

次の記事: »

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop