アイズの独り言>

気温はあまり高くないのですが、蒸し暑い京都。残念ながら明日は雨のようです。。。朝サイの日でもあるのですが、気象協会の予報も雨の確立70%と出ていますので中止とさせていただきます。入梅しましたからこの時期は仕方ないですね。。また来月お楽しみに。

 

 

*****

さて、初めての方だけでなく、コアなファンも多いグランボアのカタログ。今年から毎年更新していたカタログのページ数とともに刷り数も少し減らしていました。

何故かというと、そうする事でカタログが無くなるのは早くなってしまいますが、新しい商品や価格変更、あと巻頭のツーリングやイベントの内容をお知らせしているページなどをこまめに更新する事ができることに気がついたのです! (遅い!)

 

左が春号、右が出来上がったばかりの夏号

 

朝サイやアイズラリーの他に、春に参加したサンジェラリーも少し紹介しています。

 

巻末の名車紹介ページ

 

 

 

年間通しての作業は増えてしまいますが、せっかくカタログを自社で製作しているのですから、なるべく新鮮な内容でお届けしたいと思っています。今までどおり、オンラインストアでお買い物された方やご来店いただいた方でカタログをご希望の方には無料で配布いたしますが、カタログのみ送付をご希望の方は恐れ入りますが国内送料込みで200円(税込)ご負担下さいますようお願い申し上げます。メール、お電話などでお知らせいただければお支払方法をご案内いたします。または200円分の切手を同封の上、封書にてお申し込みください。

もちろん、最新版カタログはオンラインでもご覧いただけます。

 

今後もカタログは無くなり次第、不定期更新です。夏号の次は秋号かというとそうとは限りませんのであしからず。

つちやはるみ

電装のカーボンブラシ工作は、私にとって憧れの機構でした。

ヘッドチューブ内に接点を設けることで、回転するフォークとフレームを通電させることができるこの仕掛けは、ヘッドラグ付近からピロンとコードが露出せずスマートな印象を与えます。

 

そもそもカーボンブラシとはルネエルスの工作の名称であり、その名の通りコラムに組み込まれたカーボンの芯をヘッドチューブ内の真鍮のバンドに接触させることにより通電させました。

 

 

ルネエルスの機構 1946年ルシクル紙

 

ルネエルスカーボンブラシのユニット

 

コラムへ組み込まれたルネエルスカーボンブラシ(珍しいトップチューブ仕様です)

 

 

 

現在、日本ではカーボンの芯を破損しにくい真鍮などで製作することが多いですが、この機構の事を「カーボンブラシ」と呼ぶのが一般的です。

カーボンブラシはフォークコラムに接点を設けヘッドチューブの内側に真鍮のバンドを圧入する方法(ルネエルス)とフォークコラム銅板を巻き付けダウンチューブに接点を設ける方法(東叡社)の2つの手法が主流ですが、グランボアではフォークコラムに接点を設ける前者の方法を採用しました。

 

 

グランボア工房での製作手順を紹介します。

まずフレーム側バンドをフレーム内径に合わせて調整し、バンドにコードをハンダ付けします。

 

 

塩ビの絶縁バンドを巻いて慎重に圧入します。

圧入後ハンダ付け部分はコラムに接触しないようにダウンチューブ側に折り返します。

 

 

次にコラムへ組み付けるパーツを旋盤で削り出します。

右から真鍮製接点、塩ビ製絶縁パイプ、コラムに溶接する本体パイプです。

 

 

フォークコラムにパイプを銀ロウでロウ付けします。

 

 

スプリングにコードと接点をハンダ付けし絶縁パイプに通します。

 

 

コラムに組み付けました。

フレームに装着後、テスターで通電確認をすれば完成です。

 

 

横からの図です。

メンテナンス性とフォーク抜き輪行時のフォーク着脱を容易にするために接点の出っ張りを最小限に抑えています。

 

 

カーボンブラシは基本的にフレーム制作時にオーダーするもので後付け加工が困難でしたが、グランボアでは後付け加工が可能です。

電装でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

大介店長

随分お待たせしていましたジルベルトゥのバックミラーが再入荷してまいりましたのでお知らせします。付けていることを感じさせない、小ぶりでスタイリッシュなミラー。今回は少しまとまった数を入れましたのでしばらくは在庫切れにならないでいけるかな。。。でも、いざ、欲しいときには切れてたりするんですよね。。イデアルのサドルもナチュラルソフトはしばらく在庫状態だったんですが、今はナチュラルソフトだけが欠品中です。欲しい方とうまくタイミングが合いますように。

 

 

そして、こちらもサイズが合えばお買い得品。とても小さなサイズのデモンターブルです。ほとんど乗られていない、良品ですよ。デモンタでこのサイズ、しかもエルゴレバー仕様は既製品ではまずありませんからオーダーをお考えの小柄な方にはまたと無いニュース!

是非、ご検討ください!

つちやはるみ

エンド幅120mmまたは126mmのフレームをお使いの方へ。

グランボアのラージのリアハブ36Hの在庫が乏しく、大変ご迷惑をおかけしています。。。

 

ですが、先日納品させていただいたホィールで裏技を使いました。お気づきでしょうか???

 

実は、グランボアのスモールフランジハブを使って5速・6速用の120mmハブをご用意したのです!

通常、リアエンド幅が120mm、126mmのハブはラージフランジのみラインナップしていますが、今回の経験よりオーダーをいただきましたらスモールフランジハブでもご用意する事が可能となりました。ただし、ラージハブを組み替えて、そのパーツを使う必要があるのでダストキャップは赤色になります(もともとスモールハブにはシルバーのダストキャップが付いています)。
費用はリアハブ本体代+1,500円(組換工賃/ダストキャップ代金含む)です。画像の車輪のように、フロントハブもダストキャップの色をリアと揃えて赤色にされたい場合は、ダストキャップ代金も含め1,000円にて承ります。(価格は全て税別です。)

 

イレギュラー商品ですのでオンラインストアには表示されていませんが、メールお電話、Faxでオーダー受付しています。古いイタリアンレーサーをお使いの方や、スモールハブを使って軽量ホィールにしたいとお考えの方はぜひご利用ください!

なっぱ

サイクルグランボアの通信販売をご愛用いただいている皆様へ。
 
 
5月より、運送会社さんの送料の料金体系変更に伴い(日本郵便・ヤマト運輸ともに)、通販(オンラインストア・メール・FAX・お電話)でのご注文にかかる送料の料金体系を変更する事となりました。と、言いますのも残念ながら日本郵便さんのゆうパックの料金が大幅な値上げとなってしまったのです。さらに、今まで安価な送料でブレーキパーツなどの小物を発送することのできていたクロネコメール便での商品の発送ができなくなり、小物の発送も一律ネコポスを利用しなければならなくなってしまいました。
 
 
こういった事情で、やむなく送料を見直しすることとなったのですが、どうせなら単純な値上げではなく、よりお買い物をお楽しみいただけるようにするためにと考え、今までの通販ではわかりにくかったサイズ・地域別送料を全国一律料金とすることにいたしました。
具体的には、今まではご注文を頂いた後にお買い上げいただいた商品サイズとお送り先によって異なる送料を当店より個々にご案内していましたが、これからは地域や商品による区別をせず、日本全国一律の送料といたします。送料が一律になることで、お客様ご自身でもご注文の総額が分かりやすくなり、また、中には以前よりお得にお買い物していただける場合もあるかと思われます。もちろん、通販スタート以来ずっと続けているグランボアタイヤの送料無料サービスはそのままです。旅先で急きょタイヤが必要になった!というときにもぜひ頼ってくださいね。
 
ただし、お買上げ合計金額10,000円以上で送料無料とさせて頂いてましたが、こちらを20,000円以上と変更させて頂きます。急なお話ですので、ゴールデンウィーク明けの5月7日ご注文分から料金体系を移行いたします。どうぞご理解下さいますようお願い致します。
 
 

***
 
 
~~~5月7日より、通販の送料が以下のように変わります~~~

 
■ 送料について
・送料は日本全国一律500円です(ゆうパックで発送できるサイズまで)。
・ショッピングサイト掲載中の商品20,000円以上(税別)のご注文またはグランボアタイヤ1本以上のお買い上げで国内送料無料となります。
 
 
【ご注意】
・完成車、ショッピングサイトに掲載のない商品、大型商品(発送サイズが170cmを超える場合)の送料は例外です。別途送料をご連絡します。
・ホィール組など工賃の発生するオーダーの場合、工賃は商品代金に含まれません。
 
 
***

なっぱ

1 2 3 4 5 6 68

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop