アイズの独り言>

2017.09.23

輪行いろいろ

さわやかな秋晴れに恵まれている京都。自転車で出かけるには絶好の日和です。

お店も今日は朝からちょっと賑やかですよ。オーダーのご相談に来られたり、納車があったり、輪行の講習に来られたり。その傍らで次に納車予定の自転車の組立作業も行われています。

 

 

 

 

こちらは先日納車したIさんのARAYAのツーリストの輪行姿。

 

Iさんはご友人から譲り受けたARAYAのフェデラルでツーリングを楽しまれていましたが、もう少しランクを上げたいとツーリストを選ばれました。ただ、このモデルはコストパフォーマンスは非常に良いのですが、輪行するとなるといろいろ難点があります。おまけにIサンのご希望でブレーキに補助レバー、後ろにはキャンピー。輪行には更に厄介な仕様となっていたのです。

どうしようか。。とスタッフ皆で考えていましたが、グランボアでは泥除けの脱着を簡便にするER加工を施し、ハンドルを曲げずに収容できるMARUTOの輪行袋での輪行をおススメしました。女性でも簡単に、比較的コンパクトに収容できましたよ。

 

という風に、輪行の方法はちょっとした事で人それぞれ違ってくるものです。同じ車種であっても違う袋を使うだけでやり方は変わります。使う交通手段によっても変わります。臨機応変に自分と自転車に合ったやり方を見つけてくださいね。

 

こちらは先日チョコがトライしたER輪行ビデオです。

同じER輪行でも昨年の夏に製作した大介店長主演のものとはまた袋が違いますので収容方法が異なります。

最後にチョコらしいオチもありますよ。是非ご覧下さい。

 

せっかちな方はフェイスブックインスタグラムをご覧下さい。オチはカットされていますが、10倍速でご覧いただけます。(^^)

 

つちやはるみ

2017.09.17

お知らせ

折角の3連休ですが全国的に台風が心配な週末。皆様、備えは万全でしょうか?

本日、アイズは通常通り営業の予定ですが、東京で開催されるTOMに出席するため親方はすでに出発しました。と言うわけで今日は親方不在です。店長と専務、チョコで開店予定ですが状況によっては早仕舞いさせていただきます。本日ご用の方はお早めにご来店くださいませ。

そして、「TOEI owners meeting 20周年」おめでとうございます。

つちやはるみ

雨が降りそうで降らなかった京都。蒸し暑いです。。。

今日はそんな中、思わぬお届け物をいただきました。

いわゆる高校生のT君がアイズに通い始めてそろそろ1年。1台の中古のランドナーを少しづつキレイにする作業がこの夏めでたく完了したのです。Tくんは早速その自転車でツーリングに出かけ、旅の最終目的地(別府)でお土産を送ってくれました。T君が通う学校のカリキュラムのひとつの「労働体験」として自ら選んでアイズに通い始めたわけですが、同年代の多くが大学受験の為に費やしたであろうこの夏、ちょと違う過ごし方だけどこの経験はT君にとっても先の人生の一つの柱になればいいな。そう願っています。

ありがとうね。Tくん。

つちやはるみ

まずは、グランボア スペシャルジャージご予約いただいたお客様へ

コンクールが終わって早一月、大変長らくお待たせしてしまい本当にに申し訳ありません。ヨーロッパの夏のバカンスと重なってしまったこともあり、想像以上に遅れてしまいました。ルイゾンボベの担当者からもやきもきしている感じは伝わってきているのですが、彼らにとってもなかなか思うようにならない状況のようです。ただ、もう間も無く入荷する予定ではあります。恐れ入りますが、今しばらくお待ち下さいますようお願い申し上げます。入荷次第、順次発送させていただきます。

 

そして、今日は別のものが入荷してまいりました。

長らく欠品していましたテクトロのオポジットレバーやコンクール用にスケルトン加工のベースとなったリアメカ、マイクロシフトのR47、ヨシガイのブレーキレバー202Qなど。お待たせしました。

あと、AサイズからBサイズに組みなおしたデモンターブルもお値打ち価格でただ今アップされました。オーバーホール済ですのですぐ乗っていただけます。サイズが合う方、お買い得です!

 

 

 

 

雨の週末となっています京都、不快指数200%+。。。

ですが、アイズバイシクルは元気に営業していますよ! それに、店舗前の自転車置き場付近の庇部に、今年はツバメが巣造りに成功しています。(去年はカラスに落とされてしまいました。。) 今まさしく子育て真っ最中で、チーチーと賑やかです。ただし、彼らからの「落し物」が時々ありますのでご来店の折には、是非、頭の上も気をつけてくださいね。。

つちやはるみ

アイズの工房では、一緒に働いているにもかかわらず驚くことが時々あります。今日も驚いたことがひとつありました。これです。


これはグランボアの新製品、イタリアンフェンダーGB700IT-Vのモチーフとなったオリジナルのチネリの泥除けです。よくご覧になりますと、リベットの形が先端と真ん中で異なっていることに気づかれますでしょうか。先端部分のリベットは丸みのある頭の形を、真ん中のリベットは先端部分のリベットよりも頭の形が平らになっています。
 
 
リベットは、穴のあいた部材に差込み、反対側から胴体部分を叩いて広げ(これを「かしめる」と言います)、部材を固定するために使います。ディテールにこだわることが大事!というのは親方の言葉ですが、オリジナルに限りなく近づけるため、このリベットにもグランボアのこだわりが凝縮されています。
 
 
どういうことかというと。。

元々の形(右端)から、使う部位に合うようにリベットの頭の部分を削って作り直しているんです(中央、左端)。しかも、削り具合を変えてリベットを2種類に作り直しているとのこと・・・!!!
 
 
 
そんなグランボアのイタリアンフェンダー、こだわりのリベットがこちらです。


 
 
 
このリベットはスタッフのチョコ君がすべて削ったそうです。「まず一種類作って、あぁ~ぜんぶ終わったと思ったときにもう一種類作ることが分かってびっくりしました!」と語ってくれました。また、泥除けを裏側から見たときもきれいなように、専用の当て金具を用意してひとつひとつかしめています。かしめる係はスタッフのたくみ君。泥除けのアールに沿わせてリベットをかしめるのは難しかったそうです。


お客さまの大事な愛車のために作るのだから、どこまでも忠実に復刻したいとの思いを持って製作しています。グランボアのディテールへの大きなこだわり、ぜひ多くの方に実物をご覧いただきたいと思います。
 
制作秘話は一話で完結する予定だったのですが、記事を書くためにこの泥除けのこだわりポイントを親方やメカニックのスタッフに聞きにいくと、溢れるようにたくさんの話を聞かせてもらいましたので、第2話に続けようと思います!
 
 
 
***

そして本日、32Aルナールのエキストラレジェが入荷しました!32Aのタイヤはこれまでスタンダードしか製作しておりませんでしたが、サイクリストの皆様からのご要望がとても多く、今年初めて製作に至りました。今年はゴールデンウィークまでにすべてのエキストラレジェタイヤが揃いました。この機会にぜひエキストラレジェの走り心地を試してみてください!

なっぱ

1 2 3 4 5 6 96

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop