アイズの独り言

先週末2日間、東京北の丸公園内科学技術館で開催された2018ハンドメイドバイシクル展に出展してきました。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。
グランボアの出展は昨年に続き今年で2回目。昨年は親方1号車とモディファイした無線変速デモンタブルの展示でしたが、今年は親方製フレームの完成車3台の展示でした。自転車の細部まで熱心にご覧いただくお客様が多く、大盛況の2日間でした。

軽量なコンクールマシンの普及版として設定されたフロントシングルの軽キャンピング車は、通常のグランボアタイプERと同様に輪行ができるようにパニアキャリアが設計されています。

こちらの700Cスポルティーフはハンドメイドバイシクル展直前に完成した親方製初のラグフレームです。ラグの仕上げやリアのバッグサポーター、そしてクラウンから製作した22mmの丸ホークが注目されていました。

そしてこちらは完成車重量9.07㎏、グランボアコンクールマシン2017。現物を始めてご覧になられた方も多かったと思います。

コンクールマシンを持ち上げてその重量に驚かれたり、穴あきベルに驚かれる方からフレームに関して非常にコアな質問をされる方まで、年代問わず沢山の方とお話が出来ました。また、今年の展示車両3台のうち2台がフロントシングルランドナー。ツーリングにおけるフロントシングルの使い勝手や有効性など様々なご質問、ご意見をいただきました。

 

京都のアイズバイシクルから遠方の方にもフレームの細部や各種製品を手に取ってご確認いただいたり、ビルダーである親方と直接お話ができるのはハンドメイドバイシクル展ならではですね。

 

 

年々勢いを増しているハンドメイドバイシクル展ですが、今年は過去最高の50社が出展。会場ではグランボアのようなトラディショナルスタイルからモダンな最新規格を盛り込んだ自転車まで、多様な自転車を目にすることが出来ました。2日目の午後に行われた東叡社山田社長によるトークショーはベテランサイクリストのみならず、ランドナーという言葉に興味を持った若い世代のサイクリストにも興味深い内容だったと思います。

 

 

 

 

そういえばハンドメイドバイシクル展会場で50部限定配布をおこなった2018年版カタログ、アイズバイシクル店頭と
オンラインショッピングで配布が始まっています。会場で展示していた自転車の紹介もありますの
でチェックしてみてください。


業者の方向けですが浅草で24~25日に開催中のサイクルパーツ合同展示会に出展しています。こちらのほうもどうぞよろしくお願いします。

まえの


1月、サイクルグランボアは東京へ行きます。もう今週末!みなさまぜひ遊びに来てください!

【ハンドメイドバイシクル展】

開催日時 1月20日(土)・21日(日) 9時30分~16時50分
開催場所  科学技術館 1F催物場入場無料


今年はおよそ50社の参加があるそうです!ちょうど展示期間中の自転車文化センターのテーマ展示も面白そうですね。

2017年に初出展をしたグランボア。今年は3台の親方フレームによるグランボアのランドナーを持っていきます。展示会のテーマは、多種多様の粋。グランボアが考える粋な自転車の傍で、これからのランドナーについて語りませんか?グランボアブースでは親方とチョコ君がお待ちしています!

そうそう、ハンドメイドバイシクル展にはどこよりも早く出来上がったばかりのコチラもお持ちいたします!
専務謹製2018年カタログ!第一版は限定50部にて展示会でのみお渡しになります。通販ご利用のお客様はもうしばらくお待ちください~!

京都のアイズバイシクルも通常営業しています。東京でも、京都でも、お会いできますのを楽しみにしています!

なっぱ


先週日曜日の新春朝サイクリング、寒いなかご参加ありがとうございました!

 
 
土曜日の夜から雪が降り始めた京都市内。「行く予定だった舟山は路面凍結の心配もあるので断念しよう。でもせっかく雪が積もっている日に自転車に乗ることなんてほとんど無いし、せっかくなのでどこか行きたいな。」ということで距離も短い京見峠へ向かって、行けるところまで行ってみようかということになりました。

京都北山への玄関口のひとつ、鷹峯。この時点でもう景色がいつもと違ってわくわくします。

京見峠は京都市内からのアクセスが良いので、京都のサイクリストにとってはお馴染みの峠。ですが、雪が積もっているだけで、どこか遠くへ来たみたいです。車の通らない旧道はところどころ雪が残っていて、まるで雪国のよう。風も無く、思っていたほど寒くもなくて、絶好のサイクリング日和でした。


 
 
チョコ君が新色のルイゾンボベ グラモン55を着て走っていたのでモデルをしてもらいました。裏起毛の中間着、こんなシーンにぴったりです。

 
 
途中、タイヤが滑りそうで怖いなと思うところは自転車を降りて歩いたりしながら、京見茶屋(今は営業しておらず、建屋が残っているだけ)のところまでゆっくりペースで片道一時間半。帰りはおよそ1時間でアイズバイシクルに到着。たった3時間ほどですが、気分が切り替わって清々しい一日の始まりになりました。

 
 
来月の朝サイは2月11日に開催します。みなさまぜひお楽しみに!

なっぱ


いよいよ今週日曜日は新春朝サイクリング!新春らしく、展望のよいところに行きたいと昨年からあたためていたこのコース。およそ3時間という短い時間のなかで、なんとシングルトラックに担ぎありと、とってもランドナーらしいコースなんですよ。未舗装路や山へ走りにいくのが初めての方や、ランドナーの走り方ってどんなの???という方にこそお勧めしたいコースです。ご参加お待ちしています!
なお、この日はアイズスタッフみんなで朝サイに出かけますので、京都のアイズバイシクルは13時オープンとなります。
 
 
 
【1月の朝サイ 新春サイクリング】
 
集合日時:1月14日(日)アイズバイシクル 9時集合
※雨天中止。中止の際は前日にこちらのブログでご案内します。
◆参加ご希望の方は必ずお申し込みください。
◆シングルトラック・担ぎのあるコースです。歩きやすい靴でお越しください。

京都市内を一望できる展望スポット、五山の送り火でも有名な舟山へ行きます。シングルトラック、担ぎありのランドナーらしいコースです。シングルトラックが初めての方こそ、こういった機会にぜひご参加ください。アイズスタッフやベテランのお客様と一緒に走ることで、シングルトラックや担ぎのシーンではどのように自転車を扱えばよいのか知っていただけると思います。コースや自転車、装備にご不安な方は事前にご相談ください。また、グランボアのランドナーのオーダーをご検討中の方には試乗車にお乗りいただくことも可能です。台数に限りがありますので、必ず事前のご連絡をお願いします。
 
私なっぱも行きますので、担ぎにダートなんて不安だとか、スピードについていけないんじゃないかとか、そういった不安は無しで、お気軽にご参加くださいね。スタッフ一同お待ちしています!

なっぱ


2018.01.07

完売御礼

先日ご紹介しましたイデアルのサドルは初回入荷分はすべて完売しました。ご紹介してから丸二日かからずに売れてしまい、あまりの速さにちょっと驚いています。早速、追加で発注していますので間に合わなかった方々は今しばらくお待ちください。ありがとうございます。

 

それにしても、ジルといい、イデアルといい、フランス産の良いサドルの選択肢が増えてとても嬉しいです。

バーテープサドルは自転車に乗るときに直接自分の体に接している数少ないパーツです。少し奮発してでも良いものをお薦めします。

 

 

ところでイデアルのサドルに付属しているこちらのオイル。ほのかに良い香りがして気に入っています。自分の手についてもぜんぜん嫌じゃないですよ。

缶も可愛いですよね。

つちやはるみ


1 2 3 4 5 6 7 8 9 278

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop