アイズの独り言

サイクルグランボアの通信販売をご愛用いただいている皆様へ。
 
 
5月より、運送会社さんの送料の料金体系変更に伴い(日本郵便・ヤマト運輸ともに)、通販(オンラインストア・メール・FAX・お電話)でのご注文にかかる送料の料金体系を変更する事となりました。と、言いますのも残念ながら日本郵便さんのゆうパックの料金が大幅な値上げとなってしまったのです。さらに、今まで安価な送料でブレーキパーツなどの小物を発送することのできていたクロネコメール便での商品の発送ができなくなり、小物の発送も一律ネコポスを利用しなければならなくなってしまいました。
 
 
こういった事情で、やむなく送料を見直しすることとなったのですが、どうせなら単純な値上げではなく、よりお買い物をお楽しみいただけるようにするためにと考え、今までの通販ではわかりにくかったサイズ・地域別送料を全国一律料金とすることにいたしました。
具体的には、今まではご注文を頂いた後にお買い上げいただいた商品サイズとお送り先によって異なる送料を当店より個々にご案内していましたが、これからは地域や商品による区別をせず、日本全国一律の送料といたします。送料が一律になることで、お客様ご自身でもご注文の総額が分かりやすくなり、また、中には以前よりお得にお買い物していただける場合もあるかと思われます。もちろん、通販スタート以来ずっと続けているグランボアタイヤの送料無料サービスはそのままです。旅先で急きょタイヤが必要になった!というときにもぜひ頼ってくださいね。
 
ただし、お買上げ合計金額10,000円以上で送料無料とさせて頂いてましたが、こちらを20,000円以上と変更させて頂きます。急なお話ですので、ゴールデンウィーク明けの5月7日ご注文分から料金体系を移行いたします。どうぞご理解下さいますようお願い致します。
 
 

***
 
 
~~~5月7日より、通販の送料が以下のように変わります~~~

 
■ 送料について
・送料は日本全国一律500円です(ゆうパックで発送できるサイズまで)。
・ショッピングサイト掲載中の商品20,000円以上(税別)のご注文またはグランボアタイヤ1本以上のお買い上げで国内送料無料となります。
 
 
【ご注意】
・完成車、ショッピングサイトに掲載のない商品、大型商品(発送サイズが170cmを超える場合)の送料は例外です。別途送料をご連絡します。
・ホィール組など工賃の発生するオーダーの場合、工賃は商品代金に含まれません。
 
 
***

なっぱ


自転車通勤中に目に飛び込んでくる景色の色が毎日少しずつ鮮やかになってきています。昨日と今日の自分はなにも違わないのに、なんだか今までやったことのない新しいことをしたくなるので不思議です。私がはじめてランドナーに乗ったのも新緑のころだったなぁなんてことを思い出しながら今朝も35分ランドナーで走って出勤してきました(エキュルイユのおかげで通勤時間が5分も短縮されてゴキゲンです♪)。
 
 
 
今まで気になっていた新しいことをしてみたい方もいらっしゃると思います。それが自転車旅やサイクリング、ランドナーだという方、アイズバイシクルへ飛び込んできてください!そして、どんなふうにランドナーを楽しみたいのか、あなたのお話を聞かせてください。

 
 
それは、この自転車で○○へ行きたい、という具体的なものでなくてもいいんです。
日帰りサイクリングがしたい、毎日の通勤で乗って休日にお散歩サイクリングしたい、自転車でキャンプに行きたい、速い走り方が良い、ダートの走りを楽しみたい、峠を攻めたい、輪行したい、体力には自信があるからがつがつ走りたい、脚力がなくても必死にならないくらいでマイペースに走りたいなど、もし自分がランドナーに乗ったら・・・という姿を想像して、それを聞かせてほしいのです。そんなお話を聞くのはスタッフだってわくわくします。
 
 
そして、オーナーさまそれぞれに異なる「どんなふうに自転車に乗りたいか」は、ランドナーのスペックを決めるためのすごく大事な要素になるんです。
グランボアのランドナーは完成した自転車を売っているのではなく、オーナーさまに合わせて一台一台構成を考え製作します。どんな自転車を作っていこうか一緒にお話しながら考えて、オーナーさまにとって一生の相棒となる自転車を作りたいと考えています。だから、オーダーの中身をぜんぶ決めてご来店いただく必要はありません。迷っているところ、分からないところも含めてお話ください。
オーナーさまが悩んで決められたフレームの色の、ほんの一例を店頭に置いています。グランボアのランドナーはフレームの色も自由。オーダーの際にはみなさん楽しみながら、ものすごく時間をかけて悩まれているんですよ。
 
 
このブログを読んでくださっている方は、きっとすでにランドナーがどんな格好の自転車で、なにが得意なのかもご存知の方がほとんどだとは思いますが、もし「ランドナーで走るって、どういう感じなんだろう?」とか「ランドナーの雰囲気が好きだけど、乗ったことがないからまずは走行感が知りたい」とか「ランドナーがほしい。自分に合うものを選びたい」という方は、ご来店の際に気兼ねなくスタッフまでお声かけください。そして試乗してみてください。
 
 
はじめてのランドナーをお考えの方、まずは気軽にお話しましょう。マニアックで少しシャイなアイズスタッフがいつでも歓迎いたします!
そしてもちろん、マニアックなオーダーやレストアをお考えの方もぜひたっぷり時間をとっておいでください。親方は、5月1日(火)・2日(水)を除いて、ゴールデンウィーク中ずっとアイズバイシクルにおります。ゴールデンウィーク、皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

 
 
—————
 
 
【ゴールデンウィークの営業日】

~4/28(土)通常営業
4/29(日・祝)アイズバイシクルお休み/コッパデカンビオバケッタ
4/30(月)~ 通常営業
5/13(日)アイズの朝サイ

※営業日カレンダーはこちら
 
 
4月29日(日・祝)はお休みをいただき、毎年恒例コッパデカンビオバケッタを開催します!出場・観戦ご希望の方は必ず明日27日(金)までにお申し込みください。仕出しのお弁当をご希望の方も、お申し込みの際にご予約ください。今年のレースの行方はいかに!楽しみです!

なっぱ


「くりねずみ」じゃないですよ。「リス」です。

仏蘭西語でEcureuil-エキュルイユ、新しいグランボアのタイヤの名前です。

スミマセンねぇ。いつもいつも憶えにくい名前で。。。特に今回は私たちスタッフもエキュ、、何だったっけ。。という具合に実はまだまだ混乱しています。それでも、あえてその名前にしたのは、リスはその体に見合わない大きな尻尾を持つにもかかわらず、身のこなしはとても軽く、すばしっこい森の生き物。このタイヤも38Bという太目のタイヤにもかかわらず「超軽量」という、今回のタイヤのコンセプトににピッタリだったからです。それに、3月にフランスに出かけたときに相談したサンジェのオリビエのお墨付きもありました。「森には必ずいるし、フランスではとても良いイメージだよ」と。

そうなんです。グランボアのパンフレットにも必ずリスは登場しますから!

 

覚えてもらえそうもないのでラベルにもリスのイラスト入

 

とにかく、これまでのグランボアのタイヤも軽い仕上がりなのですが、エキュルイユはダントツ。なんと、1本240g (+-5%) !!! この重さはグランボアのタイヤで言うと23C-26Cクラス。

ということは。。。

シプレ32B Extra Leger

 

 

エキュルイユ 38B Extra Leger

 

650Bでは最軽量となりました!!

さすがにトレッド部も薄くてダートには不向きですが、4月の初めに出来上がってきてスタッフ皆で使っていますが、誰もパンクは一度もなし。なっぱは通勤で使っていて、エキュルイユ以前と比べると通勤時間は確実に5分は短縮されたと大喜び!

確かに緩い上り坂はスピードが落ちず、その軽さを実感します。皆様も是非体感してみて!

 

このタイヤとダブルアイレット化したパピヨンの28HグランボアのSFQRのハブで組上げたホィールは軽くて剛性のある良いホィールになるでしょうね。早く誰かオーダーくれないかな。ただし、ショッピングサイトはすでにアップしてありますが、ホィール組の見積もりフォームはまだエキュルイユは選択肢としてラインナップされていませんのでご注意ください。

 

それと、エキュルイユはそのタイヤの特性からエキストラレジェが標準仕様となります。他のラインナップにあるスタンダードモデルは製作しませんのでご注意ください。という事は年に1度きりの生産で、その年の分が完売しましたら次の春までお待ちいただくこととなります。

 

そうそう、今年のエキストラレジェ、すべて入荷してまいりました。ご要望の多かった黒の32B36Bもご用意できています。

お待たせしました!

つちやはるみ


タンデムラリーが終わったところですが、早速4月ふたつ目のイベント「棒式変速機優勝杯 Coppa del Cambio Bacchetta」のお知らせです!今年も例年通り、昭和の日に開催!数えてみるともう2週間後なんですよ。

【Coppa del Cambio Bacchetta 2018】

4月29日(日・祝)10時集合
★参加をご希望の方は4/27(金)までにアイズバイシクルまでお申し込みください。折り返しのメールで詳細をお知らせします。観戦したいという方も歓迎!
★近隣にコンビニ等はございませんので昼食は各自お持ちください。または、仕出しのお弁当をお取りすることもできます。ご希望の方はお申し込み時にご予約ください。

新チャンピオンが誕生した昨年のコッパ。今年はニューカマーの参戦があるかも・・・ということで、ますますレースの予測がつきません。2018年棒式変速機優勝杯の行方は如何に!参戦お待ちしております!

なっぱ


日曜日は第5回タンデム学会でした。こんなにたくさんの方にお集りいただきました!ご参加いただきありがとうございました!今回、過去最大の15台ものタンデムが集まりました。ソロの方もあわせて総勢45名(ぐらい)!


 
 
開催場所は滋賀県。4月にタンデム走行が解禁されたばかりということで、タンデム解禁記念ラリーとなりました。どこまでもまっすぐな道や広い空というのは開放感があって良いですね。




 
 
 
大所帯につき、こんなシーンも。
渋滞中~~~~!
 
 
 
・・・?宙を舞うタンデム???

 
 
車止めを乗り越えていたのでした。


 
 
 
今回、はじめてタンデムでご参加いただいたペアが4組もいらっしゃいました!
 
 
和歌山県から来てくださったKさまご夫妻。2018年のハンドメイドバイシクル展でショーモデルとなったTOEI製のタンデムです。お揃いのグランボアジャージでご参加、とっても嬉しかったです!

素敵な笑顔をありがとうございます!
 
 
大阪からお越しのKさま親子。お父様手作りのBSワンタッチピクニカ改造のタンデムで参加いただきました。もちろん折りたたみもワンタッチでできるように作られていました!

小さな車輪ですが、走ってるスピードとても速かったです!
 
 
大阪からお越しのOさまご夫妻も組み上がったばかりのタンデムでご参加くださいました。奥様は今までタンデムどころかツーリング自転車の経験もなかったというお話をお聞きしてびっくりしました。

祝解禁!
 
 
同じく大阪から来てくださったHさまご夫妻。なんとタンデムを作るきっかけになったのが、1年前のタンデムラリーだったとか・・・!?

今までもソロでツーリングを楽しまれているお二人ですので、はじめてのタンデムでもとてもリラックスされて楽しまれている様子が伝わりました!
 
 
そして、毎度お馴染みのようにタンデム学会では男性ペアが1組いらっしゃるのですが、今回のペアは常連NさんKさん。

参加申し込みのときには「こわ~~~い」とメールをくださっていましたが、、、息の合ったタンデムペアでした!
 
 
 
 
お昼ごはんは河川敷でお弁当。

 
 
最年少Yくん。分岐係をしてくれています。
Yくんありがとうね!
 
 
Yさん親子ペアは、前回の淡路島でのタンデムラリーに続き2回目のご参加です。ストーカのAちゃんが、お父さんと乗るタンデムが楽しい、と話してくれました。

 
 
滋賀のベテランサイクリストの方にご紹介いただいたこのコースは、勾配もなくフラットで舗装された川沿いの道を進んでいきますので、タンデムやツーリングがはじめての方にとてもおすすめのコースです。残念ながら今年はタイミングが合いませんでしたが、桜並木が続く川沿いの道はお花見サイクリングにぴったりですよ。もちろん桜がなくても気持ち良いところでした。



 
 
行程図はこちら。ご紹介いただいたMさん、ありがとうございました!

 
 
 
 
2016年に京都府でのタンデム走行を記念して始まった京都タンデム学会。第1回目の開催に集まったタンデムは6台でした。タンデムでご参加してくださる方が、まさか2年でこんなにもたくさんになるなんて。そしてソロの方もタンデムの方も、一緒にサイクリングを楽しめるようなイベントになるなんて。きっとこれからもタンデムで走ることのできる都道府県は増えていくでしょうし、このタンデム学会が誰かのタンデム記念日になるようなきっかけになれば嬉しいなと思います。
次のタンデム学会まで待ち遠しいですね。みなさま、また秋もよろしくお願いします!
 
 

なっぱ


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 283

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop