グランボアが目指すもの

アルミやカーボン素材によって作られる現代の自転車は軽さと合成を両立した機材としての自転車の理想を高いレベルで実現したものになっています。しかし、そうした最新技術の結晶ともいえる自転車づくりが主流になっていく過程で多くのものが失われてきました。

かつて自転車は職人が一台一台丁寧に作り上げてゆく工芸品でした。職人によって作りこまれた自転車は、時代を超えていつまでも輝き続けます。使い捨てを見直すべき今だからこそ、これからの時代に必要とされる自転車のスタイルとして、古き良き時代のモノづくりの心を持った自転車「グランボア」を私たちは提案します。

グランボアでは多くの経験を重ねてご注文の細部にまでこだわりを持って作り上げるフルオーダーによるグランボアと、ロードバイクやマウンテンバイクに飽きたらず本当のツーリングを楽しみたいサイクリストのために用意したセミオーダーのグランボアがございます。

GRAND BOIS とは、フランス語で【グランボア】と発音します。
「大きな森」を意味するこの語は、フランスのサンテチェンヌ
という街の小さな峠の名前でもあります。

1800年代末、自転車の変速機を発明したポール・ビビ(Paul de Vivie)
通称(Velocio)という「自転車業界の父」と呼ばれた
偉人の碑が、今もその峠にあります。

グランボアが目指すもの

1960年代から70年代にかけての自転車界における「黄金時代」。

今ではほとんど見かけることのなくなった
「美しい」「趣のある」自転車の礎を築いた偉人縁の地を、
敬意と憧れをこめて私たちの自転車のブランド名としています。

Back Pagetop