ハブ / hub

ラージフランジハブ

LFQRpair

グランボアのハブはアルミ鍛造のカセットタイプです。ラージフランジハブには丈夫なクロモリシャフトと国産のシールドベアリングを特別に採用しています。サイズはフロントハブのオーバーロックナット寸法が100mm。リアハブは130mmで、対応カセットはシマノタイプが8速~10速まで、カンパ用は9速~11速となります。
130mmリアハブは、カセットを取り付けるフリー体をシマノ⇔カンパで入れ替えることが可能です。コンポーネントを変更してもホィールをそのまま使うことができるのです。

 
 

【120mm・126mmのリアハブ】
LFQR130-120

枯渇してしまったボスフリーホイールの問題を解決するために、エンド幅120mm・126mmのラージフランジハブを製作しました。通常の130mm幅のカセットハブのフリー体を10mm縮めることにより、8速カセットから2枚外したカセットを使用できます。カセットは、シマノ用7速・8速用のカセットを5速または6速でご使用いただけるようにご用意しています。

 

6速仕様では、シマノ準拠の8Sインデックスのシフトレバーとシマノ対応リアディレイラーの組み合わせにてシンクロします。

gb120_1

 

5速仕様では、1枚スプロケットを少なくし、1mm厚のカセット用スペーサーを各歯間とローギアとフリーボディの間に追加することによって5Sでもご使用になれます。この場合はインデックスには対応いたしません。フリクションモードでのご使用となります。
gb120_3
 
 

スモールフランジハブ

軽量化のため、アルミシャフトを採用しています。サイズはフロントハブのオーバーロックナット寸法が100mm。リアハブは130mmで、対応カセットはシマノタイプが8速~10速まで、カンパ用は9速~11速となります。
リアハブは、カセットを取り付けるフリー体をシマノ⇔カンパで入れ替えることが可能です。コンポーネントを変更してもホィールをそのまま使うことができるのです。

SFQRpair

ハブ / hubについてのコラム

2014.06.21

グランボアハブのカセットボディ入れ替え

1.5mm六角レンチと17mmの薄口スパナ(厚さ3mm以下)

hubi_01

2.中空芯の左側に5mmの六角レンチを差し込み、17mmのスパナで右ロックナットを緩めます。

hubi_02

3.カセットボディが外れますが、パーツ①の筒がカセットボディの内部にくっついて外れる場合がありますのでご注意ください。②のゴムシールの向きにもご注意ください。

hubi_03

4.カセットボディの外側シールの中に1mm厚のワッシャー③が入っていますので取り出してください。シマノへ変更の場合はこのワッシャーを左のロックナットとダストキャップの間に入れます。②のゴムシールは交換用カセットボディにも付属していますので二重にならぬようご注意ください。

hubi_04

親方

Back Pagetop