レストア技術のご紹介

タンデムには前後2つのボトムブラケットがあります。そしてキャプテンとストーカを繋ぐチェンのテンションをとるためにエキセントリックハンガーという仕掛けが使用されています。一方のBBを大き目に作られたハンガーの中で回転させて前後に位置をずらしてチェンの長さにアジャストする仕掛けです。
このフレームの場合キャプテン側のBBにその仕掛けがついていて、エキセンハンガー本体だけが残されていました。勿論このハンガーはエルスオリジナルのSKF製シールドベアリング仕様で、ボトムブラケットも専用になります。

DSC01023

まずはエルスオリジナルの50年代タンデムクランクセットをイーベイを通じて確保しました。

P1150560

これに対応するBBですが、キャプテン側はレストア用のストックからトリプルに使える120mmのセットを確保しました。

P1150554

問題はストーカ用のシャフトです。これは作るしかありません。運よく店のストックにストロングライトのタンデム用の134mmのシャフトがありました。これを普通のワンを使ってガムテープでストーカ側のハンガーに固定します。そしてキャプテン側にもBBとチェンホイールを取り付けて、チェンにストーカの右クランクが支障しないことを確認してからシャフト寸法を決定しました。このストロングライトのシャフトとエルスのオリジナルシャフトを見本にして、昔からお世話になっている加工屋さんへ外注しました。

P1150351

加工の途中でシャフトを持ってきてもらい、現品クランクとのテーパーの嵌め合いを確認します。入りが浅かったのでもう少しテーパー部を削ってもらい、最後に焼き入れをしてシャフトは完成しました。

P1150555

ベアリングはフランス製のSKFがまだ入手できます。

これでBBはOK。

親方


Back Pagetop