レストア技術のご紹介

2014.07.06

スペックは

フレームナンバー12550。この50年代のエルスのタンデムフレームを完成車の状態に戻すとなると、パーツ構成はおのずと決まってしまいます。

tandem_scan

ヘッド小物      ストロングライト タンデム
ボトムブラケット   ルネエルス タンデム
チェンホイール    ルネエルス 旧型 タンデム
ハブ           マキシカー タンデム グランフランジ
リム           グランボア パピヨンビンテージ 650B
ウィングナット      ベル
タイヤ          グランボア 650×42B
フリーホイール      モエン 5V
リアディレイラー     シクロ ランドナー 5V
フロントディレイラー ルネエルス ロッド式
チェンジレバー      ルネエルス
チェン        レノルド
ペダル        リオター 460D
ブレーキアーチ    ルネエルス
ブレーキレバー    マハック
サドル         イデアル 60 アルミベース
シートピラー      エルスレプリカ
ハンドル        グランボア 平行マースバー
ステム         キャプテン:エルスレプリカ ストーカ:ルネエルス
バーテープ      ニス
マッドガード      本所 H80
ヘッドランプ      JOS 663CV
テールランプ      JOS FCC ウロコ
ダイナモ        JOS TypeS

オーナー様からのご要望を入れて出した見積もりでのパーツ構成はざっと以上のようなことになります。ハンドル・サドルやランプ類はオーナー様の好みですが、主要パーツはほとんどルネエルスのオリジナルパーツです。

ヘッド小物とエキセンのBBシェルだけはついて来ましたが残りのパーツをすべて揃えなければなりません。フレームを入手したときに手元にあったのはオリジナルのカンチアーチだけ、当店のコネクションを通じてそしてebayも使いつつパーツを集め始めました。

親方

« 前の記事:

次の記事: »

Back Pagetop