ブレーキ / Brake

ランドナー用高性能センタープルブレーキ「シュエット」です

3642

タイヤサイズに応じて26から32mm幅用の2632と、36から42mm用の3642があります。

基本的なディメンションはそれぞれフランス・マハック社のレーサーとライドを踏襲して設計しております。
シュエットの2632が、レーサーまたは2000と互換性があります。またトップ63・コンペティション仕様フレームでも2632が取り付け可能です。
3642はライドと互換性があります。またタイガー仕様フレームにも取り付け可能です。

brake_1

マハック・コンペティション仕様フレームへの取り付け例

最大の制動力を得ることと、ランドナー専用であることから直付け専用モデルとして、マハックのようなブレーキホルダーは用意しておりません。

ブレーキアームは6066のジュラルミンの鍛造品です。精密な応力解析に基づいて最適設計されたアームは剛性が高く、強力な制動力を獲得しています。

解析図

フレームへの取り付け部分にはドライスター®という潤滑油を必要としない産業機械用のメタルブッシュを使用しています。基本的に注油は不要ですので、直付台座へのグリスの塗布は防錆程度に軽く行ってください。

break

ブレーキシューは精密鋳造により製作しています。ギロチン取付部の軸は7mmですのでマハックレーサー・ライドにもご使用いただけますが、軸の角度を変更するために叩いたりしますと破損する恐れがありますのでおやめください。ブレーキパッドはKoolstop社のマハック用のサーモンモデルを標準仕様していて最高の制動力を得られます。

ブレーキシュー

必ず矢印を車輪の進行方向に合わせてご使用ください。

新設計のギロチン金具は最大4°のトーイン角を調整できます。すべて精密加工のステンレス製です。

トーイン

スプリングはステンレス製でマハックの形式を踏襲していますが、トーイン機構のためにバネ力を弱めています。マハックのレーサーやライドにグランボアのバネをご使用の時は別売りのストロングタイプのバネをご使用ください。

スプリング

チドリは独特の球形としています。裏面に10mmのスパナと2.5mmの六角レンチでワイヤーを固定できます。

chidoriss

球形のチドリは60年代のマハック社から出ておりました。しかし強化プラスチックで作られていたため、すべて壊れてしまい残存するものはなく幻のチドリでした。グランボアでそれを復元してみました。もちろん割れることのないデュラルミン製です。

表面には日本語でチドリと呼ぶこのパーツの語源となった日本の伝統的な文様の千鳥の図柄をあしらってみました。

chidori chouette
Back Pagetop