アイズの独り言

2020.04.01

最初の大きな波に乗らないで。

今日は曇り、時々雨。

まるでお天気までもが今の日本を憂いているかのように雨が続きます。でも気温は暖かく、美山でも一斉に春の花が咲き始めました。

 

「素」のままの自然が妙に生き生きと見えます。。。

 

 

 

ただ、この雨もどうやら今日が最後のようで、明日以降、しばらくはまた晴れ間が戻るようです。嬉しいような、心配なような。。。お天気が良いとどうしても外に出たくなりますものね。

私たちの身近には今回の感染症に罹患された方はまだいませんが、世界の状況や、大都市の感染者の推移をみていると、これから日本が迎える事態にただならぬ怖さを感じています。重症患者を受け入れるICUや危篤状態の患者を救うためのレスピレーター(人工呼吸器)がケタ違いに必要だとのこと。ホントですか??テレビのコメンテーターなんかは「もっと必要です。」「早く作って準備しないと間に合わない。」なんて言ってる。

えー。。機械だけ作って管理する人はどうするの??

人工呼吸器をつけるって大変なことだよ。

生死の境をさまようってことだよ。

たとえ何とか生還できたとしてもその重篤な肺炎の後遺症を考えるとゾッとします。絶対に軽症の内に対処するべきです。でも、すごい勢いで感染者が増えているのです。ワクチンも特効薬も無い感染症で最終的に力になるのは自分自身の免疫力と体力です。そして、人は必ず誰かとつながっています。自分は運よく軽症で済んでも、その先にいる誰かが生死の境をさまようことになるかもしれません。なので、いずれ罹るとしてもどのタイミングで罹るかはとても重要で、今はどんな人もかかってはダメなのです。

絶対にこの最初の大きな感染の波に乗るべきではありません。(いろんな意味で)

 

 

 

まずはこの1か月は我慢。

買出しで店内にいるのは20分以内。できるだけ「ほしい物」にだけ触れるようにします。店頭に手指消毒剤がおかれいる場合は店内に「入る時」だけでなく、「出る時」にも使わせていただきます。入るときはお店/他の人のため、出るときは自分のため。なので入るとき忘れても、出るときは忘れないで。ただ、手指消毒剤は今なかなか手に入らなくて困っています。アイズではバーテープのニス塗にエタノールを使っていたので大変です。でも、しばらくは仕方ない、ニス塗の方は溶剤を代替品で何とかこなしていきます。

手洗い、うがい、マスク。

手洗いは薬用せっけんがあれば使いますが、無いときは流水でしっかり洗います。ここは神経質にならずこまめに洗うほうが大切かと思います。そして、水けを拭くときには自分専用のハンカチか、ペーパータオルがあれば使います。送風式の水分を飛ばす機械は多くはキチンと掃除がされておらず、「跳ね返り」が必ずあるので使いません。

人と面するときは飛沫を抑えるためにマスクをします。そして、一日の終わりや外出から戻った時には必ずうがいをするようにします。あと、バッグにはのどに直接噴霧するポピドンヨード製剤を携行しているのと、車には一粒づつ包装された梅干を常備しています。梅干しはある種のおまじない。「よし、これでコロナにかからないぞ!」と思って、人混みに出た後に一粒頬張るようにしています。

飲酒は解毒の役割を担っている肝臓を休ませるためにも控えるようにします。まちがっても「アルコール消毒だぁ」なんて言って飲みすぎていたのではいけません。万が一感染した際は体の総力が大切になるのです。

あとはしっかり食べてしっかり寝る。

 

来年の春、みんなでお花見できるよう、頑張りましょう!

(今回は元看護師としての独り言でした。)

つちやはるみ

« 前の記事:

次の記事: »

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop