アイズの独り言>

やっと帰ってきました。

先週の月曜日に出発して、東京での展示会2つに出展し、ようやく昨日お店に戻ることができました。2つの展示会の間に次のJBTに向けての打ち合わせなんかが入ってきてホント盛りだくさんな一週間でした。

 

さて、ハンドメイドバイシクル展にこれなかった方のために展示車両について紹介しますね。

一台は昨年のフランスでのコンクール出展車です。こちらは何度もすでにあちこちで説明させていただいてますので簡単にご紹介。

伝統的なフランス車のトップモデルのようにオールメッキのフレームに最新のパーツを組み合わせたグランボアならではのランドナーです。これでパリブレストパリを完走した前野のゼッケンプレートもそのまま展示しました。

 

 

 

 

 

IDEALE Ti/Al スペシャルモデル

 

 

LEDライトのユニットに入れ替えたシビエの砲弾型ライト、1950年代の製品です。

 

 

親方フレームの特徴的なシートステー部分 + KIMURA TL06A

 

 

ステムトップのライトのスイッチ + 軽量穴開きベル

 

 

 

グランボアのカンチブレーキ「ミラン」も軽量加工してあります。

 

 

 

そして、もう一台はお客様からのご注文のスペシャルな一台。

コンクールモデルとはとても対照的なヴィンテージモデルです。

フレームは持ち込まれたレイノルズ531のパイプを使い、一週間程度のツーリングを想定して製作しています。

 

 

シートステーの集合部分は親方らしくプックリ仕上。伝統的な線引きが更にその特徴と美しさを引き立てます。

 

 

もちろん、フロントフォークの曲げにはこだわりがあります。

 

 

 

キャリア製作は主に伊藤が担当し、すべて工房内で製作しています。

 

 

 

ボリュームのあるヘッドライトはフレームと同色に塗り、専用台座ですっきりとセットしました。

 

 

 

1920年代発売のシクロ変速機。コンクールモデルと比較すると概ね100年の開きがあることに驚きます。自転車のシルエットはほとんど変わらないのですからとても興味深いですよね。前3段、後4段の12段変速、チェーレスト付きで右側はウィングボルトになっていてホィールの脱着も簡便になっています。

 

親方フレーム + 親方謹製スペシャルロット式フロントメカ

 

 

エキセントリックレバーもアイズの工房内で製作したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

もう一台、こちらはセミオーダー用のフレームを展示するために製作したER650ランドナー。

グランボアのカンチブレーキ「ミラン」、チェーンリング「サンクフィーユ」、イデアルサドル、エアロレバー用に溝を入れたフランス型ランドナーバーなどグランボアの製品でまとめています。個人的にはこのアッセンブルが一番使いやすそう。

 

 

 

グランボアではお客様のご要望に合わせてあなただけの一台をお作りしています。

完成車のご相談にはどうぞお気軽に、ただし、あらかじめご予約の上ご来店ください。

よろしくお願いします。

 

つちやはるみ

いよいよ今週末です。

今年は親方と専務で皆様のお越しをお待ちしています。

展示させていただく自転車の他、新しいパンフレットも出来上がっています。今回はツーリングの記事はありませんが、去年の大きのイベントのために製作したJBT号とCdM/PBP号の他、親方フレーム2台と大きなレストア仕事3台ご紹介できました。ハンドメイドバイシクル展ではもちろん、京都のアイズバイシクルでもご来店の方には無料でお渡ししていますので是非ご来店ください。ただし、3の付く平日が定休日のアイズバイシクル、今月は23日がお休みとなりますのでご注意ください。よろしくお願いします。

また、通販のご利用でもカタログがある限り、ご注文の品と一緒にお送りしていますのでどうぞご利用ください。パンフレットのみご希望の方は送料分の200円をご負担いただければお送りさせていただきます。

 

つちやはるみ

いつもは来客も少なくて静かなはずの2月。

ですが、ここ数年は年明けからなんだか落ち着かない仕事に追われています。そう、このハンドメイドバイシクル展に展示する自転車やパンフレットの製作があるのです。毎年、作ったものを発表する場があるのは嬉しいことで、しかも、来場者だけでなく、出展も無料なのですからありがたい。関西から少し遠いですが、今年は過去最高の出展社数を記録しているそうですし、何より日本で始めてのバイクビルダーたちのイベント、ジャパンバイクテクニークのプレ展示も兼ねているので少々遠くても行く価値アリ。是非、多くの方にお越しいただければと思います。

 

 

 

グランボアは今年は2台のランドナーを用意しました。

1台はもちろんJBT用で、チョコのサイズで製作した試作車です。

2017年にフランスで開催されたコンクールマシンに参加した軽量ランドナーを、更にフレーム設計から考え直して製作しました。それに、パーツ構成も見直していますし、新しい試作パーツもいくつかセットアップしています。

 

まだまだ試作の段階で細部の軽量化は手付かずの状態ですが、なんと、車両重量がコンクールモデルの9.07kgをすでに抜いていて9.03kg!鉄ベースのイデアルのサドルを付けてですので本戦用は8kg代は確実に狙えそうです。是非、じかに持ち上げてその軽さを感じてもらえたらと思っています。

 

 

 

 

 

そして、もう一台は極普通の部品で組上げたこちらの700Cランドナー。

 

 

 

だけど、フレームはちょっと凝った作りになっています。

ラグレスの仕上げ、2枚肩のフォーククラウンに23mm径の丸フォーク。

 

クロスドシートステー。

 

25mm径のシートピラー用のシートチューブ。

 

 

28Cと30Cタイヤを使い分けできる設計。

上の完成車画像は28C装着時、こちらは30C装着時です。

 

 

いずれの仕様も、今いただいているそれぞれ別々のお客様からの課題なんです。イロイロ盛り込んで設計と出来上がりの確認をした一台ですが、とても素敵に仕上がりました。こちらも是非じかにご覧いただければと思っています。

 

また、この白い一台はハンドメイドバイシクル展が終わりましたら販売可能です。フレームサイズは芯芯で555mm。サイズの合う方、グランボアが丹精込めた展示会モデルはいかがですか?興味のある方は是非、展示会でお声をおかけください!残念ながら展示会にお越し頂けない方は、ハンドメイドバイシクル展終了後にお問合せいただければと思います。

 

 

 

そして、本日刷り上ったパンフレット。

いつものように、少しだけ内容変わりました。

通販のご利用で無料でお送りします。

つちやはるみ

よく晴れた先週の日曜日は、サイクルフェスタin宝ヶ池へ出店してきました。ブースへお越しくださった皆様、運営スタッフの皆様、ありがとうございます!
京都市の北にある自動車教習所を貸し切って開催される試乗会。毎年ちょうど市内の紅葉が見頃のころに行われるので、赤く染まった木々を借景にして出店。

サイクルフェスタにご来場のお客様はご自身の自転車に乗って試乗会会場までお越しになる方が大半。ふだんロードやクロス、マウンテンバイクなどランドナー以外の自転車を楽しまれているお客様に「もっと重いと思ってた!」とか「もっと長く乗ってみたくなる」と嬉しいお言葉をいただきました。ランドナーの乗り味が忘れられない!という方はぜひ、アイズの朝サイにご参加ください。峠道でたっぷりランドナーに試乗してもらうことができますよ。
12月の朝サイは第二日曜日を予定しています。詳細はまた後日こちらでお知らせします。年内最後の朝サイクリング、ぜひご予定を空けておいてくださると嬉しいです。
 
 

***

 
 
さて、待望の38Bのエキストラレジェタイヤがやっと出来上がりました!
年に一度、春だけの限定生産であるエキストラレジェタイヤ。この38Bエキュルイユも同じく限定生産品なのですが、あまりにも一瞬で完売になってしまったため、もう無いの!?とがっかりさせてしまうこともしばしば。。そんなお声にお答えすべく、年内に再生産する準備を進めていたのでした。ただ今よりオンラインストアからもご注文いただけます、お待たせしました!
 
 
650Bなのに重量はこれだけ!(グランボアの700x26Cと同じくらいの重さなんです!)
 
私も太めのタイヤが好きなので、このエキュルイユを気に入って使っていますが、乗り心地はまるでスキーで雪の上を滑っているかのよう。最初はこんな薄いタイヤ大丈夫かな。。とも思ったのですが、使ってみると足元は軽やかで安定感があり、路肩の段差や砂利道も気にせず走ることが出来ています。しかも、いつも通りのペースで通勤40分⇒35分と5分も短縮されているので驚きました。6ヶ月毎日使って、パンクも未経験。なんともありがたいタイヤです(朝の5分は貴重なので!)。
650Bに乗っていて、走りを軽くしたい方、ぜひお試しください!

なっぱ

先週末2日間、東京北の丸公園内科学技術館で開催された2018ハンドメイドバイシクル展に出展してきました。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。
グランボアの出展は昨年に続き今年で2回目。昨年は親方1号車とモディファイした無線変速デモンタブルの展示でしたが、今年は親方製フレームの完成車3台の展示でした。自転車の細部まで熱心にご覧いただくお客様が多く、大盛況の2日間でした。

軽量なコンクールマシンの普及版として設定されたフロントシングルの軽キャンピング車は、通常のグランボアタイプERと同様に輪行ができるようにパニアキャリアが設計されています。

こちらの700Cスポルティーフはハンドメイドバイシクル展直前に完成した親方製初のラグフレームです。ラグの仕上げやリアのバッグサポーター、そしてクラウンから製作した22mmの丸ホークが注目されていました。

そしてこちらは完成車重量9.07㎏、グランボアコンクールマシン2017。現物を始めてご覧になられた方も多かったと思います。

コンクールマシンを持ち上げてその重量に驚かれたり、穴あきベルに驚かれる方からフレームに関して非常にコアな質問をされる方まで、年代問わず沢山の方とお話が出来ました。また、今年の展示車両3台のうち2台がフロントシングルランドナー。ツーリングにおけるフロントシングルの使い勝手や有効性など様々なご質問、ご意見をいただきました。

 

京都のアイズバイシクルから遠方の方にもフレームの細部や各種製品を手に取ってご確認いただいたり、ビルダーである親方と直接お話ができるのはハンドメイドバイシクル展ならではですね。

 

 

年々勢いを増しているハンドメイドバイシクル展ですが、今年は過去最高の50社が出展。会場ではグランボアのようなトラディショナルスタイルからモダンな最新規格を盛り込んだ自転車まで、多様な自転車を目にすることが出来ました。2日目の午後に行われた東叡社山田社長によるトークショーはベテランサイクリストのみならず、ランドナーという言葉に興味を持った若い世代のサイクリストにも興味深い内容だったと思います。

 

 

 

 

そういえばハンドメイドバイシクル展会場で50部限定配布をおこなった2018年版カタログ、アイズバイシクル店頭と
オンラインショッピングで配布が始まっています。会場で展示していた自転車の紹介もありますの
でチェックしてみてください。


業者の方向けですが浅草で24~25日に開催中のサイクルパーツ合同展示会に出展しています。こちらのほうもどうぞよろしくお願いします。

まえの

1 2 3 4 5 6

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop