アイズの独り言

2017.05.18

富士山は見えなくとも!

朝サイ、そして山梨で開催されるエロイカとイベント盛りだくさんな5月の第2日曜日。私なっぱは親方、チョコ君とともにエロイカに出店しにいってきました。
ヴィンテージ自転車の祭典エロイカ。みなさんの乗っておられる自転車も歴史を刻んだものばかりでした。自転車とマッチしたウェアも素敵で、他の自転車イベントとは一味違うとても華やかな雰囲気が感じられました。ご参加のみなさま、主催スタッフの方々、楽しい時間をありがとうございます。

朝7時に会場に着くとすでにもう出走のみなさんがスタートの準備をされておられました。エロイカはショート・ミドル・ロングと3種類のコースから自分の好きなコースにエントリーして走ります。どのコースにもダートが含まれていて走りごたえは十分だとか。アイズに遊びに来てくださる方もご参加されておられました。少しだけ写真を撮ることができたので、その雰囲気をお伝えします。





ロングコースはなんと100キロも走ります。
先日納車したばかりの自転車で無事ロングコースを完走なさったNさま。ずっと調子よく走ることができたとおっしゃっておられました。

Fachleitnerというイタリア生まれの自転車選手の名前が付いたこの自転車はフランスのプロヴァンスで作られたフレームのようですが、かなり希少なフレームで当時の資料がほとんど残っていませんでした。そんななかで、Nさまが構想を練って集められたパーツをお持ち込みいただき、アイズバイシクルでレストアをさせていただきました。フレームの状態が大変良かったことと、スパスパ変速するサンプレの戦前のディレイラー・ツールドフランスを搭載したことで100キロのライドにも耐えうる自転車へとよみがえったんだと親方が話してくれました。おつかれさまです!

名古屋の老舗カトーサイクルのカトーさんも100キロコースで出走されておられました!


途中フリーのトラブルで走行不能となってしまったそうですが、サポートカーに積んであった代車で完走されておられました。トラブルに備えてサポートカーが出ているので万が一のときも安心です。

せっかくの機会だからとチョコ君も65キロのミドルコースにカンビオコルサでエントリー。午前中で帰ってきて午後から店番しますから!と言ってスタートしましたが、本当にお昼に帰ってきたのでびっくりしました。


お気に入りのルイゾンボベのウェアでキメているチョコ君。手の平が真っ黒なのは、きっと変速するときに何度かチェーンが落ちてしまったのでしょう。道中にはエイドステーションがあり、地元の方の協力で温かいおでんやおにぎりを食べられるそうです。また、道案内の矢印サインが必要なところに配置されていて、それを見ながら走れば道迷いの心配もないようです。自転車で走ることを存分に楽しめるよう、細やかな配慮がなされているんですね。

走り終えてゴールをなさったときの皆様のお顔はなんともいえない良い表情をされておられます。誰かがゴールテープを切ってゴールすると、まわりのショップや観覧の方、先に走り終えた方から自然と拍手が起こりました。富士山は見えなくとも晴れ晴れした気持ちになりました。

グランボアブースではルイゾンボベのジャージ、ビンダのストラップ、そしてレニアーノのロードレーサーと街乗り車が注目されていました。


山音製輪所さんの2wayサコッシュ型バックがこれまた街乗り車によく似合っていますね。

エロイカで実物をご覧いただいたレニアーノのレーサー街乗り車をオンラインストアにもアップしました。こちらもぜひチェックしてくださいね。

なっぱ

« 前の記事:

次の記事: »

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop