アイズの独り言>

いよいよ今週末はJBT。アイズはスタッフ総出で長野まで出張ですので明日から18日までアイズバイシクルはお休みをいただきます。その間、通販もお休みします。ご不便をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。

 

こんなに長くお店を閉めるのは久しぶりです。

スタッフが増えて、年中無休となってからは親方と専務がいなくてもお店は開けてもらっていましたから。昔は年に何回かありましたよね。。ひどいときは海外出張で一か月近くお店を閉めたこともありました。

 

 

ところで、JBT車両は出来上がったのかな??

もちろん出来上がりました。

ビジュアルのインパクトは大きく変わりませんが、あらゆる点で2年前より進化させて9キロを切りましたよ。いろいろと新しい提案が盛りだくさん! 現車は是非現地でじっくりご覧ください。

 

 

 

それにしても、忙しい充実した毎日を過ごさせていただいています。

 

ありがとうございます。

あと少し、頑張ってきます。

 

 

 

つちやはるみ

いつもは来客も少なくて静かなはずの2月。

ですが、ここ数年は年明けからなんだか落ち着かない仕事に追われています。そう、このハンドメイドバイシクル展に展示する自転車やパンフレットの製作があるのです。毎年、作ったものを発表する場があるのは嬉しいことで、しかも、来場者だけでなく、出展も無料なのですからありがたい。関西から少し遠いですが、今年は過去最高の出展社数を記録しているそうですし、何より日本で始めてのバイクビルダーたちのイベント、ジャパンバイクテクニークのプレ展示も兼ねているので少々遠くても行く価値アリ。是非、多くの方にお越しいただければと思います。

 

 

 

グランボアは今年は2台のランドナーを用意しました。

1台はもちろんJBT用で、チョコのサイズで製作した試作車です。

2017年にフランスで開催されたコンクールマシンに参加した軽量ランドナーを、更にフレーム設計から考え直して製作しました。それに、パーツ構成も見直していますし、新しい試作パーツもいくつかセットアップしています。

 

まだまだ試作の段階で細部の軽量化は手付かずの状態ですが、なんと、車両重量がコンクールモデルの9.07kgをすでに抜いていて9.03kg!鉄ベースのイデアルのサドルを付けてですので本戦用は8kg代は確実に狙えそうです。是非、じかに持ち上げてその軽さを感じてもらえたらと思っています。

 

 

 

 

 

そして、もう一台は極普通の部品で組上げたこちらの700Cランドナー。

 

 

 

だけど、フレームはちょっと凝った作りになっています。

ラグレスの仕上げ、2枚肩のフォーククラウンに23mm径の丸フォーク。

 

クロスドシートステー。

 

25mm径のシートピラー用のシートチューブ。

 

 

28Cと30Cタイヤを使い分けできる設計。

上の完成車画像は28C装着時、こちらは30C装着時です。

 

 

いずれの仕様も、今いただいているそれぞれ別々のお客様からの課題なんです。イロイロ盛り込んで設計と出来上がりの確認をした一台ですが、とても素敵に仕上がりました。こちらも是非じかにご覧いただければと思っています。

 

また、この白い一台はハンドメイドバイシクル展が終わりましたら販売可能です。フレームサイズは芯芯で555mm。サイズの合う方、グランボアが丹精込めた展示会モデルはいかがですか?興味のある方は是非、展示会でお声をおかけください!残念ながら展示会にお越し頂けない方は、ハンドメイドバイシクル展終了後にお問合せいただければと思います。

 

 

 

そして、本日刷り上ったパンフレット。

いつものように、少しだけ内容変わりました。

通販のご利用で無料でお送りします。

つちやはるみ

電装のカーボンブラシ工作は、私にとって憧れの機構でした。

ヘッドチューブ内に接点を設けることで、回転するフォークとフレームを通電させることができるこの仕掛けは、ヘッドラグ付近からピロンとコードが露出せずスマートな印象を与えます。

 

そもそもカーボンブラシとはルネエルスの工作の名称であり、その名の通りコラムに組み込まれたカーボンの芯をヘッドチューブ内の真鍮のバンドに接触させることにより通電させました。

 

 

ルネエルスの機構 1946年ルシクル紙

 

ルネエルスカーボンブラシのユニット

 

コラムへ組み込まれたルネエルスカーボンブラシ(珍しいトップチューブ仕様です)

 

 

 

現在、日本ではカーボンの芯を破損しにくい真鍮などで製作することが多いですが、この機構の事を「カーボンブラシ」と呼ぶのが一般的です。

カーボンブラシはフォークコラムに接点を設けヘッドチューブの内側に真鍮のバンドを圧入する方法(ルネエルス)とフォークコラム銅板を巻き付けダウンチューブに接点を設ける方法(東叡社)の2つの手法が主流ですが、グランボアではフォークコラムに接点を設ける前者の方法を採用しました。

 

 

グランボア工房での製作手順を紹介します。

まずフレーム側バンドをフレーム内径に合わせて調整し、バンドにコードをハンダ付けします。

 

 

塩ビの絶縁バンドを巻いて慎重に圧入します。

圧入後ハンダ付け部分はコラムに接触しないようにダウンチューブ側に折り返します。

 

 

次にコラムへ組み付けるパーツを旋盤で削り出します。

右から真鍮製接点、塩ビ製絶縁パイプ、コラムに溶接する本体パイプです。

 

 

フォークコラムにパイプを銀ロウでロウ付けします。

 

 

スプリングにコードと接点をハンダ付けし絶縁パイプに通します。

 

 

コラムに組み付けました。

フレームに装着後、テスターで通電確認をすれば完成です。

 

 

横からの図です。

メンテナンス性とフォーク抜き輪行時のフォーク着脱を容易にするために接点の出っ張りを最小限に抑えています。

 

 

カーボンブラシは基本的にフレーム制作時にオーダーするもので後付け加工が困難でしたが、グランボアでは後付け加工が可能です。

電装でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。

 

 

大介店長

随分お待たせしていましたジルベルトゥのバックミラーが再入荷してまいりましたのでお知らせします。付けていることを感じさせない、小ぶりでスタイリッシュなミラー。今回は少しまとまった数を入れましたのでしばらくは在庫切れにならないでいけるかな。。。でも、いざ、欲しいときには切れてたりするんですよね。。イデアルのサドルもナチュラルソフトはしばらく在庫状態だったんですが、今はナチュラルソフトだけが欠品中です。欲しい方とうまくタイミングが合いますように。

 

 

そして、こちらもサイズが合えばお買い得品。とても小さなサイズのデモンターブルです。ほとんど乗られていない、良品ですよ。デモンタでこのサイズ、しかもエルゴレバー仕様は既製品ではまずありませんからオーダーをお考えの小柄な方にはまたと無いニュース!

是非、ご検討ください!

つちやはるみ

自転車通勤中に目に飛び込んでくる景色の色が毎日少しずつ鮮やかになってきています。昨日と今日の自分はなにも違わないのに、なんだか今までやったことのない新しいことをしたくなるので不思議です。私がはじめてランドナーに乗ったのも新緑のころだったなぁなんてことを思い出しながら今朝も35分ランドナーで走って出勤してきました(エキュルイユのおかげで通勤時間が5分も短縮されてゴキゲンです♪)。
 
 
 
今まで気になっていた新しいことをしてみたい方もいらっしゃると思います。それが自転車旅やサイクリング、ランドナーだという方、アイズバイシクルへ飛び込んできてください!そして、どんなふうにランドナーを楽しみたいのか、あなたのお話を聞かせてください。

 
 
それは、この自転車で○○へ行きたい、という具体的なものでなくてもいいんです。
日帰りサイクリングがしたい、毎日の通勤で乗って休日にお散歩サイクリングしたい、自転車でキャンプに行きたい、速い走り方が良い、ダートの走りを楽しみたい、峠を攻めたい、輪行したい、体力には自信があるからがつがつ走りたい、脚力がなくても必死にならないくらいでマイペースに走りたいなど、もし自分がランドナーに乗ったら・・・という姿を想像して、それを聞かせてほしいのです。そんなお話を聞くのはスタッフだってわくわくします。
 
 
そして、オーナーさまそれぞれに異なる「どんなふうに自転車に乗りたいか」は、ランドナーのスペックを決めるためのすごく大事な要素になるんです。
グランボアのランドナーは完成した自転車を売っているのではなく、オーナーさまに合わせて一台一台構成を考え製作します。どんな自転車を作っていこうか一緒にお話しながら考えて、オーナーさまにとって一生の相棒となる自転車を作りたいと考えています。だから、オーダーの中身をぜんぶ決めてご来店いただく必要はありません。迷っているところ、分からないところも含めてお話ください。
オーナーさまが悩んで決められたフレームの色の、ほんの一例を店頭に置いています。グランボアのランドナーはフレームの色も自由。オーダーの際にはみなさん楽しみながら、ものすごく時間をかけて悩まれているんですよ。
 
 
このブログを読んでくださっている方は、きっとすでにランドナーがどんな格好の自転車で、なにが得意なのかもご存知の方がほとんどだとは思いますが、もし「ランドナーで走るって、どういう感じなんだろう?」とか「ランドナーの雰囲気が好きだけど、乗ったことがないからまずは走行感が知りたい」とか「ランドナーがほしい。自分に合うものを選びたい」という方は、ご来店の際に気兼ねなくスタッフまでお声かけください。そして試乗してみてください。
 
 
はじめてのランドナーをお考えの方、まずは気軽にお話しましょう。マニアックで少しシャイなアイズスタッフがいつでも歓迎いたします!
そしてもちろん、マニアックなオーダーやレストアをお考えの方もぜひたっぷり時間をとっておいでください。親方は、5月1日(火)・2日(水)を除いて、ゴールデンウィーク中ずっとアイズバイシクルにおります。ゴールデンウィーク、皆様にお会いできるのを楽しみにしています!

 
 
—————
 
 
【ゴールデンウィークの営業日】

~4/28(土)通常営業
4/29(日・祝)アイズバイシクルお休み/コッパデカンビオバケッタ
4/30(月)~ 通常営業
5/13(日)アイズの朝サイ

※営業日カレンダーはこちら
 
 
4月29日(日・祝)はお休みをいただき、毎年恒例コッパデカンビオバケッタを開催します!出場・観戦ご希望の方は必ず明日27日(金)までにお申し込みください。仕出しのお弁当をご希望の方も、お申し込みの際にご予約ください。今年のレースの行方はいかに!楽しみです!

なっぱ

1 2 3 4 5 6 43

grandbois

最新記事

Archives

Back Pagetop