アイズの独り言>

2021.01.14

My favorite

こんにちは、なっぱです。
長らく欠品になっていた、wアイレットリム・パピヨンの650B/36Hが入荷しています!早速オンラインストアでもご注文頂けます。ただ、36Hハブの方はラージ・スモールとも在庫なく(ラージのフロントのみですとご用意できるのですが・・・)これらは3月に入荷予定です。ですが、お持込ハブでのホィール組は喜んで承りますよ!
アルミバーエンドサーファスのサドルカバー、マハックのカンチブレーキ用アーチワイヤーなど小物も入荷してきましたのでご利用ください。
 
 
 
そして、オンラインストアのおすすめ商品も更新しました。今回のおすすめはなっぱのお気に入りアイテムばかりを無頓着に選んでいます。せっかく好きな物を選んだので、ちょこっと紹介しますね。
 
 
グランボアのチドリアームボルト、そしていろんな色のブレーキアウター

グランボアのブレーキ小物は、グランボア以外のブレーキセットにも使うことができます。とりわけおすすめなのがチドリとアームボルト。私の通勤ランドナーのブレーキはシマノのエントリーモデルのカンチブレーキですが、チドリを入れ替えて楽しんでいます。サドルの下に小さな丸いチドリ。さりげなくジュエリーを身に着けたような気分になり、とても気に入っています。アームボルトは、アイズの工房では、Mr.コントロールをアッセンブルする時に、付属のボルトではなくこのアームボルトを使ったりしています。なんてことないパーツに見えますが、使うととても品の良い雰囲気になるので不思議です。ブレーキアウターは、自分の自転車に似合う色を考えるだけで楽しいです。ライナー入りのアウターなので、見た目が華やぐだけじゃなくて、ブレーキの引きも軽くなりますよ!
 
 
つぎは、アンベール2017バックサポーターです。

アンベール2017は北海道ツーリングに行った際に使いました。見た目以上に物がたくさんはいる事はもちろん、バックの重さが軽いとこんなにもストレスが無くなるのかと驚きました。バックが軽いと輪行が格段に楽です!そしてバックサポーターもまた、ストレスから私を開放してくれました。乗り方の癖なのかもしれませんが、丸一日走ると背中が痛くなる私ですが、バックサポーターを使ってフロントバックを装着すると、今までベルトでふさがっていた部分も握って体勢を変えることができるので、体への負担が軽減されました。バックの着脱の手間を省いて、体にも優しい一石二鳥のアイテムです。今、革ベルトでフロントバックを装着している方はぜひ検討してみてください。ご注文の際にはバックサポーターを使う自転車のステムに合ったものをお選びください。(一部完売となっていて、今はクロモリステム用、日東パールステム用のみご用意できます。ごめんなさい。)
 
 
タイヤにもお気に入りがあります。エートルエキュルイユです。

エートルはこの赤色がスタンダードカラーです。今や見慣れた色ですが、赤というより赤茶色・・・。この赤色を決める際、はるみさんも生産元のパナレーサーさんも、もっとスタンダードな赤色を推したそうですが、親方だけが「もっとシックな色を!」と言い、この赤茶色が採用されたそうです。結果どんな自転車にも似合うタイヤになり、国内外問わず人気のタイヤとなっています。自転車にマッチする色や形というものは確かに在り、それを選び・考え・作ってきたグランボアの仕事に触れた初めての製品でもあります。エキュルイユは、走るのがとても気持ち良いタイヤです。走るといってもツーリングに出たり峠を越えたりしているわけではなく、私はもっぱら通勤です。コロナウイルスの流行をきっかけに愛車で自転車通勤を始めた方もいらっしゃるのではないでしょうか?通勤や通学は毎日のことなので、性能の良いタイヤを使って、「今日の自分、調子が良い!」と朝いちばんに感じることができるのというのは案外大切なことなのではないかと思っています。超軽量タイヤ・エキュルイユのパフォーマンスを最大限引き出すためには軽量チューブ・L’aileと併用するのが絶対おすすめです!
 
 
つぎはバック。フランスはジルベルトゥのショルダートート、そして秋に作ったエコバックです。

ジルベルトゥのバックは自転車用として愛用されている方も多くいらっしゃるので、その丈夫さはご周知のとおりかと思います。同じように帆布×レザーで作られているこのショルダーとトートもしっかりした作りで重たい書類を入れても大丈夫。ビジネスにもプライベートにも重宝します。このバックは、もともとジルベルトゥのラインナップにあったバックではなく、親方とはるみさんがデザインを持ち込んで作ってもらったもので、いつからかフランスでも販売されるようになったという経緯があるそうです。親方とはるみさんが夫婦で愛用しているのを真似て、我が家も夫婦で愛用中です。エコバックは、横長のかたちでショルダーとして使える事、かなり荷物が入る事、毎日使うのにとても使い勝手が良いので、エコバックではなくもはや通勤バックになっています。エコバックの包装はビニール袋は使わず、この写真のように小さく巻いてひもでしばってお届けしています。値段も手ごろで使い易いので、友達にも贈りたいな~と思っています。
 
 
最後にご紹介するのは、葉っぱリングです。なんといっても、きれいなんですよね。。。

入社したての時にお客様の自転車にネコのチェンリングが付いているのを見て驚きました。3匹の猫がくるくる駆け回っているようなデザインになっていて、なんて可愛いんだろうと思いました。チェンリングは自転車の顔。JBT2019に向けてチェンリングを作ると聞いた時に、何の絵が描かれるのかなぁ(ネコ?でもネコはもうあるし・・・)と思っていたら、葉っぱでした。大きな森の玄関口に葉っぱが風に乗って遊んでいる。。そんなイメージで、とても好きなパーツです。葉っぱリングの歯数は43Tと40Tナローワイドの2種類です。43Tはナローワイドではないですが、8速までならフロントシングルで問題なく使えます。そして葉っぱリングのダブルについてよくお尋ねいただくのですが、デットストック品のインナーリングの在庫が無くなってしまったため、今はご用意ができない状態です・・・ですが、親方がもう次のアイデアを持って動いている最中ですので、そう遠くないうちにダブル仕様の葉っぱリングもご案内ができるようになるかもしれません・・・!?
 
 
ちょこっと紹介のつもりが、熱が入ってしましました。好きな物についてはつい書きすぎてしまいますね。
そして、もう一つご報告があります。私事ですが、1月末をもってサイクルグランボアを退職することといたしました。このような状況下ですので、お世話になった皆様に直接ご挨拶できない事がとても無念ですが、この場を借りてお伝えしたいと思います。退職後は医療従事者になることを目指して、春から専門学校に通うことが決まっています。
グランボアで仕事をするようになり7年、うち1年は育休でお休みをしていましたが、思い返すとたくさんのきれいで個性的な自転車と自転車愛好家の先輩方にお会いすることができました。自転車の事を何もしらないまま入社してきた私にも丁寧に説明をしてくださったり、ツーリングのお話からご家族のお話、おいしいランチのお店情報まで、アイズバイシクルのお店やサイクリングをしながら、いつも優しくきさくに言葉をかけてくださった皆様のおかげでとても楽しい時間を過ごすことができ、何歳になっても自転車はマイペースに楽しむことができるということを教わりました。皆様には本当に感謝をしています。ありがとうございました。
私は、グランボアの仕事を通して親方が考え続け、動き続け、挑戦し続けている姿、それをはるみさんがしっかり支えサポートしている姿を側で見てきました。グランボアの挑戦する姿を胸に、自分の妊娠出産の体験を通して芽生えた気持ちに誠実に、必死に頑張るつもりです。
 
2月からは、伊藤が作業場の所長、前野がアイズバイシクルの店長となり、新しいアイズバイシクルをひっぱっていきます。昨年夏に仕事へ復帰してきた時から二人はすでに頼もしい存在で、伊藤は美山にある親方のアトリエとアイズを行き来しながら親方の技術を一つでも多く学ぼうと励んでいます。前野はグランボアの完成車を組みながらお店で紹介するアイテムのセレクトを通してお店作りを担い、新しいパーツを親方と共に研究している姿をよく見かけます。そして、2021年ワクワクするような予定がすでにいくつか決まっていますよ!こんな状況下ですが、グランボアは立ち止まることはありません。続報を楽しみに待っていてください。そして、健やかでいましょうね!

なっぱ

2021.01.06

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

ただ、やはり今年のお正月は少しいつもと違うものでした。。。

なんだか「おめでとう!」と言いつつ、めでたい気分は乏しくて、お祝いムードに欠けるというか、粛々と年越しをした感じです。

皆さまはどうでしたか?

 

2020年は春から世界中が大変な一年で、毎年企画していたイベントもほとんど中止とし、ご来店いただけるお客様も常連様を中心に確かに減って、「会わないことが相手を想うこと」と理解していてもやはりとても寂しいものでした。ですが、そんな中でもインターネットを駆使してオーダーをくださる方がいたり、遠くからコロナの隙を見てオーダーに来てくださる方がいたり、必要とされている実感はとても嬉しいもので、今まで完成車のオーダーはできるだけご来店をお願いしていましたが、これまでの経験と工夫でオンラインでもお受けできる自信へと繫げることができました。それに、サイクルグランボアのスタッフたちは伴侶を得たり、子供ができたりとおめでたい事尽くしの一年でもありました。2020は正に忘れられない年でした。

さて、2021はどんな年になるのかな。

きっと更にサイクルグランボアの中でもいろいろと変化を迎える一年になりそうです。

軸はしっかりと保ちつつ、その変化を乗り越え、次につながる一年にしたいと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いします!

 

*

さて、12月はブログの更新もほとんどできずにいましたので改めて新商品のご紹介。

散歩用フロントバッグのマップケース付きです。マップケースと言っても小さいのでスマホケースでしょうか。年末に頂いた修理のご依頼でお預かりしたバッグでその存在を知ったモデルです。

これ良いと思うのよ~。使いやすそう。

他にもジルベルトゥから高額にもかかわらず売れ続けているバーエンドミラーサドルなどが入荷しています。

 

あと、SONのダイナモハブや長らく欠品していましたJIS規格の輪行用ヘッド小物も再入荷しています。お待たせしました!

 

 

**

そして、只今のおすすめ商品は完成車です。展示車を中心にご紹介させていただいていて残っているものもあと数台となりました。

580mmのER650

580mmのフレームはメーカー車ではまずないサイズですので、サイズが合えばとてもお買い得です。輪行簡単モデルですのでロードバイクのような縦型輪行も、よりコンパクトになるフォーク抜き輪行も可能。スタンダードな部品構成ながらサンエクシードの変速機セットや軽い走りのエキュルイユがセットされています。

サイズが合うかわからない方は、こちらのフレームサイズの選び方を参考にしていただくか、お気軽にお問い合わせくださいね。

 

JBT2019出走車

2019年に長野県・高山村で開催された「第1回ジャパンバイクテクニーク」のグランボアからの出走マシンです。

このモデルの何よりの特徴はランドナーとしての機能と形を充分持ちながら、軽量化を図りつつ険しいヒルクライムも、舗装路のロングライドも、激しいダートダウンヒルもこなせる一台となっています。特価であっても高価ですし、おいそれとお買い上げいただける方が現れるとは思っていませんが、グランボアの技術とアイデアがぎっしり詰まったスペシャルバイクをあなたの相棒にいかがでしょうか?

サイズはライダーの前野/平成生まれ171cmと、親方/昭和33年生まれ173cmにピッタリとなってます。

 

レストア済みユーラシア

80年代の名車ブリヂストン・ユーラシアのフレームをグランボアのパーツで組み上げたスポルティーフ、より走り、より止まる昭和の名車です。

 

お勧め商品の入れ替えは1月11日を予定しています。

今週末にご来店の上、お決め頂いても大丈夫です。

 

 

***

あと、只今、拍手のボタンが機能していないようです。

コメントなんかも入れていただけなくてとても残念。セミオーダーの見積もりサイトでお気づきの点などは是非直接メールでお知らせくださいね~。

つちやはるみ

2020.11.29

新入荷!

エイ出版から久しぶりに旅する自転車シリーズの最新版が刊行されました。

今回のテーマは「キャンピング車」。

 

 

 

過去へ、未来へとタイムトリップしながら自分に合う旅自転車を夢想できる一冊です。

オンラインストアでもお買い上げいただけます!

 

つちやはるみ

毎月3のつく平日はアイズの定休日。
今日はお店の定休日ですが、平日だけお仕事に来させてもらっている私は事務所で仕事をしていました。今日はひとり静かに仕事をする予定だったのですが、朝からアイズの作業場が賑やかです。
午前中はSR600を走り終えたばかりのはずの前野が、午後からは伊藤とバイトの井越くんがお店に来て作業場でなにやら楽しそうにやっています。伊藤と井越くんも、朝からひとっ走りしてきてたのだそう。アイズのスタッフは仕事も休日も自転車三昧。プラットホームの野田店長からも電話がかかってきて、賑やかに仕事をしています。

さて、ここのところ輸出がたくさんあって、そちらの仕事に時間をかけていたのでなかなかお知らせできていませんでしたが、入荷がたくさんありました。
フランス、GillesBERTHOUDからは、しばらく売り切れだったラックバックツールバックバックミラーが入荷しました。

意外かもしれませんが、これらの商品はグランボアの通販で人気商品。さすがはグランボアのお客様、みなさんご自身の自転車に合う道具を上手に選んでいらっしゃるんだなぁと思います。サドルは品薄になってしまいましたが、バック類は今なら種類豊富に在庫しています。
また、TAのチェンリングも今なら歯数が揃っていますよ。

グランボアのアルミステムクロモリステムも入荷しています。とくに突き出し60mmや70mmはグランボアの完成車を組むのによく使うので、通販でお分けする数が限られてきますが、こちらも今ならサイズがあります。

そして、グランボアのエキストラレジェタイヤ
年に一度の生産しかしない本数限定のタイヤなのですが、今年は再生産しました。やっぱり今年は、いつもと違う特別な年。そんな中で自転車を楽しむ方が増えてきて、有り難いことに日本にも世界にもグランボアのタイヤを待っていてくださる方がいらっしゃって、それにお応えしたくて再生産しました。自転車は、不思議なもので少しの時間乗るだけでも気分が変わって良いもんです。もちろん、ポタリング、サイクリング、ツーリングと行動範囲をひろげていくなかで、グランボアのタイヤがお供できたらとても嬉しいな。

エキストラレジェタイヤは、売り切れになっていた36B、42B、30Cが入荷して、すべてのサイズで在庫があります。(32Aはもうすぐ売り切れそうです!)

なっぱ

こんにちは、スタッフの前野です。
10月のピックアップ商品はダイナモ、ライト、リフレクター関連商品ということでちょっぴりお買い時になっているのですが、その中からSONのハブダイナモを特集したいと思います。

グランボアにはSON28とSONDeluxWideBodyの2種類がありますがぱっと見殆ど違いはありません。どちらも出力6v3w。それでも2種類を取り扱っているのには理由があります。

どちらのハブダイナモも似通った形をしていますがフランジ間距離が異なります。
SON28のフランジ間距離62㎜に対してDeluxWideBodyは68㎜。僅か6㎜ですが広くなっています。

SON28も十分なフランジ間距離を持っていますが、フロントフォークの寸法ギリギリまで広げられたDeluxWideBodyはより横剛性に優れた強固なホイールを組むことができます。一般的なハブダイナモは小径車用のエンド幅74㎜とハブボディを共用して左右のスペーサーでエンド幅を100㎜に調整しているものも多いので、実はハブダイナモでフランジ間距離が普通のハブと同じくらい広いのはこの2つくらいです。(ちなみに普通のSONDeluxはフランジ間距離50㎜)

 

次は重量。SON28は実測444g

SONDeluxWideBodyは413g

ボディの横幅が僅かに広いSONDeluxWideBodyの方が重そうですが、内部のダイナモの関係でDeluxWideBodyの方が30g軽くなっています。少しでも軽くしたいならSONDeluxWideBodyの方が良いですね。

 

ハブの寸法、重量ともにSONDeluxWideBodyの方が優れている印象ですが、そしたらSON28を選ぶメリットは何でしょうか?
SON28は700Cなど大径車輪に最適化された内部のダイナモ機構を持っているので外径の大きな700Cや650×42Bなどのホイールで使用した際に低速で大きな発電量を得られるようにできています。(700Cホイールの場合約16㎞/hで3wに到達)

省電力LEDライトのEDELUX2などで使用する際は大きな違いにならないのですが、ハロゲン球を使用したE6ヘッドライトを使用する場合や外部機器に給電しながら走る場合など、低速でも大きな発電量が必要な走り方に向いた設計になっています。
それに対してSONDeluxWideBodyは、もともとSON20という小径車向けのハブダイナモが始まりです。SON20がSONDeluxという名前にモデルチェンジし、その内部機構そのままにエンド幅100㎜用のより広いフランジ間距離を備えてSONDeluxWideBodyとして誕生しています。SONDeluxは700Cなどの標準サイズのホイールよりも回転数の多い小径車向けに作られているので内部のダイナモ機構に要求される発電能力は少なく済み、SON28に比べて生成できる電圧のピークがより高い速度域にある代わりにダイナモの抵抗が少なくなっています。(SON28と同条件の場合、約20㎞/hで3wに到達)

なのでキャンピング車や外部の電子機器に電力を供給したり、低速で少しでも明るく照らしたい場合はSON28。ダイナモの抵抗、重量を少しでも減らして速く楽に走りたい場合はDeluxWideBodyを選んでいただければいいと思います。

ちなみにDeluxWideBodyは28穴も選択できるのでより軽くホイールを組み上げたい場合は最適です。


昨年のPBPで走ったグランボアコンクールマシンもフロントハブはSONDeluxWideBodyの28穴を使用しています。パピヨンWアイレット650BリムとDTSwissRevolution#14スポークで組み上げました。少なめのスポーク本数ながら広いフランジ間距離のおかげで剛性不足もなく、1200㎞の走行中一度も不満を感じることのない優秀な前輪兼発電機として活躍してくれました。

両モデルともにハブサイドのコネクターによる抜き差しが不要になるコネクターレスモデルの設定があります。使用するには専用のエンドを備えたフロントフォークが必要になるのでオーダー車向けですが、輪行やパンク修理の際ちょっぴり面倒なコネクターの抜き差しが不要なので便利です。見た目もよりスッキリします。オーダー車制作の際はご検討ください。
コネクターレスは導入できないけど少しでもケーブルの抜き差しを簡単にしたい場合はコーキシアルアダプターを使用してください。ケーブルの脱着がスムーズになります。

 

現在、グランボアのオンラインショッピングとアイズバイシクル店頭ではこれらのハブダイナモやライト、キムラ製作所のリフレクターなどが5%オフになっています。
未来の愛車用としてはもちろん、ハブダイナモを使用したホイール組みも喜んで承ります。

 

SONのハブダイナモを使うならライトもSONのEDELUX2ヘッドライトが最適です。自動車のヘッドライトのような配光は対向車を眩惑せず、遠くまで均一に明るく照らします。(写真は旧型のEDELUX。これも十分明るいです)
なかなか一晩中走る人はいないかもしれませんが、優れたヘッドライトとハブダイナモの組み合わせは日没後の峠へ走りに行く後押しをしてくれるかもしれません。もちろん、気軽な街乗り車やそこまで夜は走らないけど……という方もそんなロマンを愛車に装備してもいいんじゃないでしょうか。

 

ちなみに僕はSON28ハブダイナモとEDELUXヘッドライト(旧モデル)を前のフレームから5年以上使用していますがどちらも故障知らず。ライトは新しいEDELUX2に更新したいと思っているのですがそのタイミングはいつ来ることやら!
.
.
.
.
.
11月3日(火)文化の日は日吉ダム近くで「コンセントレーションひよし」を開催します。
8月に中止になったコンセントレーションおにゅうと同様に参加申し込み必要なし、走るコースも自由なイベントです。
詳細は親方の記事をご覧ください。

当日は集合地点のスチールの森日吉でグランボアエコバッグを特別価格500円で販売します。大ぶりなサコッシュ形状なのでたすき掛けにして自転車に乗ることもできます。リフレクターもついているので日没後のお買い物でも安心です!

それでは皆様日吉ダムで会いましょう!!

まえの

1 2 3 4 5 6 37

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop