アイズの独り言>

今日は曇り、時々雨。

まるでお天気までもが今の日本を憂いているかのように雨が続きます。でも気温は暖かく、美山でも一斉に春の花が咲き始めました。

 

「素」のままの自然が妙に生き生きと見えます。。。

 

 

 

ただ、この雨もどうやら今日が最後のようで、明日以降、しばらくはまた晴れ間が戻るようです。嬉しいような、心配なような。。。お天気が良いとどうしても外に出たくなりますものね。

私たちの身近には今回の感染症に罹患された方はまだいませんが、世界の状況や、大都市の感染者の推移をみていると、これから日本が迎える事態にただならぬ怖さを感じています。重症患者を受け入れるICUや危篤状態の患者を救うためのレスピレーター(人工呼吸器)がケタ違いに必要だとのこと。ホントですか??テレビのコメンテーターなんかは「もっと必要です。」「早く作って準備しないと間に合わない。」なんて言ってる。

えー。。機械だけ作って管理する人はどうするの??

人工呼吸器をつけるって大変なことだよ。

生死の境をさまようってことだよ。

たとえ何とか生還できたとしてもその重篤な肺炎の後遺症を考えるとゾッとします。絶対に軽症の内に対処するべきです。でも、すごい勢いで感染者が増えているのです。ワクチンも特効薬も無い感染症で最終的に力になるのは自分自身の免疫力と体力です。そして、人は必ず誰かとつながっています。自分は運よく軽症で済んでも、その先にいる誰かが生死の境をさまようことになるかもしれません。なので、いずれ罹るとしてもどのタイミングで罹るかはとても重要で、今はどんな人もかかってはダメなのです。

絶対にこの最初の大きな感染の波に乗るべきではありません。(いろんな意味で)

 

 

 

まずはこの1か月は我慢。

買出しで店内にいるのは20分以内。できるだけ「ほしい物」にだけ触れるようにします。店頭に手指消毒剤がおかれいる場合は店内に「入る時」だけでなく、「出る時」にも使わせていただきます。入るときはお店/他の人のため、出るときは自分のため。なので入るとき忘れても、出るときは忘れないで。ただ、手指消毒剤は今なかなか手に入らなくて困っています。アイズではバーテープのニス塗にエタノールを使っていたので大変です。でも、しばらくは仕方ない、ニス塗の方は溶剤を代替品で何とかこなしていきます。

手洗い、うがい、マスク。

手洗いは薬用せっけんがあれば使いますが、無いときは流水でしっかり洗います。ここは神経質にならずこまめに洗うほうが大切かと思います。そして、水けを拭くときには自分専用のハンカチか、ペーパータオルがあれば使います。送風式の水分を飛ばす機械は多くはキチンと掃除がされておらず、「跳ね返り」が必ずあるので使いません。

人と面するときは飛沫を抑えるためにマスクをします。そして、一日の終わりや外出から戻った時には必ずうがいをするようにします。あと、バッグにはのどに直接噴霧するポピドンヨード製剤を携行しているのと、車には一粒づつ包装された梅干を常備しています。梅干しはある種のおまじない。「よし、これでコロナにかからないぞ!」と思って、人混みに出た後に一粒頬張るようにしています。

飲酒は解毒の役割を担っている肝臓を休ませるためにも控えるようにします。まちがっても「アルコール消毒だぁ」なんて言って飲みすぎていたのではいけません。万が一感染した際は体の総力が大切になるのです。

あとはしっかり食べてしっかり寝る。

 

来年の春、みんなでお花見できるよう、頑張りましょう!

(今回は元看護師としての独り言でした。)

つちやはるみ

今日は久しぶりに朝から雨。

天気予報を見ると、わりと全国的に雨模様ですね。自宅にこもるにはやはりこんなお天気の方が良い気がします。春爛漫な天気だとどうしても外出したいし、誰かと会っておしゃべりや食事なんかしたいですものね。

 

さて、全世界が今や大変な状況を迎えていて、日本でもオリンピックは延期が決まり、少しづつ様子が変わってきているのは皆様ご存じの通り。しかも、直ぐに収まることではなさそうです。。。

そこでアイズではできるだけスタッフやお客様の健康を知らないうちに損ねることのないように、自分たちでできる対策を始めています。

 

やはり、一番厄介なのが自分自身が自覚しないうちに感染源になっているかもしれないという事だと思います。それと、金属やプラスティックの上だと2-3日間程度ウイルスが生存するという事。

なので、親方をはじめスタッフは皆マスクを着用してお話させていただきますし、修理の自転車などはまずはお店の外でお預かりさせていただきます。手洗い、拭き掃除などもこまめに行います。時々ドアを開けたままにしてしっかり換気をしてお客様とスタッフを守る努力を始めています。

 

それにしても、これは数週間や、数ヶ月の辛抱で終わる話ではなさそう。。私たちはそれに合わせて工夫したり、生活の仕方を変える必要があるのでしょう。電車やバスでの通勤を自転車に変える方も増えるのかな。外出自粛のこの時期は、長年ほったらかしてる自転車のレストアや、新しい夢の自転車の構想を練ったりするには良いタイミングかもしれませんよ!

次の自転車はグランボアで、と思ってくださっている方、是非「今」ご検討ください。今のタイミングですと、親方フレームで納期はおそらく今年の10月以降、東叡社さんのフレームですと5月以降になる予定です。

 

それと、完成車のご注文はこれまで一度はご来店いただくことが一つの条件でしたが、このご時世ですのでメールでもご相談お受けします。また、これはまだ初めてなのでうまくいくかわからないのですが、スカイプ(テレビ電話)でのご相談もありかな、と準備を進めています。ただし、いずれの場合も初心者の方はきちんとサイズを決めるためにもご来店いただくことをお勧めします。

 

来年の春、新しい自転車でどこに出かけよう、そんな楽しいことを考えながらこの厳しい時代を乗り越えられたら良いですね。

*

*

*

*

*

2日前、私たちも少し春を楽しんできました。

京都の田舎はまだまだ平穏です。たった2時間ほどでしたが、この時期にこんな風に過ごせるなんて幸せなこと。

 

 

 

 

そして、春を楽しむ生き物たち。

もう、ツバメが来ていましたよ。仲良く巣作りに励んでいました。

 

 

こちらは開き始めたばかりの桜とモズ。

 

 

こちらはおなじみヒヨドリ。果物だけでなく、葉物も食べるんですね。

 

 

飛んでる姿より、歩いてる姿をよく目にするセキレイ。

 

 

 

こちらはちょっと珍しいキレンジャク。私も初めて見ました。

 

 

 

 

そして、我が家の猫。

 

 

コロナって何?

美味しいの?

つちやはるみ

2020.02.03

働き方改革?

3が付く平日が定休日のアイズバイシクル、今日がその定休日。

自宅から倉庫まで5キロの道のりを親方と歩いてきました。往復10キロも歩きましたが、歩数計は14000歩ほど。もうちょっとカウント上がると思ったんだけどな。。

それにしても2月上旬と言えば一番寒い時期なのに今日は橋の上の気温表示はなんと10℃。そんなに晴天でもないのに上着いらずで歩けました。気持ちいいけど、ちょっと気持ち悪い。地球がなんだか不健康な感じ。大丈夫かな。。

 

 

どうでしょう、ツグミが群れているのですが分かりますか?

 

ほら。ツグミはこの季節越冬のためシベリアから日本へやってきているそうですよ。

 

 

こちらは我が家に遊びにきているヒヨドリ。

ちょっと若い感じがしますね。

 

 

 

そして、親方。

今日はWさんのフレーム前三角に取り掛かっています。ちょっと作業が進んでは母屋に戻ってきて「俺って天才!」と呟いて作業に戻っていきます。自画自賛は滑稽かもしれませんが、気持ちよく作業が進んでいる証拠ですのできっといい仕上がりになりますよ!

 

 

私はいろいろ家のことをしながらホームページの整理を進めています。

先日前野が書いてくれたパッケージの話も随分前から気になっていたこと。物にあふれている今の時代、本当に必要なものや欲しいものを見栄えだけで見失ってしまわないよう、不健康そうな地球が少しでも元気を取り戻すよう、小さなことではありますが「見て見ぬ振りせず」に実行していきたいと思っています。

あと、働き方改革の名のもとに私たちのような小さな会社の労働単価もじわじわと上がってきています。これまでホィール組工賃を1本4,000円にてお受けしていましたが、大変申し訳ありませんが、3月1日より1,000円アップさせていただくこととなりました。ホィール組は主に昨年念願のパリブレストパリを日本人4位のタイムで完走した前野が担当しています。走りに直結するホィールには彼なりのこだわりがあり、丁寧に組み上げます。2月中は今までの価格でお受けいたしますのでご検討中の方は今月中にご注文下さいませ。同時にタイヤをお買い上げいただき、セットさせていただく場合は追加の工賃はいただいていませんので特にお得ですよ。ホィール組の見積もりページはこちら

つちやはるみ

2020.01.02

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

 

 

もう少し荒れた天気になるのかと思っていたのですが、雨もさほど降らず、青空も見えています。なので親方は今日から作業場で仕事を始めましたが、キリの良いところで2時間ほど散歩に出てきました。自宅で仕事をするとこうやって息抜きをしながら作業が進むのでとても良い。わたしもそのペースに合わせていろいろ家事や事務仕事をこなすことができるのです。

 

今年はいったいどんな一年になるかな。今年は大きなイベントは入れずに製作に励むとのことですが、どうなることやら。どんな人と出会い、どんな仕事をさせていただけるのでしょう。そして、どんな旅ができるのかな。最近はカメラを背負って野鳥の撮影が楽しみの一つになっていて、少しの時間でも外を出歩く機会が増えました。

 

 

撮りためたものの中から少し紹介してみますと。。

 

 

身近な鳥の代表、スズメ。

外縁に来ていたのを物陰から撮影したので影が入っていますが、警戒している親鳥と無防備な小雀が撮影できました。

 

 

 

 

ホオジロのメス。

 

ホオジロのオス。

いつもは高いところで声を張り上げていますが、この日は番いで地べたにいました。

 

 

 

 

こちらは葉を落とした桜とカシラダカ

これらの鳥は写真に収めるまでは近くにいてもずっと雀だと思っていたはず。

 

 

 

 

ジョウビタキ。

毎年寒くなると、隣の畑のこの杭で見かけます。

 

 

 

3頭身のチビッ子猛禽、モズ。

可愛い姿に似合わず結構残酷で、いろんな鳥の鳴きまねが得意。

 

 

 

こちらはイソヒヨドリのメス。

カマキリを仕留めたところです。

 

巣立ったばかりの子供。

まだ産毛がふわふわしていて好奇心いっぱいにこちらを覗いていました。親鳥はこの時数メートル離れたところで見守っていました。

 

そして、イソヒヨドリの雄。

一対の番いが我が家の近辺を縄張りにしていて、昨年はメスの雛を巣立ちさせていました。繁殖期になるととても複雑で美しい鳴き声を聞かせてくれます。彼らのその鳴き声が私に身近な鳥の存在に気づかせてくれて、観察する楽しさを教えてくれました。

 

 

 

 

今までもずっと近くにいたはずの彼らに気づいたのは、こうやってカメラで撮影するようになってからです。見ようとしなければ見えていないものの多さにかなり驚きました。まだまだ身近に大切なことや面白いことがひっそりと身を潜めてるんじゃないのかな。

 

いやいや、それ以上に見て見ぬふりしていることも結構ある。

 

今年は何か少しでもできることをしないとあかんなぁ。

 

 

つちやはるみ

そろそろイデアルへサドルを送ろうかと思っています。イデアル#90をお持ちの方で革の張替えを希望されている方は11月10日までにアイズバイシクルまでお送りください。まとめて修理に出したいと思います。おそらく年内にはきれいになって戻ってきますよ~。

 

イデアルの革の張替えについて、詳細はこちらをお読みください。

つちやはるみ

1 2 3 4 5 6 18

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop