アイズの独り言>

緊急事態宣言。

やっと出るそうだ。。

でも、今や人との接触を従来の8割減らさないと感染拡大を減らす効果が少ないとのこと。大変だぁ。。

今回、京都は対象になっていないそうですが、隣接する大阪と兵庫には出るようです。京都の感染者状況のページをチェックしていますが、やはり毎日増えているのは間違いなく、感染経路を終えない感染者も増えています。特に気になっているのは公開されている情報には「入院調整中」で終わっている報告ばかりが並んでいること。一体どうなっているんだろ。院内感染もあちこちで出ているし、現場を知る身としては、今の医療現場がとても心配です。他の国のように強硬な行動制限がされるわけではないので私たちは自主的に良いと思う行動をしなければ。。。

 

 

そんな中でもアイズバイシクルは粛々といただいたお仕事に励んでいます。

今進行中のお仕事は、フランスからの部品が届かず完成一歩手前で止まってしまっている一台。

新しい鍍金屋さんでのお仕事待ちの親方フレームやレストア仕事。

塗装に出たばかりのもう一本の親方フレーム。

それらの合間を縫って、何台かお手頃ヴィンテージも組みあがっています。

 

決して今のコロナ騒動は永遠と続くわけではありません。

ワクワクを力に変えて乗り越えていきましょう!

 

 

 

まずはオリジナルパーツ満載のCOPPI(コッピ)。

前のオーナー様も大切に乗られていましたが、今回、グランボアで一台作りたいとのことで、手放されることとなりました。フレームは塗り直しの上、オーバーホールで仕上げています。

 

 

そしてエルゴ仕様のマルコマラストーニ。

 

このマラストーニには、珍しいパイプ埋め込みのブレーキケーブルの内蔵工作が施されています。

パーツスペックはフレームスペックに基づいて選択されたアイズオリジナル仕様です。

 

とにかく、どっちもすっごくかっこいい!!

 

 

詳細はギャラリーグランボアに掲載済みです。

是非、ご検討ください。

 

 

 

つちやはるみ

2020.02.03

働き方改革?

3が付く平日が定休日のアイズバイシクル、今日がその定休日。

自宅から倉庫まで5キロの道のりを親方と歩いてきました。往復10キロも歩きましたが、歩数計は14000歩ほど。もうちょっとカウント上がると思ったんだけどな。。

それにしても2月上旬と言えば一番寒い時期なのに今日は橋の上の気温表示はなんと10℃。そんなに晴天でもないのに上着いらずで歩けました。気持ちいいけど、ちょっと気持ち悪い。地球がなんだか不健康な感じ。大丈夫かな。。

 

 

どうでしょう、ツグミが群れているのですが分かりますか?

 

ほら。ツグミはこの季節越冬のためシベリアから日本へやってきているそうですよ。

 

 

こちらは我が家に遊びにきているヒヨドリ。

ちょっと若い感じがしますね。

 

 

 

そして、親方。

今日はWさんのフレーム前三角に取り掛かっています。ちょっと作業が進んでは母屋に戻ってきて「俺って天才!」と呟いて作業に戻っていきます。自画自賛は滑稽かもしれませんが、気持ちよく作業が進んでいる証拠ですのできっといい仕上がりになりますよ!

 

 

私はいろいろ家のことをしながらホームページの整理を進めています。

先日前野が書いてくれたパッケージの話も随分前から気になっていたこと。物にあふれている今の時代、本当に必要なものや欲しいものを見栄えだけで見失ってしまわないよう、不健康そうな地球が少しでも元気を取り戻すよう、小さなことではありますが「見て見ぬ振りせず」に実行していきたいと思っています。

あと、働き方改革の名のもとに私たちのような小さな会社の労働単価もじわじわと上がってきています。これまでホィール組工賃を1本4,000円にてお受けしていましたが、大変申し訳ありませんが、3月1日より1,000円アップさせていただくこととなりました。ホィール組は主に昨年念願のパリブレストパリを日本人4位のタイムで完走した前野が担当しています。走りに直結するホィールには彼なりのこだわりがあり、丁寧に組み上げます。2月中は今までの価格でお受けいたしますのでご検討中の方は今月中にご注文下さいませ。同時にタイヤをお買い上げいただき、セットさせていただく場合は追加の工賃はいただいていませんので特にお得ですよ。ホィール組の見積もりページはこちら

つちやはるみ

2020.01.02

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

 

 

もう少し荒れた天気になるのかと思っていたのですが、雨もさほど降らず、青空も見えています。なので親方は今日から作業場で仕事を始めましたが、キリの良いところで2時間ほど散歩に出てきました。自宅で仕事をするとこうやって息抜きをしながら作業が進むのでとても良い。わたしもそのペースに合わせていろいろ家事や事務仕事をこなすことができるのです。

 

今年はいったいどんな一年になるかな。今年は大きなイベントは入れずに製作に励むとのことですが、どうなることやら。どんな人と出会い、どんな仕事をさせていただけるのでしょう。そして、どんな旅ができるのかな。最近はカメラを背負って野鳥の撮影が楽しみの一つになっていて、少しの時間でも外を出歩く機会が増えました。

 

 

撮りためたものの中から少し紹介してみますと。。

 

 

身近な鳥の代表、スズメ。

外縁に来ていたのを物陰から撮影したので影が入っていますが、警戒している親鳥と無防備な小雀が撮影できました。

 

 

 

 

ホオジロのメス。

 

ホオジロのオス。

いつもは高いところで声を張り上げていますが、この日は番いで地べたにいました。

 

 

 

 

こちらは葉を落とした桜とカシラダカ

これらの鳥は写真に収めるまでは近くにいてもずっと雀だと思っていたはず。

 

 

 

 

ジョウビタキ。

毎年寒くなると、隣の畑のこの杭で見かけます。

 

 

 

3頭身のチビッ子猛禽、モズ。

可愛い姿に似合わず結構残酷で、いろんな鳥の鳴きまねが得意。

 

 

 

こちらはイソヒヨドリのメス。

カマキリを仕留めたところです。

 

巣立ったばかりの子供。

まだ産毛がふわふわしていて好奇心いっぱいにこちらを覗いていました。親鳥はこの時数メートル離れたところで見守っていました。

 

そして、イソヒヨドリの雄。

一対の番いが我が家の近辺を縄張りにしていて、昨年はメスの雛を巣立ちさせていました。繁殖期になるととても複雑で美しい鳴き声を聞かせてくれます。彼らのその鳴き声が私に身近な鳥の存在に気づかせてくれて、観察する楽しさを教えてくれました。

 

 

 

 

今までもずっと近くにいたはずの彼らに気づいたのは、こうやってカメラで撮影するようになってからです。見ようとしなければ見えていないものの多さにかなり驚きました。まだまだ身近に大切なことや面白いことがひっそりと身を潜めてるんじゃないのかな。

 

いやいや、それ以上に見て見ぬふりしていることも結構ある。

 

今年は何か少しでもできることをしないとあかんなぁ。

 

 

つちやはるみ

フランス出張でしばらく親方は留守にしていましたが、本日無事に帰国しています。明日の午後から店に出る予定にしていますので、よろしければお土産話など聞きに来てくださいね。パリブレストを完走したコンクールモデルもじかにご覧いただけます。

また、ブログの記事は早々にまとめますね。楽しみにお待ちください。

 

 

 

それにしても今回の帰りの便は様々な輪行姿の自転車でいっぱいでした。

皆ちょっと疲れた様子ですが、とてもいい顔をしておられます。

 

 

そうそう、エートルの赤が再入荷しています。お待たせしました。

 

つちやはるみ

グランボアのペーパーカタログにつきまして、現在2019年の2版目でしたがなんと在庫が無くなってしまいました。。。6月まではもつと思っていたのですが。。。。

次の号はJBT用の自転車の解説を入れようと思っていますので、出来上がりまでしばらくお待ちいただければと思います。6月中ごろを予定しています。(ギリギリだ!)

 

それまではウェブカタログをご覧下さい。よろしくお願いします。

カタログ

つちやはるみ

1 2 3 4 5

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop