アイズの独り言

11月もそろそろ終わり、いよいよ12月、一年も終わりです。今年の紅葉もまずまずでしたが、あっという間に葉を落としてしまいましたね。皆様、秋のツーリングは楽しまれたでしょうか?

 

 

11月23日は第2回タンデムラリーでした。
1123_1
タンデム7台、ソロ10台、総勢24名!

この日の京丹波は夜間の雨がようやく上がってはいたものの気温は低く、午後からは再び冷たい雨がパラパラ降り出したりでちょっと残念なお天気でした。ですが、ドタ参3名を含み、楽しい一日となりました。お集り下さいました皆さまありがとうございます!

 

 

コースは春のときとほぼ同じ。ですが、ご遠方の方々も参加していただきやすく集合時間も1時間遅らせました。それに、ランチの場所とお茶の場所を変えてプランニングしましたよ。水曜日はお休みのところが結構あって要注意なんです。

 

予定していたコースは概ね35km。

晴れていればのんびりおしゃべりしながら走るにはちょうど良い距離だったのですが、生憎のお天気でランチを頂いた後はショートカットして、結果20kmほど走っただけとなりました。ただでさえ短いコースなのにショートカットしてしまってはほとんど食べてるかお茶してるか。。。。

こんなんで良いの!? 良いのです。良いのです。楽しかったんですから。

 

 

スタート前。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

今回参加のタンデムで春のときとは違う車体が4台集まりました。内3台がほぼ初ツーリングの組みあがったばかりの車体。もちろん、公道に出る前に駐車場で念入りに試乗です。

特にこちらの芯芯595mm/585mmのエルスの特大タンデムは男性二人で初参加!しかもお二人ともタンデム初めてです。だ、大丈夫でしょうか。。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャプテン側(前)にMさん、ストーカー側(後)にHさん。どちらもソロでしたら超ベテランのお二人です。

 

こちらはお試し乗りのKさんとFさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Kさんはつっかけがトレードマーク。(≧▽≦)

*

*

*

しばらく、男たちがキャーキャー言いながら乗っていたのですが。。。

1123_6

ガガガッ!

 

 

異音と共に飛んで来る大介店長。

 

1123_7

親方も出動して調整します。。なんとかなるかな??

まあ、なんとかならなければ、途中で収容します!

 

 

 

 

 

という感じでボチボチスタート。

1123_9

 

タンデムとは二人乗り自転車のこと。2人のケイデンス(ペダルの回転数)を合わせてペダルを漕いでいきます。足が合えば登り坂も二人分の脚力でスイスイです。

ですが、キャプテン側は二人分の重さを乗せた自転車をコントロールしなければならず、ソロで乗るよりずっと上半身を使います。スピードも出るので利かないブレーキのタンデムの操縦はかなり怖いものがあります。車体は前後ゆったり設計されているものもあれば、競技用でホィールベースを短く設計されていて、ストーカーがキャプテンの背中にへばりつく様なポジションになってしまうものもあります。そんなので2人力で走るとソロでは味わえないスピードが出るのでビックリする事があります。慣れていないとこれまた恐怖を感じる瞬間かもしれません。私は普段ヘルメットは被りませんが、タンデムのときは時々欲しいなと思う事があるくらいです。

後のストーカーはブレーキも変速機もハンドルも与えられず、ただただペダルを回すだけでほぼ何の主導権もありません。その代わりといっては何ですが、私は時々退屈してくると両手を離して背中を伸ばしたり、振り向いて写真を撮ったり、景色をボケーと眺めたり、日頃ソロではできない事をしたりしています。

ようするに、ソロとはちょっと楽しみが違う乗物なのです。

 

 

 

たくさんで走ると壮観です。
1123_10

ですが。。。

 

 

走り出して30分ほどでしょうか。。。

MさんHさんペアにトラブル発生。メンテナンスしたばかりのフリーが完全にフリーになってしまいました。。。おまけにブレーキワイヤーまでかつて店長も親方も見たこと無い場所で切れてしまいました。。。このタンデムには前後のセンタープルブレーキのほかに後にドラムブレーキがセットされていて、切れたのはそのドラムブレーキのワイヤーでした。

走行不可。残念。ここまでです。。
1123_18

なぜかな。。。フリーもほぼ新品だったしメンテナンスもしたばかり。メンズの馬鹿力ばかりではなさそうです。。。

 

*****

【フリーになってしまったエルスのフリー】

店で蓋を外して分解したところ、見た目には異常なく、爪も正常に動いている状態でした。原因が分からず、店長がバラバラにしたフリーを前に長らくあーでもないこうでもないといじっていて、ようやく出した結論は。。。

free

 

 

【爪ではなく、ラチェット】

free_1

(右がほぼ新品のシクロ、左が今回のフリーのもの。)

新品に近い別のシクロのラチェット部と比較しますと今回のフリーのラチェット山が低いことがわかります。さらに強い漕ぎ出しの力によって爪がラチェット山の一部をなめてしまっていて、爪が引っかからなくなってしまっていたのです。当初使用上の摩耗により山が低くなっているのかと思いましたが、在庫のフリーボディのいくつかを調べますと旧いシクロのフリーに比べて新しいシクロフリー(コンペティションやシクロ72)のラチェット山は低くなっています。明らかに製造上の変更がなされているようです。

 

そして、実はこのフリーホイールはシクロではレアなタンデム用のフリーホイールでした。

free_2

(左が普通のシクロ、右が今回のフリーのもの。)

普通のシクロフリーは2つの爪がラチェットに引っかかって駆動力を支えているのですが、タンデム用に作られたこのフリーではそれが倍の4つで、よりしっかり駆動を伝えるようにできています。これらの事は実際に分解してみませんとわかりません。ですが、見た目が一緒でもタンデム用にはこうした特殊なパーツが使われています。

 

今回のトラブルは元々のボディの山が低く作られていたのと、爪の多さが摩耗を早めてしまった結果と推測されます。普通ではありえないトラブルがタンデムには起きるものですが、今回のトラブルは私たちも初めてです。勉強になりました。(親方)

******

 

 

 

 

さて、再スタート。

店長には車を取りに戻ってもらい、MさんHさんには車で伴奏してもらうこととなりました。寒い一日でしたが、時折陽が差すととてもきれいです。
1123_19

私たちは今回ルネエルスのシャンテルーというモデルで参加しました。ホィールベースを短く設計した競技用モデルです。ついついスピードが出て暴走してしまうので要注意。ですが、どんなにスピードを上げてもKさんが静かについていてビックリしました。流石です。

 

 

 

大阪から初参加くださったAさまご夫妻。

3日前に組みあがったペガサスのタンデムでご参加くださいました。車体は初ツーリングでしたが、ライダーはタンデムに慣れていらっしゃって息ピッタリでした。

1123_21

 

 

京都府のタンデム走行認可に尽力してくださったSさん。春はどうしても都合がつかず断念されましたが今回は念願叶いました。ご自身でコツコツ組上げられたTOEIのタンデムも調子良かったですね。
1123_22

 

 

Y様ご夫妻。春と同じジャックテイラーのタンデムでしたが、ライダーの秋冬ファッションで更にエレガントですね。

1123_23

 

 

K様ご夫妻はいつも素敵な笑顔を見せてくださいます。
1123_24

 

 

タンデムベテランのO様ご夫妻。うしろはこれぐらい力を抜いて乗らなくちゃ。。とは思うのですが。。。

1123_26

 

 

さぁ、お昼ごはん!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は丹波ワインさんでお昼のコースをいただきました。デザートまでで3,000円。ちょっと奮発しました。

*

*

*

*

*

ゆっくり時間掛けて昼食をとり、表に出た頃にはパラパラと冷たい雨。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あちゃー。

 

 

でも、あえて無理する必要も無いので素直にショートカットコースを行きます。来年は良い天気に恵まれますように!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ソロでご参加くださったUさん。

 

Fさん。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

NさんにNさん。ソロの方々にはちょっと走り足りなかったかもしれませんね。

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今年から取り扱いを始めたリアバック。タンデムにピッタリです。少しの雨ならジルのバッグは大丈夫なんですよ。中まですぐに浸みてきたりはしません。でも、後でシッカリ乾かして、革の部分はオイルなどで保湿しておいてくださいね。

 

 

 

さぁて、オーブでお茶して帰ろう。

1123_33

来年はまた春に企画する予定です。なんだかランチのときの話の流れでタンデムラリーをタンデム学会にしよう!なんて話が出て、何だか皆その響きが気に入っています。

タンデムをお持ちの方、興味のある方、どうぞお気軽にご参加ください。希少なタンデム自転車を今後も末永く楽しく走らせるためのノウハウを共に研究しようではありませんか。お待ちしています。

 

*****

ところで、スタッフ紹介のページ、新しくなりました。今年の新入社員ともども、どうぞよろしくお願いします。

 

つちやはるみ


11月23日(水・祝)タンデムラリー開催です!
集合時間 10:30 ※当初より1時間遅くなっていますのでお間違えなく!

11時にスタートします。
寒くなりそうですので、防寒対策しっかりとなさってお越しください。
それでは皆様、一日のんびりツーリングを楽しみましょう。

★11/23(水・祝) アイズバイシクルはお休みです。

なっぱ


2016.11.22

BRM1008大津600km

こんにちは、スタッフの前野です。

少し前の話ですが10月8~9日に開催された大津~新潟を走る600㎞ブルベに参加してきました。

前回のブルベは単独での参加でしたが、今回は初600㎞の友人(以後友人Sと呼ばせていただきます)も一緒です。彼とは大学時代同じサイクリングクラブに所属し、九州一周、四国一周を共にした仲です。今年からブルベに参加し、グランボアのランドナーで200、300㎞のブルベを完走しています。

コースは大津を出発して琵琶湖の湖岸を北上し、関ヶ原を抜けて岐阜から高山へ。高山から野麦峠で松本へ抜け、妙高高原を越えて上越へ。上越から先は日本海を左手に新潟まで走ります。このコースを40時間以内に走り切るのです。前半約300㎞は上り基調で、野麦峠を越えてしまえば峠はあるものの下り基調。後半約150㎞は海沿いの平坦路です。獲得標高は4800m、野麦峠を越えてしまえば完走が明るいコースプロフィールなので、2人揃って完走できると考えていました。

 

 

大津駅をスタートするのは午前6時、眠い目をこすりながら4時過ぎに自宅を出発して大津駅へ向かいます。
PA080540

まだ暗い大津駅前には既に多くの参加者が。天気予報は曇りのち雨。天気予報を見て友人Sはなんだか弱気です。「自分は松本まで行ければ十分だ」とまで言っています。「どうにかして友人のやる気を引き出さねば!」と思いますが僕自身も、深夜に超える予定の野麦峠の気温、天候が心配でした。とりあえず友人Sが行けるところまでは一緒に走って、もし何かあったらその時決めることにして肌寒い大津駅をスタートしました。

 

 

PA080546

【装備紹介】

フロントバッグの中にはゴール後に着る衣類、レインジャケット、防寒用のウールインナー、手袋、シューズカバー、予備チューブ2本、モバイルバッテリーなどが入っています。8月の北海道600㎞に比べると防寒具、輪行時の着替えなど荷物が多いです。携行するボトルは一本にして、空いたケージにはレインパンツを入れています。雨予報だったので、普段は使わないクロスカントリー用のチェーンルブを使用しています。

8月の600kmでは上下ルイゾンボべを着て走りました。今回の600kmは寒暖差が激しい10月開催のため、ウェアも異なっています。まず上はルイゾンボベの半袖ジャージゾーリンゲンとメッシュのアンダーウェア、アームカバーを基本とし、夜間に気温が低下した場合はメリノウールのアンダーウェアを着用します。ルイゾンボベのジャージはメリノウールが含まれているので、化繊のみのジャージに比べて快適に着用できる気温帯が広いです。下半身は荷物削減のため、1枚のビブブショーツで乗り切れるよう、裏地フリースの七分丈ビブショーツを着用しました。夜間、想定よりも気温が下がったらレインパンツを履きます。

ブルベは昼夜、天候を問わず走行するのでウェア選択はとても重要です。特に気温が低くなる秋~春の峠では遭難に繋がりかねないので自転車選び以上にウェアの選択が成否を決めます。

 

 

 

PA080575

スタートしてしばらくの間は幹線道路を走行するので黙々と走ります。友人Sも調子が良さそうで、30km/h前半を維持しながら距離を稼いでいきます。関市を抜けるまでの約140㎞は交通量が非常に多く、とても気を使う区間でした。

 

 

関を抜けると山間を縫うようにして下呂方面へ向かいます。

PA080624

ダム沿いを他の参加者と共に走ります。写真では確認出来ませんが、ダム対岸の斜面には民家が点在しています。普段走っている京都北山の景色とは異なる雰囲気で、旅情を感じます。

PA080659

 

 

こちらは約190㎞地点の岩屋ダム。ダムの壁が岩で敷き詰められています。ロックフィル式ダムというもので粘土質のコア、砂や砂利で構成されるフィルター材、そして外側の岩から成るロック材の3層で構成されているそうです。なかなか見ることがないタイプのダムだったので友人と写真を撮りながら休憩します。ダムカードをもらってこなかったのが少し悔やまれます。

ここまで雨の勢いは弱く、レインウェア無しで進んできましたが、雨脚が強まりレインジャケットを羽織ります。この時点で午後3時、この先さらに雨が強くなる予報です。景色を眺めている僕の横で友人はリタイア後のことを考え、天気予報や帰りの電車を調べ始めました。

2016-10-08_055018173_09B7E_iOS

 

岩屋ダムの上から馬瀬川を臨む。

なかなか足を運ばない場所に来られるのも、ブルベをやっていて楽しいと思うポイントです。普段はダムを目当てにツーリングコースを組むことがありません。こんな景色を見ると、淡々と通り過ぎるのが惜しくて脚を止めてしまいます。

PA080677

 

岩屋ダムを後にして交通量の少ない山道を進みます。走りながら今後の進退について話し合い、体調不良と天候悪化で友人SのDNF(Did Not Finish)が濃厚になりました。この時、僕は友人Sと別れて走り続けるか否か決めかねていました。

PA080711

 

道の駅馬瀬美輝の里で足湯につかります。岩屋ダム以降、友人Sは体調不良で走りに覇気がありません。この先、別れて一人で進みことも考えましたが、折角予定を合わせて走っています。今回はブルベの完走にこだわらず、楽しく走ることを優先して自分もDNFすることにしました。

PA080722

 

DNFを決めて鉄道や宿がある町に着くまでは自分の脚で進みます。ブルベではリタイアした人を回収するためのサポートカーは用意されていないので、リタイア後も自己完結しなければなりません。

PA080734

 

下呂の市街地に到着し、DNFの連絡を主催者に入れて急いで宿探しです。時刻は16時過ぎ、3連休初日ということもあって、空室を見つけるのに難儀しました。
10軒近く電話して部屋を確保。布団と風呂で英気を養い、明日以降の行程を計画します。下の地図は1日目の走行ログです。

 

友人Sも宿に入って体調が回復したようで、2日目は下呂から高山へ抜けて天生峠を越え白川郷へ。白川郷で茅葺集落を観光し、五箇荘から砺波、金沢まで走ることに決めました。金沢で輪行してその日のうちに京都に帰る計画です。


 

 
2日目は飛騨までブルベとほぼ同じ道を走って高山へ抜けます。途中に野麦峠への分岐がありました。もしDNFしていなかったら深夜に大雨の中、同じ場所を通過していたかもしれません。写真はトンネルを迂回して走った旧道です。交通量ゼロ、川沿いの静かな道を満喫しました。ブルベ中と比べて頻繁に立ち止まって写真を撮り、走るペースもスローになりました。友人と他愛もない話をしながら景色を満喫し、のんびりペダルを回していい気分です。まだ午前中で、時間に余裕があって気楽でした。のんびりサイクリングが後半に響くとは思いもせず…

PA090811

 

2日目のメイン、天生峠です。飛騨から合掌造りで有名な白川郷へ抜ける標高1289mの峠で、国道360号線上に位置しています。登りの飛騨側は細かいヘアピンが多く、路面は比較的きれいです。下りの白川郷側は落石、落ち葉が路面を荒らし、全体的に頭上は樹木で覆われており薄暗い道でした。

PA090866

 

序盤は九十九の急こう配が続きます。

PA090878

 

標高を稼いでいくと勾配は緩やかになり峠に近づいていきます。紅葉シーズンに行ったら絶景が期待できます。峠には天生湿原と籾糠山への登山口が設けられ、車とバイクの往来も少なくありません。

PA090914

 

 

峠に到着して少し休憩した後、ウインドブレーカー代わりにレインジャケットを羽織って白川郷へ下っていきます。この白川郷側の下りが落石と大量の落ち葉、枯れ枝でスリリングなダウンヒルになりました。

PA090937

 

 

天生峠を下ると白川郷の入り口に合流します。実は以前もブルベで白川郷に来たことがあったのですが、その時は深夜に通過しただけ。暗闇の中、茅葺集落のシルエットがぼんやりと見えただけだったので、今回初めて白川郷を見学することが出来ました。ここで昼食をとります。

PA090958

 

午前中のまったりサイクリング、天生峠と白川郷見学で時間が押してきました。白川郷を出た後は前日のブルベと同じか、さらに速いペースで先を急ぎます。何せこの日のうちに京都へ帰ると決めたので、終電金沢駅発20:30に間に合わせなければなりません。実は2日目の走行距離は天生峠を含んだ約180㎞、午前中にまったりサイクリングをしていられるほど短い距離ではなかったのです。

PA090998

 

僕たちが先を急いでも登り坂が平らになってはくれません。「昨日のブルベよりもしんどいな~」と嘆きながら坂を上っていきます。

PA091011

 

 

南砺に到着したあたりで日没を迎え、2時間ほどナイトランをして金沢駅に到着しました。初日は日没前にDNFを決めて宿に入ったので、ナイトランをした2日目の方がブルベの雰囲気があったかもしれません。

2016-10-09_101419314_C812A_iOS

金沢駅に到着したのは19時過ぎ。急いで輪行すれば終電より1時間早い電車に乗れそうだったので10分ほどで輪行、急いで特急に乗り込みました。京都まで約2時間、友人と乾杯して今回のブルベの反省と思い出を語り、帰路に着いたのでした。

 

今回はDNFに終わりましたが、楽しくツーリング出来たので結果オーライ。完走にこだわる事も大事だと思いますが、楽しく走って無事に帰ってくるのが一番です。

今年はエントリーしたブルベが少なく、スーパーランドナー獲得を逃しました。来年は出走回数を増やして、スーパーランドナー獲得+1000kmブルベに挑戦しようと思います。

まえの


ここのところいろいろ忙しくって、いろいろ入荷したり、出来上がったりしてるというのにご案内が遅れておりました。。。

 

まずは、完成車のページ

まず目を引くのは先日サイクルモードで展示しましたグランボアのヴィンテージモデルですよね。そうなんです。ようやくショッピングサイトのページが出来上がりました。グランボア第一号が1996年ですので今年がちょうど20年目。オリジナルパーツもこんなにそろえる事ができました。変速機とライトとサドル以外はすべて現行品で組まれた、見て良し、乗って良しの一台です。価格も既に特価となっています。是非、ご検討いただければと思います。

 

また、こちらは少し前からアップしてあったのですが、まったくお知らせしていなかったのできっと初めてご覧になる方もいらっしゃるんではないでしょうか。マスプロ車を掲載するのは初めてかもしれませんが、このアラヤのツーリストの価格には驚きました。グランボアではほんの少しグランボアのエッセンスをプラスしてご案内しています。サイズは3種類しかありませんが、サイズが合えば入門用として申し分ない一台です。

 

そして、ヴィンテージのページ

こちらも先日サイクルモードでお披露目したものをアップいたしました。2台のマラストーニは戻ってからすでに売れてしまいましたが、まだサイクルモード来場者を唸らせたエルスゲランビアンキプジョーもありますよ。是非、ご検討ください。

 

あと、部品ではずっと欠品していたバッグサポーター各種クロモリステムキムラのタンケンライトグランボアの輪行袋などすべて再入荷しています。

 

 

******

この間のお休み、両親を連れて別子銅山と小豆島観光に出かけていました。紅葉は少し盛りを超えた感じでしたが、良いところでしたよ。

bessi

今度は是非自転車で行きたいな。

 

つちやはるみ


先日は、京都サイクルフェスタにお越しいただきありがとうございました。初めての出展でしたが、とても有意義な1日でした。
1113_1
天気が良すぎて眩しすぎるくらいの晴天!
 
 
 
「お店どこですか?」と聞かれ、「仁和寺の交差点近くのバス通りにあるガラス張りの・・・」と答えると、「あ!あそこですか!」と驚かれることも多々。やっぱり自ら外に出ていくって大切なことなんですね。
1113_2
1113_3
京都サイクルフェスタは、1日で4回入れ替え制の試乗メインのイベント。1回の人数が概ね限られていることや、運営スタッフの皆様が試乗前に説明会をしてくださるなどきめ細やかで、安心してゆっくりと自転車に乗っていただくことができました。お客さんにとっては、試乗のための順番待ちをしなくてもたくさん自転車に乗れるところが良いですね。運営スタッフの皆様、どうもありがとうございました。
 
 
 
お昼休みの時間帯には、出展ブースのスタッフによるエキシビジョンレースも白熱!グランボアからはもちろんチョコ君がランドナーで出走!

スタート前。光る泥よけが目印です。
1113_4

チョコ~!
1113_5

ファイト~~!!
1113_6レースを見るのは初めてで、すごく面白かったです。一緒に応援してくださったN様、S様ありがとうございます!
 
 
アイズバイシクルの地元京都で、こんなふうに皆様とお会いできる機会は、本当に貴重で楽しい一日でした。
エトワールに試乗してみたけれどお勧めのERモデルに乗ってみたい、700Cランドナーを試乗したけれど650Bにも乗ってみたかったという方、ぜひ次は実店舗アイズバイシクルへ!
11月は、23日以外はすべて営業しております。スタッフ一同お待ち申し上げます。
 
 
*****
 
 
さて、徐々に秋も深まってまいりました。
次はこちら!ご遠方からもご参加いただけるように、集合時間を当初より1時間遅く設定し直しました。ぜひたくさんの方にご参加いただければ嬉しいです。
 
【タンデムラリー】
日時:11月23日(水・祝) 10時30分 集合
★集合場所などの詳細は直接お問い合わせください。また、参加をご希望の方は必ずご一報お願いします。

タンデムラリーはソロでもご参加いただけます!前回同様、スタッフもソロで走ります。距離はおよそ35キロと短いので、一日ツーリングが初めての人にもぴったりです。ちなみにこんなところを走ります。

初夏は緑の田んぼがとてもきれいでした。秋の丹波高原はどんな景色が広がっているでしょうか。。
楽しみですね!

なっぱ


1 2 3

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop