アイズの独り言

こんにちは、前野です。
先月は春のように暖かい日も有れば、愛宕山が薄っすら雪化粧している日も散見されました。
3月も寒い日が続きますが、日中の日差しや日没時刻が遅くなっているように春の訪れを感じることも増えましたね。

親方と専務は先月末より5年ぶりのフランス滞在中ですが、あちらの様子も気になるところです。

まずは今月の予定です。

【アイズバイシクル3月の予定】
・13日(水) 定休日
・17日(日) ラリーグランボア(アイズバイシクルはお休みです)

3の付く平日の定休日は13日(水)のみとなります。

親方の土屋がフランス出張中の為、フルオーダーフレームの注文対応は帰国後(14日以降)となります。

そして17日(日)はラリーグランボア!

 

17日(日)開催予定のラリーグランボアは参加者募集中です。
今年は例年の第二日曜日ではなく第三日曜日の開催となります。

毎回恒例、持越峠の“Cafe de GrandBois” でコーヒーやお茶菓子をご用意してお待ちしております。

 

ラリーグランボアは昨年のアイズラリーのように私たちが先導して走るサイクリングではなく、集合地点となる雲ヶ畑の持越峠に集まってサイクリスト同士の交流を楽しむイベントになります。

ちょうどお昼前に峠のカフェは閉じますので、道中でお昼ごはんを食べてからアイズバイシクルにお戻りください。京見峠の「山の家はせがわ」は毎年人気です。僕たちスタッフは13時から始まる受付準備のために急ぎ足で戻りますが、参加者の皆様は是非ゆっくりと北山の峠と昼食を満喫してください。
以下はアイズバイシクル発着のコース例です。

持越峠を雲ケ畑側から登り、峠の“Cafe de GrandBois” (コントロールポイント)で一服。帰りは真弓の方へ下り、杉坂から京見峠を登って途中にある山の家はせがわでハンバーグをどうぞ。
京見峠のダウンヒル(山道ですが車も通るので慎重に!)を終えたらさらに千束の激坂を下って原谷へ。最後は原谷から仁和寺まで下ってアイズバイシクルに到着です。

あくまでもコース例ですので、逆回りやアレンジして別の道を走ってもOK。
スタート地点も自由です。
ちなみに、持越峠は雲ケ畑側から登る方が例年多数派です。

【ラリーグランボア2024】

・日程:3月17日(日)

・“Cafe de GrandBois” (持越峠コントロールポイント):10:30~11:30

・アイズバイシクルゴール受付:13:00~

・参加費:500円(グランボアの自転車は無料)

・参加申し込み:こちらからラリー参加希望の旨とお名前、電話番号をお知らせください

・昨年の様子をまとめたブログです。ご参考にどうぞ。

 

先日、親方がブログで告知させていただいたのですが今年は他のイベントと被ったり、例年と異なる日程の為ご都合のつかない方が多く、今のところ参加表明をいただいている方は少なめです。

毎年ご参加いただいている常連の皆様やご友人の方、グランボアの自転車が気になる方までご参加お待ちしております。

自転車のメンテナンスは済ませたうえでご参加ください。峠までのルートや自転車にご不安な点がある方はお早めにご相談を!

また、雲ヶ畑の持越峠は京都の街中とは天候が異なります。防寒対策や時雨対策の雨具などご用意ください。例年、ラリーグランボアの日は天気が良いのですがレインジャケットをフロントバッグに入れておくと安心です。

 

ゴール受付では軽くて容量たっぷりグランボアサコッシュLを参加者特別価格¥2,000(税込)で販売します。

昨年のようにゴール後もお楽しみいただけるように何かご用意できたらと思っております。
そうそう、親方と専務のフランスツーリングの土産話が聞けそうですね。

 

それでは皆様のご参加心よりお待ちしております!

まえの


久しぶりに新商品のご案内です。

薄くて丈夫なリップストップ生地で作ったサコッシュです。
いわゆる昔ながらのサコッシュより少し大きめサイズですが、開口部はファスナー式で中身が飛び出す心配がありません。ショルダーベルトは幅広で長さの調整が可能です。おまけに内ポケット付。色も黒・白・紺・ベージュ・カーキと5色もご用意しました。

 

ま、テストピースもあるので数点しかないものもありますが、でもどれもいい感じです。

親方は最初はカーキを選んでいたのですが、出来上がりを見てネイビーをチョイス。私は白がいいかな。ちょっと透けるけどね。ベージュも優しい感じで素敵です。拓未君は迷わずネイビー、と思いきやカーキと悩んでいました。今日は前野店長はお休みですが、彼なら何色を選ぶかな。

皆さんも是非選んでみてくださいね。→グランボアサコッシュL

サイズ:W460xH320xD130mm。

つちやはるみ


このブログに先行してSNSでフランスから取り寄せた地図を前にプランニングしている写真をアップされてしまいましたが、今月末からのフランス出張が決まりました。本当に行けるかどうか、この直前の時期まで諸事情あるわけですが、なんとかクリアできそうとなり、一気に親方も私もソワソワと落ち着かなくなってきました。。

 

正確に言えば、2019年のパリブレストパリ/コンクールマシンに参加して以来なので4年半ぶりです。レートも高くて大変なんですが、いくつか棚上げになっていることもあるのでパリオリンピックが始まる前に行ってこようと思います。もちろん、行くからには自転車持って、ラリーサンジェールに参加して、ついでにツーリングもしてこよう!

もちろん、しばらく会えてなかったフランスの友人たちに会えるのも楽しみです。

出発は2月28日、前半は納車と引き取り、ラリーサンジェなどでパリ近郊で過ごしますが、後半はTGVでトゥールーズまで移動し、そこからカマルグ自然公園までミディ運河沿いを4泊5日で走る予定です。最初はロワール川沿いのお城巡りかな、と旅のテーマをお城にしていたのですが、ご来店いただいたフランス人のお客様から南仏のミディ運河沿いのルートもおすすめだよ、と教えてもらいました。調べるととても面白そうです。ミディ運河沿いはEV8 (ユーロベロ8) の一部として自転車道が整備されていますが、未舗装路の割合も高くランドナーで走るのが楽しそうなルートです。特にカマルグ自然公園はそのユーロベロからは外れますが、地形も独特なうえ、野生のフラミンゴが生息しているとのこと。更に2月から3月は繁殖期にあたり、ピンクのフラミンゴが見れそうです。

というわけで、今年の親方と専務が行く春の旅のテーマは「運河」と「フラミンゴ」。

旅の様子はいつものようにインスタフェイスブックでまずはお伝えしますね。

 

 

 

今回の旅のプランも今年のカタログに紹介したやり方で親方が綿密に立ててます。

宿の手配やTGVの予約だけでなく、どこに見所があって、どのルートがより面白そうか、ここひと月ほど仕事の合間にを使ってすでに親方の旅は始まっています。

 

あと、2週間を切りましたが、サンジェのオーダーをご希望の方はオーダー代行も承ります。

是非、お気軽にお問い合わせください。

 

つちやはるみ


早いもので2月になって近所の公園の梅の花がほころび始めました。まだまだ雪の降る日もありそうですがそろそろ春のイベントのご案内です。

まずはラリーグランボアです。いつもは第2日曜日に開催していましたが、今年は諸般の都合により第3日曜日の3月17日の開催とさせていただきます。開催要項は昨年同様各々自由な場所から走り始めて持越峠の特設のカフェドグランボアにお立ち寄りいただくコンセントレーション形式のサイクリングになります。

◇日時 2023年3月17日 日曜日

◇コントロールポイント “Cafe de GrandBois” 10:30~11:30@持越峠
コントロールポイントの開設時間は10時30分から11時30分を予定しています。
また、ここでは暖かいお飲み物とお菓子をご用意してお待ちしています。
必ずマイカップをお持ちください。紙カップの提供はございません。

※真弓と雲ヶ畑の間にある持越峠です。南丹市と京都市の境にある持越峠ではないのでご注意ください。

 

 

さてすでに幾人かのタンデム愛好家の方からお問い合わせいただいておりますタンデム愛好家の集まり「タンデム学会」ですが、先日コースの下見に行ってきました。場所は三重県と滋賀県、伊賀と甲賀の国境を走る里山のんびりコースです。

 

新型コロナ流行前の2019年の年末に一度走って翌2020年の春のタンデム学会にと考えていたコースだつたのですが、ようやくの開催となります。当時は三重県のタンデム走行が解禁されるとのお話があり伊賀と甲賀にまたがる丘陵地帯が使えることになりプランニングしました。

試走してみるとコース上のあちこちに桜並木が点在し開花の時期とあえば素敵な景色となるでしょう。たとえ桜がなくてもこの季節の里山はのどかな景色で良いものです。

◇日時 2023年4月14日 日曜日

◇集合   余野公園駐車場に午前9時30分です。   関西本線JR柘植駅から北に1kmほどのところです。

◇昼食 コース途中の成田牧場でお弁当を広げたいと思います。各自ご持参下さい。

ラリーグランボア・タンデム学会とも参加のお申込みをお待ちしております。

親方


こんにちは、前野です。

ハンドメイドバイシクル展でもご質問をいただきました700×30Cと700×28Cのエキストラレジェタイヤが入荷しました。

走り心地を第一に考えているグランボアのタイヤはスタンダードモデルでも十分に軽く、快適な乗り心地ですが、エキストラレジェモデルはその長所をさらに伸ばした高性能タイヤです。

 

700×30Cシプレ700は650×32Bシプレと同様の「スーパーランドナー」という名タイヤをベースにした上品な杉目のトレッドパターンを持ちます。

トレッドは中央部に適度な厚みがあり、エキストラレジェケージングが組み合わさることでしなやか且つ軽量でありながら長持ちするタイヤです。

重量はスタンダードモデル290g、今回入荷したエキストラレジェモデルが260gです。

 

700×28Cセールヴェルデはグランボアタイヤの製造元、パナレーサーのタイヤと同じミックストレッドパターンを備え、エキストラレジェケージングが軽さと乗り心地の良さを引き立てます。

重量はスタンダードモデル250g、今回入荷したエキストラレジェモデルが230gです。

 

 

どちらのタイヤも700Cランドナー/スポルティーフタイプの自転車にマッチします。タイヤのワイド化が進むロードバイクにも使いやすい太さなので、自転車の乗り心地を良くしたい場合や少しでも軽くしたい場合は良い選択肢になるのではないでしょうか。

ちなみに、グランボアタイヤはチューブレスには対応しておりませんので悪しからず。

 

 

グランボアのエキストラレジェタイヤはケージングに使用している素材の特性上、サイドウォールがデリケートです。700×28Cや30Cのタイヤで積極的に砂利道や荒れた峠道を走る場合はより丈夫なスタンダードモデルをお勧めします。

ケージングの違いについてはこちらをご参照ください。

エキストラレジェタイヤはパナレーサーR-airのようなしなやかで軽量なチューブと組み合わせることをお勧めします。

 

 

ちなみに、700×28Cセールヴェルデ エキストラレジェは昨年初めて参加した富士ヒルクライムでも役立ちました。

勝手もわからず臨んだ初めてのヒルクライムイベントでしたが、700×28Cセールヴェルデ エキストラレジェを装着したスチールフレームのロードバイクに乗って24km、獲得標高1270mのレースを1時間20分58秒で走り切ることができました。

上位の方々のタイムを見れば、1時間20分台は胸を張れるような完走タイムではありません。
それでも、1時間30分での完走を目標にしていたので個人目標を大幅に上回る結果になりました。
この結果はイベント前に交換したエキストラレジェタイヤの恩恵も少なくないでしょう(普段の練習はスタンダードモデルでした)。

自分は650Bの太いタイヤを履いたランドナーに乗ることが多いのですが、細身の700Cタイヤが持つより機敏な感触も新鮮で楽しいです。

 

 

左から700×23C、26C、28C、30C

今回の入荷でグランボア700Cタイヤは全てのサイズでエキストラレジェモデルが揃いました。

エキストラレジェタイヤの軽さと快適な乗り心地はマイペースでゆっくり走る場合も、峠の登りでタイムを削るような走り方をする場合でも効果を感じられます。

それぞれの自転車に合ったタイヤサイズを選んで是非その心地よさを体感してください。

 

 

グランボアタイヤをオンラインストアからご購入の場合、日本国内送料無料でお届けします。

アイズバイシクル店頭では10%割引になりますので是非ご利用ください。

 

 

2月の定休日は13日火曜日です。

オーダーご希望の場合はご来店日時をお知らせいただきますようお願いします。

寒い日が続きますが、2月もどうぞよろしくお願い致します。

まえの


1 2

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop