アイズの独り言>

こんにちは、前野です。

ハンドメイドバイシクル展でもご質問をいただきました700×30Cと700×28Cのエキストラレジェタイヤが入荷しました。

走り心地を第一に考えているグランボアのタイヤはスタンダードモデルでも十分に軽く、快適な乗り心地ですが、エキストラレジェモデルはその長所をさらに伸ばした高性能タイヤです。

 

700×30Cシプレ700は650×32Bシプレと同様の「スーパーランドナー」という名タイヤをベースにした上品な杉目のトレッドパターンを持ちます。

トレッドは中央部に適度な厚みがあり、エキストラレジェケージングが組み合わさることでしなやか且つ軽量でありながら長持ちするタイヤです。

重量はスタンダードモデル290g、今回入荷したエキストラレジェモデルが260gです。

 

700×28Cセールヴェルデはグランボアタイヤの製造元、パナレーサーのタイヤと同じミックストレッドパターンを備え、エキストラレジェケージングが軽さと乗り心地の良さを引き立てます。

重量はスタンダードモデル250g、今回入荷したエキストラレジェモデルが230gです。

 

 

どちらのタイヤも700Cランドナー/スポルティーフタイプの自転車にマッチします。タイヤのワイド化が進むロードバイクにも使いやすい太さなので、自転車の乗り心地を良くしたい場合や少しでも軽くしたい場合は良い選択肢になるのではないでしょうか。

ちなみに、グランボアタイヤはチューブレスには対応しておりませんので悪しからず。

 

 

グランボアのエキストラレジェタイヤはケージングに使用している素材の特性上、サイドウォールがデリケートです。700×28Cや30Cのタイヤで積極的に砂利道や荒れた峠道を走る場合はより丈夫なスタンダードモデルをお勧めします。

ケージングの違いについてはこちらをご参照ください。

エキストラレジェタイヤはパナレーサーR-airのようなしなやかで軽量なチューブと組み合わせることをお勧めします。

 

 

ちなみに、700×28Cセールヴェルデ エキストラレジェは昨年初めて参加した富士ヒルクライムでも役立ちました。

勝手もわからず臨んだ初めてのヒルクライムイベントでしたが、700×28Cセールヴェルデ エキストラレジェを装着したスチールフレームのロードバイクに乗って24km、獲得標高1270mのレースを1時間20分58秒で走り切ることができました。

上位の方々のタイムを見れば、1時間20分台は胸を張れるような完走タイムではありません。
それでも、1時間30分での完走を目標にしていたので個人目標を大幅に上回る結果になりました。
この結果はイベント前に交換したエキストラレジェタイヤの恩恵も少なくないでしょう(普段の練習はスタンダードモデルでした)。

自分は650Bの太いタイヤを履いたランドナーに乗ることが多いのですが、細身の700Cタイヤが持つより機敏な感触も新鮮で楽しいです。

 

 

左から700×23C、26C、28C、30C

今回の入荷でグランボア700Cタイヤは全てのサイズでエキストラレジェモデルが揃いました。

エキストラレジェタイヤの軽さと快適な乗り心地はマイペースでゆっくり走る場合も、峠の登りでタイムを削るような走り方をする場合でも効果を感じられます。

それぞれの自転車に合ったタイヤサイズを選んで是非その心地よさを体感してください。

 

 

グランボアタイヤをオンラインストアからご購入の場合、日本国内送料無料でお届けします。

アイズバイシクル店頭では10%割引になりますので是非ご利用ください。

 

 

2月の定休日は13日火曜日です。

オーダーご希望の場合はご来店日時をお知らせいただきますようお願いします。

寒い日が続きますが、2月もどうぞよろしくお願い致します。

まえの

2024年はなんとも波乱の幕開けではありますが、一応、新年最初の投稿ということで、

新年あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

*****

で、こちら。

久し振りの本格的自転車マニアのための本が入荷しました。

その名も「CAMPAGNOLO COLLECTION」。当店でも旧くからのお客様である市川浩氏がご自身のコレクションをベースにスーパーレアなカンパパーツの世界を紹介しています。市川氏は日本でebay(海外オークションサイト)を使って海外からのビンテージパーツを集めることを始めた方のおひとりで、欧米に多くの知己を広めて素晴らしいコレクションを作り上げました。今回はその中でも選りすぐりのものを開陳しています。

私が最も感心して魅入ったのは1958年製クランクのPCD144のモデルです。どう考えてもつじつまが合わないそのミステリアスなクランクの存在だけでもこの一冊には価値があると思います。

親方

アイズバイシクルは昨日で仕事納めでしたが、親方のわたしは今年最後の納車仕事でした。

コロナ騒ぎで一切のイベントが開催されなかった3年のトンネルを抜け、ようやくボツボツと人が集まれるようになりました。どちらかと言うと参加することも主催することも多かった私は、イベントに追われていたような日々から抜け出して、いままでやってきたこと、これからしなければならないことを考える時間ができて、人生の晩年を迎えつつある身としては感慨深いものがありました。これからはもう少しじっくりと考えて、本当にやるべきこと、やりたいことを進めてゆきたいと思います。

今は月一台のペースでフルオーダーの自転車を制作し、同時に内外の協力を得て電動アシストユニットの研究試作に取り組んでおります。学生時代にともに走り回った仲間がつぎつぎと悠々自適の生活に入るのを横目にまだまだやらねばと心新たにしております。

来る年に向けて明日はアトリエを掃除です。1月は3日の中京地区の恒例イベント「昭和の森の新春ラン」(正式名称わかりません)から始まります。年末にいつも乗っていたエルネストのサンジェに乗れずじまいでしたので新年はエルネスト号で始めたいと思います。

来年もよろしくお願いします。

サイクルグランボア 土屋郁夫

 

 

*****

新年はいつものように初詣の後、1月4日午後2時ごろから開店予定です。

そして、ハンドメイドバイシクル展にはスタッフ総出で出展予定ですので、アイズバイシクルは1月19日から1月23日まで5連休となります。ちょっと続けて長期のお休みをいただきますのでご注意ください。1月のこのイベントに参加するようになってから、年賀状の用意がカタログ製作と重なりできなくなってしまいました。今年もどなたさまにも欠礼しますがどうぞお許しください。

それでは、皆さまも良いお年をお迎えください。(専務)

 

 

 

 

 

 

親方

先日のブログでお伝えしていましたサイクルスポーツ誌の取材記事が12月20日発売の「サイクルスポーツ2月号」に掲載されました。

新日本の名工という特集コーナーで、親方土屋のインタビューなどが4ページに渡り紹介されています。

青空と富士山の表紙が目印です。サイクルスポーツ2月号は全国の書店などでお買い求めください。

 

 

グランボアオンラインストアの掲載商品が1割引きになるクリスマスセールは今週日曜、24日まで。

クールストップマファック型ブレーキシューエスゲのダブルレッグスタンド日東キャンピーなどが入荷しています。

ジルベルトゥのパニアバッグやサドルバッグなども少数在庫がございます。
グランボアタイヤはいつもどおり日本国内送料サービスです。

ご自身または愛車へのクリスマスプレゼントにいかがでしょうか。ご利用お待ちしております。

 

まえの

2023.12.18

お詫びの続き

寒い朝。

今朝は美山でもついに雪がうっすら積もりました。今はもう山に残るくらいですが、キリッとした冬の空気に包まれています。

昨日のセールでも寒い一日でしたが、たくさんの方にご来店いただきましてありがとうございました。お久しぶりの方も、初めての方も、いろいろ間断なくお越しいただき本当にうれしい一日でした。ただ、昨日親方がブログでお伝えした通り、サイスポの掲載誌が違っていたことが判明して、急遽夕方から本屋に確認に出かけておりました。

なので閉店間際にやってくるお馴染みさんのサンダリストさんに会えず残念。。Kサン、差し入れありがとうございました!

 

にゃんくるスポーツカレンダーが付録で付いてくる新春号には掲載されておらず、「あーあ、またやっちゃった。。」と反省しきりだったのですが、さきほど真相が判明しました。。にゃんくるスポーツカレンダーが付録で付いてくる新春号は11月20日発売、12月20日発売は2月号だそうです!!

ああ、そうでした。。。

サイクルフィールドで広告を掲載していたころも、号数としては遅れて新年のご挨拶を載せたりしてひっそりと恥ずかしい思いをしていました。。。

ということで、今月20日発売の2月号に掲載されるそうです。

見本誌もまだ届かないのに書店に並んでいるっておかしいな、と思ったんですよね。

お騒がせして大変申し訳ありませんでした。

 

 

***

今日の親方。

ジャズを聴きながら作業を進めています。

明日はお店に行くそうです。

 

つちやはるみ

1 2 3 4 5 6 7 133

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop