アイズバイシクルの投稿記事一覧

2020.03.27

アイズのコロナ対策

今日は久しぶりに朝から雨。

天気予報を見ると、わりと全国的に雨模様ですね。自宅にこもるにはやはりこんなお天気の方が良い気がします。春爛漫な天気だとどうしても外出したいし、誰かと会っておしゃべりや食事なんかしたいですものね。

 

さて、全世界が今や大変な状況を迎えていて、日本でもオリンピックは延期が決まり、少しづつ様子が変わってきているのは皆様ご存じの通り。しかも、直ぐに収まることではなさそうです。。。

そこでアイズではできるだけスタッフやお客様の健康を知らないうちに損ねることのないように、自分たちでできる対策を始めています。

 

やはり、一番厄介なのが自分自身が自覚しないうちに感染源になっているかもしれないという事だと思います。それと、金属やプラスティックの上だと2-3日間程度ウイルスが生存するという事。

なので、親方をはじめスタッフは皆マスクを着用してお話させていただきますし、修理の自転車などはまずはお店の外でお預かりさせていただきます。手洗い、拭き掃除などもこまめに行います。時々ドアを開けたままにしてしっかり換気をしてお客様とスタッフを守る努力を始めています。

 

それにしても、これは数週間や、数ヶ月の辛抱で終わる話ではなさそう。。私たちはそれに合わせて工夫したり、生活の仕方を変える必要があるのでしょう。電車やバスでの通勤を自転車に変える方も増えるのかな。外出自粛のこの時期は、長年ほったらかしてる自転車のレストアや、新しい夢の自転車の構想を練ったりするには良いタイミングかもしれませんよ!

次の自転車はグランボアで、と思ってくださっている方、是非「今」ご検討ください。今のタイミングですと、親方フレームで納期はおそらく今年の10月以降、東叡社さんのフレームですと5月以降になる予定です。

 

それと、完成車のご注文はこれまで一度はご来店いただくことが一つの条件でしたが、このご時世ですのでメールでもご相談お受けします。また、これはまだ初めてなのでうまくいくかわからないのですが、スカイプ(テレビ電話)でのご相談もありかな、と準備を進めています。ただし、いずれの場合も初心者の方はきちんとサイズを決めるためにもご来店いただくことをお勧めします。

 

来年の春、新しい自転車でどこに出かけよう、そんな楽しいことを考えながらこの厳しい時代を乗り越えられたら良いですね。

*

*

*

*

*

2日前、私たちも少し春を楽しんできました。

京都の田舎はまだまだ平穏です。たった2時間ほどでしたが、この時期にこんな風に過ごせるなんて幸せなこと。

 

 

 

 

そして、春を楽しむ生き物たち。

もう、ツバメが来ていましたよ。仲良く巣作りに励んでいました。

 

 

こちらは開き始めたばかりの桜とモズ。

 

 

こちらはおなじみヒヨドリ。果物だけでなく、葉物も食べるんですね。

 

 

飛んでる姿より、歩いてる姿をよく目にするセキレイ。

 

 

 

こちらはちょっと珍しいキレンジャク。私も初めて見ました。

 

 

 

 

そして、我が家の猫。

 

 

コロナって何?

美味しいの?

つちやはるみ


2020.03.22

ブルべレポート BRM315近江八幡200㎞

こんにちは、スタッフの前野です。
先日開催されたオダックス近畿主催のブルべBRM315近江八幡200㎞に参加してきました。
まず結果から言うとDNF。完走していません(^^;) 何故こうなったのか簡単に紹介していきます。

自分にとって昨夏のPBP以来のブルべ。事前準備のコース確認やキューシートの印刷、参加申込書の記入など去年は淡々と行っていた作業が新鮮に感じました。今回の目的は200㎞の認定獲得と4月に控えているグループで走るブルべ“フレッシュ”にむけて走力を向上させること。徐々に長時間の走行に体を慣らして4月を万全の状態で迎えるためです。この日はブルべ200㎞+自宅から近江八幡駅まで往復約100㎞を自走することにしました。なのでセルフ300㎞ブルべということです。

 

コースはJR近江八幡駅前をスタートして→ 日野 → 御杖 → 曽爾 → 伊賀上野 → 信楽 → 近江八幡に戻る206㎞。獲得標高は3000m越えで高い峠はないものの登りが多いコースです。

当日の天気は午後から崩れる予報。ただ、予報と照らし合わせた自分の計画では8時にスタートして17時ごろゴール、自走で2時間半かけて帰宅しても雨からギリギリ逃げ切れる算段でした。走行時間が短く獲得標高が3000m超の登りが多いコースなので余分な荷物は持つ必要が無いと判断し700Cロードで出走しました。荷物を減らすために今回は輪行袋、レインジャケットも持っていません。コースに含まれる地域に京都まで輪行で帰りやすい駅が少ないこと、200㎞ブルべは基本的に日没までにゴールできるので何かトラブルがあった場合でも対処できる可能性が高いということもロードに決めた理由です。
計画段階の僕は忘れていました。3月中旬と言えど気温は低く、天気は必ずしも予報通りにならないことを。

4時過ぎに起床、5時に自宅を出発し大原→途中越え→琵琶湖大橋経由で近江八幡駅に向かいました。大原では気温計が̠−2℃を指し末端に痛みを感じる寒さ。それでも途中越えを琵琶湖大橋へ向けて下るころには陽が昇り暖かさを感じるようになりました。

近江八幡駅前でいつものようにブリーフィングを経て8時スタート。今回のブルべはPCが2か所、フォトチェックが1か所、通過チェックが1か所の計4か所の通過証明が必要です。まずは18㎞地点のフォトチェックから。

フォトチェック後はアップダウンの多い伊賀コリドールロードをパックになって飛ばします。

67㎞地点のコンビニでパックから外れて以後単独走行に。今回のコースは普通なら気が付かないような林道が数か所組み込まれていて刺激的でした。この写真の後、下り区間もかなり荒れていて泥除けのない自転車はドロドロになりました。

95㎞地点の通過チェックは道の駅に設置されているスタンプをブルべカードに押します。

伊賀上野から信楽に抜ける御斎峠(おとぎとうげ)の登りから天候が怪しくなってきました。

みぞれ混じりの雨がポツポツ・・・まだ想定内です。

御斎峠の峠には句碑があります。ちなみに峠の石碑は伊賀上野側、峠の少し手前にあります。

信楽に下ると路面はウェット。PC2で紅茶を飲んで暖を取ります。朝ドラ効果と思われる交通量の多さに驚きながら湖南市へ抜ける今回最後の登り、アセボ峠にかかります。峠を登り始めてすぐに空が暗くなり雨が降り始めました。標高を上げていくと雨はみぞれ交じりに打ち付け全身を冷やし始めました。

多少の雨なら上半身はメリノウールのウェア、下半身はビブタイツの撥水効果で気にならないのですが今回の雨とみぞれには完敗。持ちこたえていたビブタイツに水が浸透し始めると一気に冬の寒さに。そして下りではフロントのマッドガードとフラップが無いので路面から跳ね上げた冷水でシューズもあっという間に水浸しになりました。

アセボ峠を下りきって湖南市に入るころには雨も上がっていたのですがこの時すでに17時過ぎ。ゴールの近江八幡方面に向かう交差点のコンビニでいったん止まりこの後どうするか考えました。現在地は190㎞地点でゴールまで16㎞。ゴールまで走るのは問題ないのですがその後が大変です。ゴール後近江八幡から自宅まで54㎞を走れば帰宅は確実に21時過ぎ。ここでやめて自宅まで最短コースを走れば約40㎞。まもなく日没を迎えて気温が下がるのに服は濡れていて防寒具もなく、頼みの綱である輪行袋も持っていません。今回のブルべはPBP出場がかかっているわけでもないし、風邪を引いて翌日動けなくなるリスクを取る価値は無し。残り僅かですがブルべはここで中断し、自宅まで最短ルートで帰ることに決めました。
湖南市からは近江大橋、山科を経由して京都市内へ。大津に着いた頃には寒さで指先の感覚が無く、補給食の包装も開けられないほどでしたが牛丼屋で夕食を摂って復活。20時過ぎに帰宅することが出来ました。
ブルべの認定こそ取れませんでしたがこの日は自走で54㎞+ブルべと自宅まで合わせて233㎞の計287㎞を走ったので満足です。DNFした後はしばらく気持ちも沈むのですが今回は清々しい気分です。


使用した自転車です。タイヤは昨年7月のブルべから使用している700×28Cエキストラレジェ。パンク修理、サイドカット対策のタイヤブート、チェーントラブル、各部の調整に対応できる工具に加え、補給食や増えた荷物を携帯するためのグランボア印の軽量サコッシュをシートチューブのツールケースに入れています。サコッシュは朝、自宅から自走する時におにぎりを運ぶのに役立ちました。ブルべ中は必要なかったのでツールケースの中へ折りたたんで収納。今回はしませんでしたが輪行時に身の回りの携行品などをまとめるのに便利です。携帯工具はトピークのラチェットロケットライトDX+。フルセットでは携帯せずラチェットハンドル、エクステンションバー、4~6㎜のビットとチェーンツールビットのみを携行しました。

夏ならこの装備でも問題なくゴールまで走って自走帰宅できたと思いますがこの時期は雨具、輪行袋などの保険を掛けておくべきでした。

ハンドルはリーチが短いアナトミックシャロー形状のグランボアモダンマースバー。日東M106と同様の形状ですがバルジ加工のハンドルです。アルミに焼き入れがされたハンドルに比べるとしなりを感じやすく長時間の走行に適した優しい握り心地です。


変速レバーはダイアコンペのパワーラチェットタイプでカンパニョーロヴェローチェ10速の前後メカを動かしています。こちらのレバーはインデックス式ではなくフリクション式ですが、ラチェット機構のおかげでリアメカのテンションに負けることもなく絶妙な具合です。実際に使うまでは10速をインデックス無しで変速させることに懸念があったのですが調子よく変速が決まります。
Wレバーにするとダンシング中や荒れた下りでの変速が困難になり走行性能の向上という点でメリットはほぼありません。
それでもWレバー特有の「レバーを動かしてシフトケーブルを引いて(緩めて)変速機を移動させ、チェーンが変速した瞬間のショックがWレバーを介して指に伝わる」一連の流れ。これは電動変速やデュアルコントロールレバーでは味わえないものです。これが味わいたいが故にWレバーに変えました。このアナログな操作感はハマりますよ。

 

さて、次に予定しているブルべはBRM328近江八幡300㎞。もちろん次回はフロントバッグに雨具と輪行袋を入れてランドナーで走ります!

まえの


2020.03.05

ラリーグランボアどうする?パート2

いよいよ今週末となりましたラリーグランボア。

結論からお伝えしますと今年は中止とさせていただきます。この騒ぎの中にもかかわらず、たくさんの方に参加表明いただいていて、ホント残念なのですが今年は仕方ないかな。。スミマセン。。。

コロナの影響ももちろんですが、肝心の8日のお天気が今朝の時点で降水確率は90%です!

いつもよりちょっと早い決断となりましたが、どうぞご理解くださいますようお願いいたします。

 

 

一斉休校、外出自粛。緊急事態宣言?

自分の周りの状況とテレビや新聞から流れてくる状況が大きく乖離していて、コロナウイルスを正しく実感することがまだ難しいのですが、でも、きっとこれは幸せなことなのかもしれません。高齢者や持病がある人にとっては発症してから亡くなるまでがとても速い。学生さんは一斉休校の指示が出ましたが、一番重症化するリスクを抱える高齢者が今もスーパー銭湯や大型ショッピングセンターを無防備にウロウロされているのを見るとちょっと心配になってしまいます。。。特に高齢の家族がいる身にとっては気が気ではありません。。

 

今回の騒ぎが大きな被害を出さずに笑い話になりますように。皆様の、そしてご家族のご健康を心から祈っています。

 

ラリーは中止としますが、今週末、アイズバイシクルは今のところ通常営業の予定です。

粛々といつものお仕事に励みつつ、皆様のお越しをお待ちしています。

 

つちやはるみ


2020.02.24

ラリーグランボアどうする?

今日は今年初めてウグイスの声を聴きましたよ。それに重ねるようにホオジロも声を張っていたので結構にぎやかな散歩道でした。春ですねぇ。

 

春といえば、3月の第2日曜は例年通りラリーグランボアの開催を予定しています。梅も満開ですし、陽気も良いし、お天気が良ければきっと楽しい一日になりそうです。ただ、心配なのはコロナウィルスの拡がりですよね。。診断が確定した人こそまだ数人の段階ですが、無症状の方も感染源になっている可能性があるというのがちょっとやな感じ。。。特効薬が開発されるまでは油断ならないと思っています。ですので、一応開催の予定ですが、少しでも体調の悪い方や、持病のある方は今年はご遠慮くださいますようお願いいたします。参加される方も例年通りマイカップに加えて今年はマイマスクをご用意いただけるといいかもしれません。アイズの店内は狭いですから。。。

 

 

ということで、今年はお天気以外でも中止の可能性がございます。

ブログやSNSに注目していてくださいね。

つちやはるみ


2020.02.12

新入荷!

いつもは忙しいからと断られる事が多かったオーストリッチさん製の特注バッグ、今回はタイミングが良く、なんとグランボアのためにサコッシュを作ってくださいました!

SL100と同じ生地で作られていて、丈夫で軽い!

どうですか?

前野はすかさず「欲しい!」と、持って帰りました。。。

今年のラリーグランボアの景品に入れる予定です。是非参加してくじを引き当ててくださいね。

ラリーグランボアは毎年3月の第2日曜日、ですので今年は3月8日を予定しています。小雨決行で毎年同じコースで開催しています。過去のラリーの記事はこちらをご覧下さいませ。

今年もほぼいつもの内容になるかと思いますが、午後からは昨年参加したフランスでのコンクールとパリブレストパリの報告会、ビデオ鑑賞なんかもできれば良いなと思っています。参加希望の方は準備の都合もありますので必ず参加表明を3月5日ごろまでにお願いします。

 

 

あと、長らく欠品していましたマイクロシフトの変速機が入荷しています。

 

 

*

*

*

 

 

「軽っ!」

先ほどフランスから届いた荷物、大きい割りにとっても軽い。

グランボアが昨年のフランスでのコンクール用にイデアルに作ってもらった軽量モデルがなんと製品化されて届いたんです!!!!

 

ありがとう!イデアル!

 

チタンレールにアルミのクロワッサン、テンションボルトや小物は全てチタン。

 

そして、アルミリベット。

スタンダードモデルが580グラムですから、40%近い軽量化を達成しています。しかも、ベースの素材を変えているだけで革を薄くしたり穴を開けたりしていないところがまたすごい。今のイデアルの唯一の職人、フレッドは外注先で断られてしまう難しいチタンレールの曲げのパートやアルミのクロワッサンの小物の製作などを自力で加工製作しているそうです。また、チタンのレールは少し乗り味が柔らかくなりますので革のセレクトを少し固めのほうでチョイスしてくれています。

こんな具合に一人の職人が丹精込めて1個1個製作していますので一回に入荷してくる数は10個もありません。

 

今回の入荷は7個。既にご予約で売れてしまった分もありますが、今なら黒もナチュラルもございます。価格は税別54000円。

しばらくはオンラインストアでの販売は予定していません。ご希望の方はメールでお問合せください。

ご不便をおかけしますがよろしくお願いします。

 

 

おまけ。

明日は13日の木曜日。アイズバイシクルはお休みを頂きます。

よろしくお願いします。

つちやはるみ


1 2 3 4 5 6 7 8 9 306

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop