アイズバイシクルの投稿記事一覧

2019.03.08

ラリーグランボアは雨?

いよいよ今週の日曜日はラリーグランボア!

ですが、お天気がちょっと心配。。。今のところ日本気象協会の「夕方から雨」との予報を信じて準備を進めています。寄り道される方は別として、普通にコースを走られれば走行距離は概ね30キロほどですから、雨が降り出す前にゴールしていただけるだろうと考えています。

 

午後から雨の場合も踏まえての大体のスケジュールをお知らせします。

 

・9:00-10:00 受付(アイズバイシクル)

・9:30-11:30 持越峠にてカフェドグランボアオープン(峠印)

・13:00-17:00 随時ゴール受付/抽選会(アイズバイシクル)

・15:00- 親方によるプチレクチャー(アイズバイシクル)

今年の6月に控えているジャパンバイクテクニークと、夏に控えているフランスで開催されるコンクールマシンパリブレストパリについて、JBT試作車やハンドメイド出展車の詳細に触れながら解説します。そのほか、お客様の貴重な自転車の品評会的なことをしても良いかな、と考えています。

 

お天気が悪いと、遠くからご参加くださる方はどうしたものかと思案されているかもしれませんが、今のところは開催予定です。大きく今の天気予報が修正されて、朝から雨となってしまって、カフェドグランボアもオープンできなくなってしまったら、やむなく中止となりますが。。。開催についての最終決断は明日のブログでお伝えさせていただきます。

ただし、雨具とマイカップはお忘れなく!特にマイカップはぜひお持ちください。今年から紙カップは有料とさせていただく予定です。(しかも高額!!)

 

 

 

親方のプチレクチャーのみのご参加も大歓迎です。

今年の一大イベントに興味のある方は是非お越しください。

つちやはるみ


2019.03.04

ブルベレポート BRM216小倉300km

ブルベレポート BRM216小倉300km

こんにちは、スタッフのチョコです。2月の半ばに九州で開催されたブルベ、BRM216小倉300kmに参加してきました。

 

 

北九州市の小倉駅近くをスタートし別府湾まで南下、国東半島を経由して小倉に帰ってくる300kmのコースです。

普段のブルベは朝早くスタートすることが多いですが、今回のスタート時刻は午前10時。平均速度20kmh、15時間で完走するとゴール時刻は深夜1時になります。普通の300kmは眠たくなる前にゴールできるのですが、深夜1時ごろゴールとなると残り60kmくらいから眠気を感じながら走る可能性があります。スタートゴールの北九州市付近は交通量の多い道を走ることになるので気を引き締めていきたいところです。


オダックスランドヌーズ福岡のブルベに参加するのは今回が初めて。とはいえ、いつものように装備チェック、ブリーフィングを聞いてスタートします。参加者は35名でスタート地点の雰囲気はアットホームな感じです。地元の方との交流もあり、リラックスしてスタートを切りました。
 


序盤は信号、交通量が多く快走路とは云い難い道でしたが、しばらく走ると交通量が減り、雰囲気のいい道になってきました。農道の細かいアップダウンをこなしながら南下していきます。
 


別府の手前、アフリカンサファリへの登りが今回の最高標高地点になります。まだ150km以上残しているので後半に響かないように気をつけながら登っていきます。
 


別府の地獄めぐりを上からたどるような形で下っていきます。そういえば今回、フロントフォークやホイール回りがいつもと違うので気になっている方もいるのではないでしょうか。これはいろいろな部品、要素のテスト中だからです。フロントのガードも仮のものなのでステーの角度もちぐはぐです。
 


16時前に別府のPCで補給し、国東半島へ向かっていきます。高台から見渡すと別府が温泉の町であることが実感できます。
 


国東市で日没を迎え、ナイトランに突入。前を走っている方は地元北九州のNさん。別府のPC2以降約170kmをゴールまで協力して走りました。暗くなってから一人で走るのと、協力して走る相手がいるのでは体力、精神面で大きく差が生まれます。国東半島では予想外の雨に降られましたが、一人の時と違ってペースを落とすことなく走り続けることが出来ました。
 


ゴールに近づくにつれて信号が増え停まっている時間が増えました。日付が変わった0時16分、ゴールに到着。認定時間は14時間16分での完走となりました。
 


京都までの帰り道はもちろん輪行。今回使用した輪行袋オーストリッチウルトラSL-100は少し特別なのですがわかりますか?自転車をパッキングした姿は普通の縦型輪行袋と変わりません。では、輪行袋を畳んで収納状態にすると何が特別かお分かりいただけると思います。

そうです、この輪行袋はめちゃくちゃ小さくなるんです。濃いグレーの巾着が輪行袋ですよ!今まで、輪行袋の定位置はボトルケージ、サドル下、それかフロントバッグのメイン荷室でしたが、これならグランボアフロントバッグの前ポケットに余裕で納まります。従来の輪行袋で最軽量クラスのものでもフロントバッグの前ポケットに納まるものは無かったのではないでしょうか。ここまでコンパクトになるということは生地もそれなりに薄いものを使っているわけですが、この記事執筆時点で4回輪行して穴が開くなどのトラブルはありません。縦型の輪行袋に慣れた方なら神経質にならず使っていただけると思います。少しでも輪行関連の荷物をコンパクト且つ軽くしたい方、緊急時の備えにおすすめです。
 

次回のブルベは今週末BRM309近江八幡200kmです。3月はBRM323高松600kmが控えているのでそれに向けた調整の為のブルベになると思います。
そうそう、200kmブルベの翌日はラリーグランボア!皆様と一緒に走れるのを楽しみにしています。
 

 

【今後のスケジュール】
BRM309近江八幡200㎞
BRM323高松600㎞
BRM420近江八幡400㎞
BRM503京都1000㎞
6月15,16日第一回ジャパンバイクテクニーク
BRM727守山300km

8月18日パリブレストパリ1200㎞

まえの


2019.02.26

ラリーグランボア2019

最近なんだかあったかくなってきました。皆様そろそろ、ソワソワウズウズしてらっしゃるのではないでしょうか??今年もそんな春の気配を自転車愛好家の皆様と楽しもうというグランボア春のイベント、ラリーグランボアを開催いたします!
 
 
▲クリックで拡大表示します。
 
 
要項はこれまでと変わりません。
 
◇受付・スタート 9~10:00@アイズバイシクル
9時から10時の間でアイズバイシクルで受付をしていただいき、お渡しする地図を頼りにご自身のペースでスタートしてください。目指すコントロールポイントは持越峠。ルートはご自身で決めていただいて構いません。なお、自転車の車種や服装に決まりはありません。自由に、ご自身のペースでサイクリングをお楽しみください。
 
◇コントロールポイント 9:30~11:30@持越峠
コントロールポイントの開設時間は9時30分から11時30分を予定しています。ここで必ず峠印をもらってください。ゴールのあとの抽選会の参加証となります。
また、ここではではアイズバイシクルスタッフが暖かいお飲み物とお菓子をご用意してお待ちしています。ぜひマイカップをお持ちください。暖かい日ですと、持越峠でお弁当も気持ちいいですよ。
 
◇ゴール・抽選会 13~17:00@アイズバイシクル
ゴールの受付は13時~17時です。コントロールポイントで峠印をもらったらアイズバイシクルまでお戻りいただき抽選会にご参加ください。ささやかではございますが景品をご用意しています。くれぐれも峠印をお忘れなく!
 
 
【注意点】
※ラリーグランボアでは、走行中の事故等の保険の用意はございません。必ず整備された自転車で、任意の自転車保険にご加入のうえ、交通マナーを守り、自らの責任でご参加ください。自転車のメンテナンスにご不安のある方は、必ず事前にご相談ください。アイズバイシクルでも自転車の点検を行っております。
※雨天の場合は中止となります。中止の場合は3月9日(土)にこちらのブログにてご案内いたします。
 
 
【申し込み】
ご参加いただく場合は、3月8日(金)までに必ずお電話またはメールにて直接お申し込みください。お連れ様がいらっしゃる場合も、直接ご本人さまより参加申し込みをいただきますようお願い致します。
 
 
 
 

今年で5年目のラリーグランボア。3月第二日曜日は晴れの確立が多いのか、毎年ラリーグランボアはお天気に恵まれていて持越峠の上もぽかぽかとあたたかいです。ラリーグランボア名物、持越峠のコントロールポイント・通称“cafe de GrandBois”では、今年はアイズバイシクル親方と専務がカフェのマスターとして皆様をお迎えする予定になっています。親方の淹れるコーヒー、とても美味しいんですよ♪
そして、私事ですが3月末から産休に入る予定です。産休前に、日頃お世話になっているみなさまとお会いすることができたらとても嬉しいです。
 
ラリーグランボアについて、ご不明な点やご不安な事がありましたら、お気軽にお問い合わせください。今年も良い天気で、はじめての方もお馴染みの方も自転車のシーズンインを共に楽しめる一日になりますように!

なっぱ


2019.02.21

今週末はハンドメイドバイシクル展

いつもは来客も少なくて静かなはずの2月。

ですが、ここ数年は年明けからなんだか落ち着かない仕事に追われています。そう、このハンドメイドバイシクル展に展示する自転車やパンフレットの製作があるのです。毎年、作ったものを発表する場があるのは嬉しいことで、しかも、来場者だけでなく、出展も無料なのですからありがたい。関西から少し遠いですが、今年は過去最高の出展社数を記録しているそうですし、何より日本で始めてのバイクビルダーたちのイベント、ジャパンバイクテクニークのプレ展示も兼ねているので少々遠くても行く価値アリ。是非、多くの方にお越しいただければと思います。

 

 

 

グランボアは今年は2台のランドナーを用意しました。

1台はもちろんJBT用で、チョコのサイズで製作した試作車です。

2017年にフランスで開催されたコンクールマシンに参加した軽量ランドナーを、更にフレーム設計から考え直して製作しました。それに、パーツ構成も見直していますし、新しい試作パーツもいくつかセットアップしています。

 

まだまだ試作の段階で細部の軽量化は手付かずの状態ですが、なんと、車両重量がコンクールモデルの9.07kgをすでに抜いていて9.03kg!鉄ベースのイデアルのサドルを付けてですので本戦用は8kg代は確実に狙えそうです。是非、じかに持ち上げてその軽さを感じてもらえたらと思っています。

 

 

 

 

 

そして、もう一台は極普通の部品で組上げたこちらの700Cランドナー。

 

 

 

だけど、フレームはちょっと凝った作りになっています。

ラグレスの仕上げ、2枚肩のフォーククラウンに23mm径の丸フォーク。

 

クロスドシートステー。

 

25mm径のシートピラー用のシートチューブ。

 

 

28Cと30Cタイヤを使い分けできる設計。

上の完成車画像は28C装着時、こちらは30C装着時です。

 

 

いずれの仕様も、今いただいているそれぞれ別々のお客様からの課題なんです。イロイロ盛り込んで設計と出来上がりの確認をした一台ですが、とても素敵に仕上がりました。こちらも是非じかにご覧いただければと思っています。

 

また、この白い一台はハンドメイドバイシクル展が終わりましたら販売可能です。フレームサイズは芯芯で555mm。サイズの合う方、グランボアが丹精込めた展示会モデルはいかがですか?興味のある方は是非、展示会でお声をおかけください!残念ながら展示会にお越し頂けない方は、ハンドメイドバイシクル展終了後にお問合せいただければと思います。

 

 

 

そして、本日刷り上ったパンフレット。

いつものように、少しだけ内容変わりました。

通販のご利用で無料でお送りします。

つちやはるみ


2019.02.09

入荷のお知らせ

しばらく欠品していましたグランボアのセンタープルブレーキの通称ジロー君、26-32mmサイズがようやくご用意できました。あと、26Cのスタンダードモデルも本日再入荷しています。お待たせしました!

 

 

今日は京都も寒い一日でしたが、アイズの店内は一日中誰かしらが来てくださっていて賑やかな一日でした。実は朝一番に来ていたのは野田元店長で一日中店内いたんですよ。特にお知らせしたわけではないのですが、馴染みのお客様もチラホラいらして、会えてビックリ。よい一日でしたね~。

 

開業準備も着々と進んでいるようで、いよいよ来月3月2日のオープンを予定しているとのことです。

 

 

仮の名刺をいただきました。

なかなか彼らしさが出ていると思いませんか?

私たちは一足早く来週の金曜日にちょっと覗いてこようかと思っています。

 

つちやはるみ


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 294

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop