アイズの独り言

2020.01.02

謹賀新年

新年あけましておめでとうございます。

 

 

もう少し荒れた天気になるのかと思っていたのですが、雨もさほど降らず、青空も見えています。なので親方は今日から作業場で仕事を始めましたが、キリの良いところで2時間ほど散歩に出てきました。自宅で仕事をするとこうやって息抜きをしながら作業が進むのでとても良い。わたしもそのペースに合わせていろいろ家事や事務仕事をこなすことができるのです。

 

今年はいったいどんな一年になるかな。今年は大きなイベントは入れずに製作に励むとのことですが、どうなることやら。どんな人と出会い、どんな仕事をさせていただけるのでしょう。そして、どんな旅ができるのかな。最近はカメラを背負って野鳥の撮影が楽しみの一つになっていて、少しの時間でも外を出歩く機会が増えました。

 

 

撮りためたものの中から少し紹介してみますと。。

 

 

身近な鳥の代表、スズメ。

外縁に来ていたのを物陰から撮影したので影が入っていますが、警戒している親鳥と無防備な小雀が撮影できました。

 

 

 

 

ホオジロのメス。

 

ホオジロのオス。

いつもは高いところで声を張り上げていますが、この日は番いで地べたにいました。

 

 

 

 

こちらは葉を落とした桜とカシラダカ

これらの鳥は写真に収めるまでは近くにいてもずっと雀だと思っていたはず。

 

 

 

 

ジョウビタキ。

毎年寒くなると、隣の畑のこの杭で見かけます。

 

 

 

3頭身のチビッ子猛禽、モズ。

可愛い姿に似合わず結構残酷で、いろんな鳥の鳴きまねが得意。

 

 

 

こちらはイソヒヨドリのメス。

カマキリを仕留めたところです。

 

巣立ったばかりの子供。

まだ産毛がふわふわしていて好奇心いっぱいにこちらを覗いていました。親鳥はこの時数メートル離れたところで見守っていました。

 

そして、イソヒヨドリの雄。

一対の番いが我が家の近辺を縄張りにしていて、昨年はメスの雛を巣立ちさせていました。繁殖期になるととても複雑で美しい鳴き声を聞かせてくれます。彼らのその鳴き声が私に身近な鳥の存在に気づかせてくれて、観察する楽しさを教えてくれました。

 

 

 

 

今までもずっと近くにいたはずの彼らに気づいたのは、こうやってカメラで撮影するようになってからです。見ようとしなければ見えていないものの多さにかなり驚きました。まだまだ身近に大切なことや面白いことがひっそりと身を潜めてるんじゃないのかな。

 

いやいや、それ以上に見て見ぬふりしていることも結構ある。

 

今年は何か少しでもできることをしないとあかんなぁ。

 

 

つちやはるみ


2019.12.31

ゆく年くる年

あっという間にこの日のこの時間を迎えています。

 

振り返ってみると、今年は本当に様々なことに取り組みながらも、突発的な事柄に懸命に対応しないとならない年でした。。。少ないスタッフで大切な外注先の廃業を乗り越え、JBTやCdMといった大きなイベントの準備や遠征をやり切りました。時間に追われるとはまさしく今年のことで、ギャラリーページの更新はほとんど止まったままとなり、丁寧にブログの記事を書くのも難しく、旬を逃してましった書きかけの記事ばかりがたまってしまいました。。。その点はホント残念。。

でも、この一年を一緒に乗り越えた前野と伊藤の成長は目覚ましく、今後がとても楽しみで、頼もしい限りです。それに親方フレームの完成車もボツボツと台数を増やし、ますます仕上がる日数も早くなってきました。ただ、まだまだレストアの仕事をこなしながら店と作業場を行ったり来たりで進めていて、今のペースは月に1.5本から2本、納期は6-10か月ほどでしょうか。フレーム作りは今も早朝とか、お休みの時間を使うことが多いのですが、前野や伊藤に店を任せることも多くなってきました。何より、自分の手で自分の理想を追求できるので苦しいながらも楽しいようです。来年はもう少しペースを上がる見込みです。

 

今年も良い仕事を続けさせていただき、ありがとうございました。

2020年も良い仕事が続けられますように。

*

*

*

年末は12月28日から早めにお休みをいただき、28日、29日、30日と3日間、ちょっとのんびりさせていただきました。で、今日は自宅に戻り、お仕事再開です。三が日で作りかけのフレーム一本仕上げるそうですよ。1月25日26日開催予定のハンドメイドバイシクル展に出展予定の一台です。是非、見に来てくださいね。

 

そして、皆さまも良い新年をお迎えください。

つちやはるみ


2019.12.21

明日

降水確率50パーセント、午後から雨の模様。ですが、明日のアルティザンバラードは開催予定です。いつもこのコースは寒い中走るのが常のようです。寒さや小雨の中の走行が苦手な方はお控えください。参加される方は寒さ対策と雨具必携でお集まりください。

いつものコースをいつものように走りたいと思います。

つちやはるみ


今年はいつもに増して慌ただしい、そして訃報吉報入り乱れた年末を迎えています。嬉しい日も悲しい日も、なんとか元気に過ごせていた今年に感謝して、いつものように終日お仕事の手を休めてお客様と過ごす日を設けたいと思います。

 

日時  12月15日(日)12時頃から18時頃まで

店頭商品すべて店頭価格から1割引きとなります。是非ほしいものがある方も無い方もおしゃべりに来てくださいね。スタッフ皆でお待ちしています。

 

**

通販をご利用のお客様には12月24日と25日にセールを予定しています。15日にご来店いただけない方はそちらをご利用ください。

 

**

そして、ホームページトップページのこちらの画像もクリックしてみてくださいね。今年最後のアイズのイベントのお知らせがあります。

 

 

いろいろもうすぐだよ!

 

つちやはるみ


京都でタンデムが解禁になったのをきっかけに始まった「タンデム学会」も今回で8回目となりました。年に2回開催しているので会が進むのも早いです。今回は昨年雨で中止となった琵琶湖北部のマキノ町からメタセコイヤ並木を抜け、静かな湖岸を往復する50キロほどの平坦コース。13台のタンデムとソロが10台。暑いくらいの陽気に恵まれてとても楽しい一日となりました。

 

 

 

紅葉は盛りと言っても良いくらい。

実はこのメタセコイアの並木は知る人ぞ知る観光地になっていて、紅葉や新緑のシーズン中は歩く人や車、観光バスなどで大変混雑しています。その点、自転車なら人や車が入らない脇道を走れるので今回のような紅葉のピークでもその景観を楽しむことができます。きれいでしたねぇ。

 

 

 

 

 

 

並木を離れて知内川沿いのサイクリングロードを行きます。ここは見通しも良いし、車が入れないようになっているので特に走りやすい。

 

 

 

 

いつものベテランペア。この日はK子さんのお誕生日だったとのこと。おめでとうございます。良いお誕生日になりましたか?

 

 

 

今年初参加のHさんペア。千葉から参加してくださいました。

 

 

 

 

いつものY先生はウェアを新調してMさんと。今回、参加車両の一台がメカトラブルでDNFとなってしまったのですが、メンズペアの足を活かして私たちの代わりに車まで走ってサポートしてくださいました。頼りになります。ありがとうございました。

 

 

この日の最高地点、マキノ追坂峠からの下りは唯一交通量の多いところです。下りでスピードも上がるしカーブもある上に大型トラックも横を通る場合があります。琵琶湖への下りはとても気持ちが良いのですが、要注意ポイントです。

 

 

 

ランチタイム。

湖畔でのお弁当が大正解でした。でも、景色を眺めているのか、自転車を眺めているのか。。。ま、どっちでもいいか!

 

 

 

 

こちらは、「こんなイベントあるよ。」とお伝えしたら来日のスケジュールをずらして参加してくださったTimさんとそのお友達のTsuyoshiさん。Tsuyoshiさんは比叡平でビルダーをされていてNHABSにも出展経験があるそうですよ。

ようこそ!ちょっとした自転車版社会見学でしたね。

 

 

 

 

本当にお天気も良く、釣り人もたくさんおられました。

楽しい!と声が聞こえてきそう。

菅浦の須賀神社前。ここで折り返して帰路につきます。

 

 

 

 

画像で参加タンデム紹介!

 

 

 

なんと、Sさんはタンデムを輪行して参加してくださいました。

 

Kさんはご自身でレストアされたエルスのデモンターブルで初参加です。

ほら、こんな風に分割できるんですよ。しかも、1950年代の自転車なのですからすごいですよね。

 

 

 

 

終盤にコースの途中にあるKさんのお勧めで立ち寄ったピーナッツせんべいのお店。

ここで手作りされている素朴なおせんべいはとってもおいしかった。

 

*

*

*

*

*

おまけ。

お猿に気を取られて力の入れ具合を間違ったのか、チェーンをぶち切ってしまいました。もちろん、繋ぎなおして完走しましたけど、みんなに追い付くのに最後の最後に力いっぱい漕ぎましたよ。。。親方の足が攣る直前で追いついて良かった!

 

 

 

あと、こちらはお猿に気を取られて転びかけた人。↓

 

 

 

 

うっきっき。

楽しかったね。

 

 

つちやはるみ


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 306

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop