アイズの独り言>

フェイスブックで先行してツーリングレポートをしていました先日のロングツーリング、プランのきっかけはテレビで北海道新幹線開通のニュースを見たことでした。

 

【序章】

「とうとう、北海道にまで新幹線が開通したんだって。乗ってみたいな。」

親方はツーリングプランを立てるのが大好き。なのでその言葉を聞いた途端すぐにプランを練り始め、できたと思ったらさっさと飛行機の手配をしてしまいました。今まで私にとって最長のロングツーリングは海外を除けば4泊5日。今回はなんとそれを超える5泊6日のロングプランとなっていました。ここのところ諸事情でヨーロッパ出張は自粛していて、少しエネルギーがたまっていました。それに、2人とも50代に入り、少々体力の衰えも実感してきています。「俺はあと何回、春のツーリングが楽しめるんだ?」と指折り数える昨今。そのフラストレーションと焦りが今回のツーリングを実現できた大きな要因となりました。だって、いろんなことを考えていたら結局、「やっぱり、無理だよね。。せいぜいが2泊3日だよね。」というのがいつものパターンだったのですから。。。

 

親方が「行くまでに読んでおくと良いよ。」と言って私に渡した一冊の本。

IMG_3915

ブログの題名を見てピーンと来た方はきっとこの本をご存じのはず。1978年初版のこの紀行書は当時のサイクリストにとってのバイブル的雑誌「ニューサイクリング」に連載されていた綿貫氏のツーリングエッセイを1冊にまとめたものです。当時から氏の紀行文のファンだった親方はいくつか同じルートをたどった事もあるようです。発行から40年近くもたって、すっかり書棚の奥に追いやられていたその本は、今回のツーリングプランをきっかけに再びページをめくられることとなりました。

 

 

 

******

【平成の津軽から江差へ】

1日目。距離33km/獲得標高69m

自宅(車) —  伊丹空港(飛行機) — 青森空港(自転車) — 石場旅館/弘前城傍

 

   

桜で有名な弘前城のソメイヨシノはすっかり葉桜でしたが、いくつかの八重桜や山桜が見ごろを迎えていました。何よりリンゴの郷のリンゴの花が満開、出発時は雨だったのに青森では雲一つない晴天、初日から気持ちグっとが上がりました。桜は日本国中どこにも名所はあるけれど、リンゴの花はそうそう見られませんから!それに石垣を修復中の弘前城はなんと津軽富士と呼ばれる岩木山とのツーショットが可能な位置にお引越ししていました。夕日も美しく、桜が終わった観光名所は人気もまばらで、贅沢にも貸し切り状態でした。

 

 

 

  P1010649

IMG_3621

IMG_3609        

因みにこちらは、元々あるべきお城の場所。(37年前の親方のアルバムより。)

IMG_3901  

IMG_3607

今。石垣が途中で膨らんでしまっているのがわかります。            

 

 

 

 

お宿は弘前城すぐ近くの石場旅館

IMG_3636

ご主人はサイクリストで近隣の林道などにも精通しておられます。また、英語だけでなく、フランス語も堪能で海外の方にもおすすめです。 1泊5,000円程度。朝食800円。夕食は私たちが泊まった時は人手不足とかで提供されていませんでした。でも、近くに繁華街などもあって不自由はありませんよ。        

The owner of ISHIBA Ryokan can speak not only English but also French. Also he is a cyclist and knowing RINDO nearby very well. Try Japanese traditional and RINDO cycling!          

 

 

 

*****

2日目。距離85.5km/獲得標高766m

石場旅館/弘前城傍(自転車) — 日本最古のリンゴの木/柏桑野 — 亀ヶ岡石器時代遺跡/木造 — 十三湖 — 小泊 — 竜泊温泉青岩荘

 

距離もあり、天気も午後から崩れるとのことで、朝8時過ぎに出発。前半は岩木川沿いの土手道を進みました。車通りも少なく、あたりはリンゴ畑が一面に広がる素晴らしい道。パッとしないお天気ではありましたが、山も花も美しく、広々とした津軽平野は盆地の京都に住むものからするととても新鮮で、ついつい立ち止まっては写真に収めたり、見惚れてみたり。途中、「日本最古のリンゴの木」の看板を見つけ、立ち寄ったりしていました。ところが、周りの景色がリンゴ畑から田畑に変わったあたりから、遮る物のない風に悩まされることに。。。当初、平野の真ん中を北上する予定でしたが、あまりの風の強さに山際の道に変更してすすみました。それでも強弱のある風で、時折自転車から降りなければならないほど。十三湖の畔でしじみラーメンにありつけたときにはすっかり草臥れてしまい、「平野はもういい!」と愚痴をこぼしておりました。。「ここまで来たら着いたも同然だから。」との言葉に少し笑顔を取り戻したものの、実際は津軽平野を抜けると宿までいくつか上りが待っていたのです!「うそつき!」「全然着く気がしない!」と、悪態やら泣き言やらをブツブツ言いながら残りの約20kmを何とか走破。雨がポツポツ降り出した4時前には宿泊予定のお宿に到着できました。

そしてその後、雨は本降りに。

 

 

P1010677

IMG_3661

日本最古のリンゴの木は137歳。

 

P1010707

水を張り、起こしたばかりの田圃にはカモメ。海が近い。

 

IMG_3674

田畑だった所にいつの間にか湖が広がっていた。少しゾッとした。

 

 

風が強くて歩いて渡った十三湖橋。

P1010718

IMG_3902

こちらは37年前の十三湖橋。木造だったんですね。お天気よさそう。。。

 

 

後半のピークで。

IMG_3689

P1010729

P1010734

小泊港。あぁ、海の向こうに明日の道が見えています。。。

 

 

とりあえず、今日はここまで。続きはまた明日。

つちやはるみ

日に日に若葉が芽吹き、山や街道の様子が変わっていくのでウキウキします。我々が住む京都の北部(美山町)も一斉に春を迎えています。水田には水が入り、鶯だけでなく、ツバメやセキレイなども姿を見かけるようになりました。朝は鳥の声、夜は様々な昆虫や蛙、時には鹿や狐の声を聞きながら過ごしています。それらは仕事を終え帰宅する頃には大合唱となっていて、実際は結構な音量なのですがまったく気にならず、むしろホッとして、癒されて、グッスリと眠りに着く事ができています。

去年も書いたかもしれませんが、やっぱりこの季節が一番好きだな。

 

*****
その美山町から更に北に50キロほど行くと小浜市です。先日、そこの広域基幹林道を小浜在住の昔からのお客様Mさんと早速走りに行ってきましたよ! 若狭湾と三方五湖が望める絶好のロケーションにもかかわらず、車やオートバイの往来はほぼゼロ。ランドナー天国街道でした。

 

 

160424_obama_1

待ち合わせの駐車場。 大きな駐車場ではありませんが、トイレもあり眺めも良いです。

 

 

林道入り口。立派な縦看板がありました。

160424_obama_2

今回、私と親方のウエアは昨年末に少しご紹介した「ルイゾンボベ」パフォーマンスカテゴリーの長袖「VARS50ML」です。ポリエステルとメリノウールのブレンド素材で肌触りがよく、着心地は最高でした。シンプルなデザインも大人には丁度良いところ。最小限のアクセントが絶妙だな、と親方の後姿で感じましたが、いかがですか?

親方も大いに気に入ったので、この夏用に半袖を発注しました。届き次第、お知らせしますね。

 

 

さて、林道に入るといきなり結構な上りです。でも、新緑がキレイ。。

160424_obama_3 160424_obama_4 160424_obama_5

 

 

第一展望台。若狭湾がきれいに見えます。

160424_obama

 

 

 

そしてこちらは第2展望台。贅沢なほど広々とした立派なものでしたよ。

160424_obama_6 160424_obama_7 160424_obama_8

 

 

 

第2展望台を過ぎると稜線伝いに結構なアップダウンが続きます。そして、路面も舗装路とダートが数キロ置きに入れ替わる感じは美山の林道と同じです。

160424_obama_9 160424_obama_10 160424_obama_11

 

 

 

 

で、調子よく走っていると、なんと、いきなり崩落箇所が。。。赤丸が私なのですが。。。

160424_obama_12 160424_obama_13

こういうところはまっすぐ下りてはいけません。斜めに進みジグザグに下りてゆきます。

 

160424_obama_14

来た道には何も警告は無かったはずなのですが、反対側にはちゃんと縦看板がありました。

 

 

 

 

三方五湖

image

160424_obama_16

石の浮いたガレ道はばかりではなく、こんな地道にも巡りあえてご機嫌です。

 

 

入り口の看板とは方角がま逆の看板。

160424_obama_18

結局、後もう少しが未完で世久見で国道162に下りてきました。

 

160424_obama_19

下りてきてからも走った道が見えていました。短い距離でしたが、走り応えありましたよ。それに変化に富んだ楽しいルートだと思います。あの崩落箇所は修復に時間がかかりそうですが、別ルートも組めそうです。また行きましょうね。

 

つちやはるみ

2016.01.24

寒波到来

ずっと、気持ちの悪いくらいの暖かさが続いていた今年の冬ですが、大寒の日を境にグッと寒くなりましたね。今夜から更に数十年ぶりの寒波がやってくるとか。我が家でもドキドキ、そして少しワクワクしながら過ごしています。

 

そんな急に寒くなった19日の火曜日、瀬戸内へ弾丸ツーリングしてきましたよ!

今回はお天気も直前まで不確定で、行くかどうかも直前まではっきりしてなかったので皆様にお知らせはしませんでしたが、スタッフとコース近隣の元バイト君やRUCCのOBなどと伯方島で待ち合わせて高根島までのピストン50キロほどをサイクリングしてまいりました。

 

 

スタート直前は青空も!

P1240730

ですが。。

 

走り始めると結構な雪に見舞われました。。。

P1240736

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

寒い季節、少しでも暖かで穏やかなところでサイクリングを、と考えての企画でしたが、雪舞うしまなみを走るという稀なツーリングとなりました。。。

 

 

 

それでも、瀬戸内ならではの食事と風情は存分に楽しんでまいりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAP1010167 P1010191160124_simanami_1

 

ちょっとはしょりましたが、ツーリングコースの詳細はこちらをどうぞ。

また、来月も挑戦するかも~。

 

 

*****

それにしても、昨年末に作ったアイズのパーカーいいですよ。

creux_2nd_9

随分寒いツーリングでしたが、結局ウィンドブレーカーも雨具も必要ありませんでした。あと、XL(親方サイズ)2枚とM(野田店長サイズ)1枚を残すのみです。ルイゾンボベのウェアもわずかですが残っています。店頭にて最終価格にてお分けしています。興味のある方は是非。

 

 

 

 

 

 

つちやはるみ

2015.12.22

あした

毎年恒例のプチランデヴー。

ずっと天気予報とにらめっこしてましたが、なんとか午前中は走れそうなので、決行します。状況に応じてコース変更も考えていますが、雨具必携でお集まりください。毎年、このランは寒いんですよね〜。寒さと雨に備えて楽しみましょう!

では、おやすみなさい。

つちやはるみ

11月3日は毎年恒例、秋のアイズラリーでした。
コースの半分がダートということもあり、みなさま来て下さるかなと思っていたのですが、なんと集まってみればスタッフ含めて31人!ご参加いただきありがとうございました!
よく晴れた秋の日。前日に降った雨の影響で、気温もそれほど下がらず、ぽかぽかとした一日でした。
 
 
【2015秋のアイズラリー/丹波広域基幹林道 海老谷】

※この山域はツキノワグマの生息区域です。走行には十分に気をつけてください。
 
 
 
山間部に入ると、はじめはこんな林道を走ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
ここからが海老谷への分岐。登る前の小休止。ここから先はダートと舗装路が交互に続くアップダウンのある道です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
景色のいいところでは自転車を停めて、秋の山を堪能します。
P1230070_n
 
 
紅葉していて気分も高揚!(←お馴染みのお客様からいただいたダジャレです。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
ここはとても雰囲気がありました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERAダートをランドナーで走るのは本当に楽しいですね!乗って走るのももちろんですが、自転車を押しながら隣の人とおしゃべりするのも思い出に残る1シーンです。
 
 
ここでお昼ごはんです。ご飯のあとにはあちらこちらで自転車談義。これもアイズラリーお馴染みの風景です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
ごはんを食べて出発。落ち葉の絨毯!
P1230130_n
 
 
こんなに高いところまで登りました。このあと爽快な下り坂が続きます。(下り坂では気持ちよすぎて写真を撮っていませんでした。。)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
美ヶ原の白樺林のような場所も見つけました!
P1230136_n
 
 
前日が雨降りだったにもかかわらず、ダート部分もぜんぜんぬかるんでいませんでした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 
 
 
【2015 I’s Rally in Autumn】

 
 
 
今回のコースは親方とはるみさんが去年のちょうど同じ時期に試走して絶賛されていた「おもてなしコース」でした。1年間あたためていたこのコース、今年のアイズラリーにどうかということになり、野田店長とアルバイトスタッフのチョコ君が試走を重ねて企画してくれました。お客様からも「ほんとにええ道やなぁ!」とお声をいただきました。
紅葉が楽しめ、舗装路とダートが交互に続き、最後に極上の下り坂が待っているという、どこをとっても飽きることのないとてもいいコースでした。丹波広域基幹林道は車が侵入禁止なので、道いっぱいにのんびりゆっくりと自転車を楽しむことができます。スプリングひよしの温泉付きで、ぜひこの秋にいかがでしょうか。
※この山域はツキノワグマの生息区域です。走行には十分に気をつけてください。

なっぱ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 43

blog

最新記事

Archives

Back Pagetop